2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

2008年9月24日 (水)

遭遇!

R0019888.JPG
GX100

先日、2号線を走っているとミラーの中に見慣れない車が。
あっと言う間にセニックを追い抜いたその車は、ロータス・エリーゼ。
おまけに倉敷ナンバーではありませんか!
それにしても、やはりこの色は、イギリスのスポーツカーの定番ですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年2月20日 (水)

新型

ランエボの新型、ルームミラーに映るその姿は迫力がありました。
初めて拝むことができたので、近くによってパチリ。
この後あっという間にいなくなってしまったのは、言うまでもありません。

R0016412
GX100

以前にインプレッサのSTiバージョンを運転させてもらったことがありますが、公道を流れに乗って走る程度のスピードでしたけれど、ボディの剛性感は素人の僕でもこれは相当のものなんだろうなと思わせるものでした。
こうしたエボモデルは、素のインプレッサやランサーからすれば法外にも思える値段がつけられていますが、ボディだけでなく、エンジンはもちろん、サスペンションも別物のようなものでしょうし、海外のメーカーがこうしたモデルを作ったらもっと高くなってしまうでしょうから、これでもバーゲンプライスなのでしょう。

以前はこうしたエボモデルがうじゃうじゃと走っていたような記憶がありますが、最近はあまり見かけないように思います。
最近の車を取り巻く環境の厳しさを考えれば当然なのかもしれませんが、何だか寂しいような気もします。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年2月 2日 (土)

頼もしい相棒

娘の中耳炎は今のところ症状はでていませんが、風邪をひいて再発しては大変なので、暖かくなるまで車での登園が続いています。
僕のロードスターは10年以上も前の車ですが、寒い日でも一発で始動してくれ、僕と娘の頼もしい足+防寒着として頑張ってくれています。

R0016364.JPG
GX100

R0016315.JPG
GX100

それにしても、寒い日が続きます。
先日は、山口市内でも積雪。
事務所の車はスタッドレスタイヤではないので、ちょっとした路面の変化にもびくびくです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年1月22日 (火)

代車

妻の車は2年に一度の車検なので、先週からディーラーに入院中です。
その間の代車を用意していただいたので、通勤に、買い物にと活躍していたのですが、これが曲者。
なんとこの車、突然エンストするんですね。
それも、決まって交差点付近で・・・。
僕が乗っていて止まってしまった場所は、交通量の少ない交差点だったから何とかなりましたが、妻が止まってしまった場所は三田川の交差点。
市内でも有数の交通量の多い場所です。
後ろの車はクラクションを鳴らすし、エンジンの再始動を試みるも何度やっても動かないしで、相当参ったようでした。
通行中の皆さんにご迷惑をおかけしましたが、事故に至らず何よりでした。

どうにか自力でエンジンをかけ、目的地まで移動した後にディーラーに状況を説明したら、代車の代車を用意してくださりました。
営業マンの方はそのエンスト車で帰っていったそうですが、無事にお店までたどり着いたでしょうか?

それにしても、AT車でエンストは初めての体験です。
点火系の不良か、ECU関係の整備不良なのでしょうね。
もしもこの車のエンストが原因で事故等が起きた場合は、ディーラーは代車として適切に整備した車両を提供すべき債務の履行を怠ったとして、損害賠償請求の対象となるのではないでしょうか。
事故が起きたら、場合によってはお金では解決できない重大な結果を招くこともあるのですから、代車の提供はディーラーにとっては大変なことですね。

R0016269.JPG
GX100
早く帰ってきておくれ、青虫号。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2006年10月 3日 (火)

CX-7、美祢試験場へ

今日は下関のクライアントを訪問の日。いつものように中国道を西に。前方にトランスポーター。新型MPVか?いや、違う。果たして、その車は?

黒と薄いブルーのCX-7だった。
10月21日の特別試乗会のためのCX-7だろうか?

Imgp2339

Imgp2342

美祢西インターチェンジで中国自動車道から降りる陸送車だが、これでは何の車かわからない。へっぽこな写真を撮っといて言うのもなんだが、後輪のフェンダーはなかなか綺麗なラインだった。運転しながらの撮影だったので、この程度の写真しか撮れなかったのは残念至極。(・・・って、大きな声で言うことか(笑)。以後はこんな危ないことは決してしませんので、どうかご容赦を。)

2006年7月25日 (火)

レアな兄弟車

Kangoo44

先日、サービスエリアに立ち寄ったら、ちょっと様子が違うカングーを発見。日本には正規に入っていない四駆だ!
カングーを、それも四駆バージョンを選択されるなんてどんな方なんだろう?と興味は湧くが、時間もないので残念ながらオーナーの方とお話をすることはできなかった。
自転車キャリアも積んでいらっしゃるし、色々な話題を伺うことができたかもしれないのに、残念。

2006年6月24日 (土)

反省

自転車通勤の日(土曜日なのに?)

f:id:Ciclistamario:20060624121907j:image

会社近くのガソリンスタンドでは手洗い洗車をしているので、ロードスターの洗車をお願いし、車を引き取りに行ったところ「前輪がパンクしてますよ」とのこと。バルブの根元から少しずつ空気が漏れている。思わぬ出費となったが、走行中に突然空気が抜けてしまうこととならなかっただけでもよし。自分の手で洗車していた頃は、車やタイヤの不具合の簡易点検にもなっていたんだなと思う。右前サスペンションのラバーブーツが破れていたのは、近いうちに修理すべきなんだろうけど、さて、どうしたものか。