2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 気になるカメラ | トップページ | トゥーレーヌ 2003(ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ) »

2016年2月 2日 (火)

私ヲ構成スル9枚

Untitled

内田ユキオさんが紹介して下さった、「私ヲ構成スル9枚」。
今日は、「音楽の窓を開けてくれた9枚」ということでチョイス。「私ヲ構成スル9枚」は、また別の機会に。

メータとニューヨークフィルのエロイカ。今となっては何の話題にもなりませんが、僕が初めて買ったLPはこれ。以来、ベートーヴェンの交響曲の中では3番を一番買い集めて、聴いたかも。

クリーブランドとセルの黄金のコンビ。このコンビの真価は他の演奏にあるのでしょうが、僕がセルとクリーブランドのLPを初めて買ったのがこの演奏なので。良い音のブラームスです。

クレンペラーだけではなく、ヴンダーリッヒを知るきっかけになったこの「大地の歌」。その後、クレンペラーとヴンダーリッヒのディスクを見つけては、コツコツと買い集めました。

そのヴンダーリッヒ、「美しき水車小屋の娘」はもちろん外せません。

大学の先輩に教えて頂いたオペラの世界。今は数多くの「指環」がありますが、あの頃は指環といえば、これ。というか、大枚叩いて買ったこれしか聴けなかったというべきか。

ブーレーズの「春の祭典」は旧盤ではなく新盤。僕にとっては。

シマノフスキを知るきっかけとなった一枚。都内の大型店舗でSzで始まるタイトルを目を皿にして探していたあの頃が懐かしい。

広島市東区民文化センターで初めて米良さんの声を聴いた時の衝撃といったら!また、録音を再開していただける日が来ることを信じています。

最後は、僕にジャズの世界を教えてくれた、大切な一枚。

« 気になるカメラ | トップページ | トゥーレーヌ 2003(ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/63753470

この記事へのトラックバック一覧です: 私ヲ構成スル9枚:

« 気になるカメラ | トップページ | トゥーレーヌ 2003(ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ) »