2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 彼女は一人で歩くのか? 森 博嗣 | トップページ | イラスト展と写真展 »

2016年2月20日 (土)

魔法の色を知っているか? 森 博嗣

R0023119
GRD2

Wシリーズ、第二弾。まだまだ。これから、これから。浮遊工作室の予定によると、次作は6月とのこと。鶴首してお待ちしております。

あの人が、時間の制約すらも軽々と超越しても驚かないけど、そもそも「あの人」が「あの人」であることとは。




追記
精神の均衡も含めて「生命の限界」が話しの柱となっているWシリーズを読んでいますので、下記の記事、なかなか興味深く拝見しました。

WIRED
http://wired.jp/2013/07/30/blue-cells-of-death-mark-the-end-of-a-worms-life/

TEXT BY LUC HENRY
TRANSLATION BY MINORI YAGURA, HIROKO GOHARA/GALILEO

(前半部分を省略しています)
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)のデイヴィッド・ジェムズらは、線虫の一種シー・エレガンス(学名:Caenorhabditis elegans)が死にゆく過程を顕微鏡で観察し、『PLOS Biology』誌に論文を発表した。

ジェムズ氏らは、紫外線を当てると死にかけているシー・エレガンスの内部が青色の蛍光を発することを発見した。研究チームが「death fluorescence(死の蛍光)」と名付けたこの光は、シー・エレガンスの細胞が壊死していくにつれて強くなり、死の瞬間に最大の光強度に達したあと、すぐに消えた。
この発見は驚くべきものだ。というのも、自然死しかけている線虫と、極端な暑さや寒さにさらされるなどのストレスが原因で死ぬ線虫、その両方で青色蛍光が観察されたからだ。
シー・エレガンスは体の一方から青色の光波を発し、この光波は死に至るまで腸に沿って伝播していった。この順序だった伝播は多細胞生物の個体において、一連の調整された「自滅」信号を通じて死が訪れる可能性があることを示唆している。
研究者らは青色蛍光の原因について、カルシウム信号に関連する生物学的経路が活性化され、最終的にはアントラニル酸と呼ばれる物質によって蛍光がもたらされることを発見した。青色蛍光のきっかけは、アントラニル酸が突然生成されたことではなく、アントラニル酸を閉じ込めていた細胞膜が壊死と同時に破れて、細胞内の酸性コンパートメントからアントラニル酸が放出されたことだった。
研究チームがカルシウム信号の経路を塞いだところ、ストレスが死の原因である場合には、細胞膜の破裂を遅らせることができた。だが、加齢による死の場合には破裂を遅らせることはできなかった。これは、加齢による死にはカルシウム信号だけでなく、ほかのプロセスも関係していることを示唆した。
この研究は、加齢による死が細胞レベルで損傷が積み重なった結果にすぎないという説に疑問を投げかけるものだ。生命が限界に達する時は、協調された作用によって決まっている可能性がある。

« 彼女は一人で歩くのか? 森 博嗣 | トップページ | イラスト展と写真展 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/64067874

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の色を知っているか? 森 博嗣:

« 彼女は一人で歩くのか? 森 博嗣 | トップページ | イラスト展と写真展 »