2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2017年5月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月22日 (月)

Deezer 対 Apple Music

R0016311
RICOH GR Limited

可逆的圧縮音源を売りとするDeezerが前年12月に登場し、いよいよ我が家でもロスレス音質でストリーミング再生環境が整いました。
早速アカウントを作り、Mac経由で我が家のネットワークに繋いで試聴しましたが、確かにCDと遜色ない響き!(スペック上、当たり前なのですが)
カラヤンがベルリンフィルを指揮した「ボエーム」の冒頭、Apple Musicでは低弦の量感はあるものの締まりなくがっかりしていましたが、Deezerでは低音の質感がぐっと良くなり、下降音形の音程感もはっきりと。
これは良いじゃないですか!とApple Musicからの移転を考えなくてはと思った矢先、突然数秒間の無音状態。あぁ、ギャップレス再生に対応していないという、オペラを聴く上では致命的な仕様のようです。
いくら音質が良くても、これでは聴く気が萎えるというもの。
もっとも、iTunesでも昔はギャップレス再生に対応していなかった訳で、サービスリリース時に多くを求めることは酷なのでしょう。

良質な音質を提供する素晴らしいサービスなだけに非常に残念ではありますが、無料期間を経過する前に解約。解約の理由としてギャップレス再生非対応ということを、理由の自由記述欄に書いておきました。いつの日かご対応いただけますことを、心より祈念しております。

2018年1月14日 (日)

2017年に印象に残った演奏(録音物)

Untitled

昨年にアップした記事は1つ!生存確認用としての用すら果たしていなかった当ブログでした。
2017年も健康を害することもなく、平穏な毎日を過ごしておりました。このブログが墓標となった訳ではございません。

以下に、更新をほとんどできなかった言い訳を、つらつらと。

昨年の1月にApple Musicを我が家のオーディオで聴くことができるようにAirPlay対応機器を導入。
テレビの調子が悪くなり、思い切って買い換えたのが3月。それを機に、Apple TVを導入しデジタルコンサートホールをテレビで視聴することが可能になりました。
そんなこんなで音楽を聴く時間が劇的に増え(当社比)、家で過ごす時間を専ら音楽聴取に充て、写真やMacに向かう時間が激減し、ここに日記をつけることが億劫に。
今年は、最低でも月に一度は更新したいと思います。すでに、2つ目の記事。偉いぞ、自分(褒められて伸びるタイプ)。

横着の極みとなった昨年。せめて、去年に視聴した音楽の記録だけでもということで、昨年新たにリリースされた音源を、9種類選んで一口感想。
ここに選んだ演奏の8割は、Apple Music経由で聴いたもので隔世の感ですが、それはまた別のお話し。

ブニアティシヴィリの情熱的なピアノに、それを支えるヤルヴィとチェコフィル、ブラヴォー。
リントゥの指揮で彼女のコンチェルトを広島で聴くことができ、満足の一年でした。

チェコフィルを指揮するビエロフラーヴェックの姿をわが街で見られることを楽しみにしていたのですが、彼の突然の逝去で叶わず、本当に残念でした。安らかな眠りを。

今年も数は少ないものの、シマノフスキの新録音を聴くことができました。極東の地より、深甚なる感謝を。ドヴォルザークのスターバト・マーテルと、この違い!

ファウストとメルニコフの鉄壁コンビのフランクとショーソン。ただ、ため息あるのみ。

エリーザベト王妃国際コンクールでの堀米さんの瑞々しさ。出色のシベリウス。

ロンドーの新作からは目が、もとい耳が離せません。

キリルとヴァシリーの二人のペトレンコ、ソヒエフ、そしてこのユロフスキ。この年代のロシアの指揮者の層の厚いことといったら!

ヒース弦楽四重奏団の蒸留され、澄んだ音のバルトーク。僕は大いに惹かれました。

最後は今年リリースされた録音ではないのですが、2017年の忘れられないコンサートの思い出として。輝かしく芯がありながらも、柔らかで広がりのあるサウンドをタップリと味わうことができる贅沢といったら!

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

Untitled

初春のお慶びを申し上げます。
今年も、笠戸大橋のたもとから初日の出を拝むことができました。

« 2017年5月 | トップページ | 2018年2月 »