2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 愚考、引き続き | トップページ | 新緑の季節となりました »

2016年12月26日 (月)

愚考、終了

Untitled
Ricoh GR

我が家の新しい音楽プレーヤーとして、ヤマハのCD-N301を迎えることとしました。
SACDのみの新譜がでる可能性はほとんどなく、自分が聴きたいものはCDがほとんどということが主な理由。
同じメーカーのCD-NT670とは違い、デジタル信号を出力することができるので、将来にDACを導入して高音質化を図ることができます。
出入力端子を見ると、CD-NT670はこの機種に音源を集約する事を前提としていて、CD-N301は外部の単体DACかアンプのDACに繋ぐ事を視野に入れている事がよく理解できます。
AirPlay対応機種なので、他に機器を導入しなくてもApple Musicをメインシステムで聴くことができ、これ一台で自分が聴きたいものはほぼ網羅されます。

さぁ、これで完璧。25日に品物が届いたので、早速アンプに接続。
おや、WiFiのアンテナがないけど、AirPlay対応機なんだよね。まぁ、いいかと電源コードとRCAコードを繋ぎ、早速CDを再生。うん、価格からすれば、これくらいの音なら文句はございません。
それでは、早速AirPlayを・・・・・・、認識しないですと。
そんなはず、ないよねと説明書を見てみると、CD-N301とは「有線接続」!
慌てて仕様を見てみると、WiFiなんてどこにも書いていないではありませんか。AirPlayだからWiFi対応機だろうという、何とも間抜けで勝手な思い込み。
こうなったら、プレーヤーのところまでLANケーブルを引き回すしかないので、近所の電気屋でLANケーブルを買って、とりあえずセットアップ。ひとたびLANケーブルを接続するといとも簡単にiOS機器、Macを認識し、インターネットラジオを再生するではありませんか!
ネットワークを通じて他の機器を認識させることはそれなりに時間がかかると思っていたのですが、なんと呆気ないこと。

CDの音は想像していたよりも瑞々しく、音の立体感もそこそこ感じられます。思ったよりまともな音だったので、ほっとしました。
顕微鏡で覗き込むような解像度はありませんので、大編成のオーケストラは分解しきれていませんが、シリアスに聴くのでなければストレスを感じるほどではありません。
実演でも、楽器が分離してよく聴こえることなんて、むしろそんなにないわけですし・・・・・・。そう考えたら、内声が手に取るようにくっきりと聴こえたリントゥが指揮したフィンランド放送響の徳山での演奏、あれは凄かった。

閑話休題。AirPlayで聴くApple Musicはというと・・・・・・、同じ演奏をCDと比べてみましたが、CDに比べたら音の像が平面的で響きが若干薄く実存感に欠けるでしょうか。しかし、これは圧縮音源ですよ、悪くはありません。DACを変えれば、案外といけるのかも。
音質は、FMと同等か少し良い程度といったところでしょうか。何れにしても、鑑賞に耐えられないことはありません。

インターネットラジオは、一部の局以外について音質云々はやめておきましょう。
そうは言いながらも、BR Klassikや他の局を聴く事ができるので、バイロイトの生中継をメインのスピーカーで聴く事ができるので、夏の楽しみが一つ増えました。
AirPlayに対応していないTuneInですが、ある操作をするとなぜかAirPlayで再生されるのは不思議ですが、登録しているNHK-FMを聴く事ができるのでありがたい限り。

忌々しいLANケーブルをどのように室内を引き回すかという問題は、今日中に片付けましょう。

« 愚考、引き続き | トップページ | 新緑の季節となりました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/69001377

この記事へのトラックバック一覧です: 愚考、終了:

« 愚考、引き続き | トップページ | 新緑の季節となりました »