2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ) | トップページ | Necomanma Cafe(周南市)にて »

2015年1月15日 (木)

ふたりの距離の概算 (米澤穂信)

R0012823
GR

拝読しているブログで取り上げられていた、本書。
本屋で平積みされている人気作家さんですが、本の装丁から想定される読者層に僕は入っていないようで、今まではスルーしていましたが、思い切って本書を入手。

実は年初から読んでいた本がありましたが、気分が乗らず読書が捗らない間に、「ふたりの距離の概算」が先にゴール。
どのエピソードにも無駄がなく、伏線が気持ち良く回収されていく様を眺めるのは、実に爽快でした。何より、ミステリーでありながら、一人も死人がでない本書。新年早々の読書として、良かったかもしれません。
「古典部」シリーズ、早速「氷菓」も入手しました。「満願」、こちらもお迎え準備をしておかないと。


« どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ) | トップページ | Necomanma Cafe(周南市)にて »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/58581180

この記事へのトラックバック一覧です: ふたりの距離の概算 (米澤穂信):

« どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ) | トップページ | Necomanma Cafe(周南市)にて »