2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 妖怪 | トップページ | ふたりの距離の概算 (米澤穂信) »

2015年1月14日 (水)

どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ)

R0012839
GR

大学の吹奏楽団の先輩のKさん、もといK先生。いや、やはりKさんとお呼びさせていただきます。「君みたいな出来の悪い後輩を教えるなんて、まっぴらごめんだからね」と言われる前に。

自分の守備範囲を広げることなく、チマチマとテリトリー内を歩き回ることしかできない僕と違い、このKさんは、射程広く、深く、常に全方位に目を配った読書をなさっています。しかも、年間100冊以上読まれるとのこと!
僕も、自らの領内を耕しつつ、未開の地にもテリトリーを広げるべく、読書に励みたいと思います。

昨年末に、そのKさんからお借りした、この本。
ドビュッシーの専門家にして、世界でも指折りの優れたピアニストの青柳さんだからこその、本書。
ある意味、音楽は「作曲家」の思惑からも自由な部分があるのかもしれませんが、そこを越えると別物になってしまう域があると思います。でも、それが何なのか。結論は人の数だけあるのでしょうが、これからもゆっくりと考えていきたいと思います。


« 妖怪 | トップページ | ふたりの距離の概算 (米澤穂信) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/58578183

この記事へのトラックバック一覧です: どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ):

« 妖怪 | トップページ | ふたりの距離の概算 (米澤穂信) »