2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

Live at BAR

R0012887

R0012901

R0012897

R0012905
GR


2015年1月21日 (水)

Untitled

R0012869

R0012870

R0012865
GR


2015年1月17日 (土)

記憶

R0012845
GR

10年前、とある仕事に、とある方と取り組んでいた折に、訪問先の会社の近くということで、ほぼ毎日のように通っていた、某ファミレス。安さが、何よりの魅力でした。

約10年ぶりにドアを押し開けて入ると、聞こえてきた声に聞き覚えが。目を向けると、10年前と同じ店員の方。顔ではなく、その声で人を記憶しているということもあるものなんだな、と。
10年間、こうして多くの人を迎え入れ、送り出していらしゃったんですね。
いやいや、実は久しぶりに職場復帰したその日に僕が店に行っただけかもしれないのに、その方が仕事を続けていたことを前提に考えるのはおかしなこと。錯覚は、こうして生まれるのでしょう。

その間、僕はどんな仕事をしてきたんだろうと、普段なら思いもしないことが頭の片隅に。
この日の日替わりランチは、チキンソテー、粗挽きソーセージ、白身魚フライ、千切りキャベツに、ごはん。これに、お代わり自由のコーヒーで、638円。その安さは、10年前から変わりません。

2015年1月16日 (金)

Necomanma Cafe(周南市)にて

R0012853

R0012848
GR

以前から気になっていた、Necomanma Cafeの「大人の牛スジカレー」。
堪能いたしました。粗挽き胡椒の爽やかな辛さ、ホロリと口の中で解けるものの、だらしなく煮崩れていない牛スジの見事な煮込み加減、実に素晴らしい一皿!
ところで、お店でいただいた宿題。うーん、難問でした。

Necomanma Cafe
山口県周南市遠石1丁目4−5
0834-33-8335


2015年1月15日 (木)

ふたりの距離の概算 (米澤穂信)

R0012823
GR

拝読しているブログで取り上げられていた、本書。
本屋で平積みされている人気作家さんですが、本の装丁から想定される読者層に僕は入っていないようで、今まではスルーしていましたが、思い切って本書を入手。

実は年初から読んでいた本がありましたが、気分が乗らず読書が捗らない間に、「ふたりの距離の概算」が先にゴール。
どのエピソードにも無駄がなく、伏線が気持ち良く回収されていく様を眺めるのは、実に爽快でした。何より、ミステリーでありながら、一人も死人がでない本書。新年早々の読書として、良かったかもしれません。
「古典部」シリーズ、早速「氷菓」も入手しました。「満願」、こちらもお迎え準備をしておかないと。


2015年1月14日 (水)

どこまでがドビュッシー? 楽譜の向こう側(青柳いづみこ)

R0012839
GR

大学の吹奏楽団の先輩のKさん、もといK先生。いや、やはりKさんとお呼びさせていただきます。「君みたいな出来の悪い後輩を教えるなんて、まっぴらごめんだからね」と言われる前に。

自分の守備範囲を広げることなく、チマチマとテリトリー内を歩き回ることしかできない僕と違い、このKさんは、射程広く、深く、常に全方位に目を配った読書をなさっています。しかも、年間100冊以上読まれるとのこと!
僕も、自らの領内を耕しつつ、未開の地にもテリトリーを広げるべく、読書に励みたいと思います。

昨年末に、そのKさんからお借りした、この本。
ドビュッシーの専門家にして、世界でも指折りの優れたピアニストの青柳さんだからこその、本書。
ある意味、音楽は「作曲家」の思惑からも自由な部分があるのかもしれませんが、そこを越えると別物になってしまう域があると思います。でも、それが何なのか。結論は人の数だけあるのでしょうが、これからもゆっくりと考えていきたいと思います。


2015年1月11日 (日)

妖怪

久しぶりに買った映画の前売り券が、「妖怪ウォッチ」でした。なんだか、もう。
公開からおよそ一月が経とうとしていますが、劇場内はそれなりの入り。さすが、妖怪の力。

エンディングではあちらこちらで踊りだす子供たち。むろん、隣に座っている人も。インドの映画館もかくや(違)。妖怪のせいなのね、そうなのね。

IMG_0007
所用で出かけた市内の小学校にて。ここにも妖怪、おそるべし。


2015年1月10日 (土)

始動

DSC_6393
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

1月10日になって、ようやく初投稿という順調なスロースタートを切り、今年の更新状況が予測できようというものです。

元日、2日ともに寒さに震えた年の初めでした。近所の神社に夕方参った時には、降雪。娘が買ったフルーツチョコ(バナナ)の上に、雪の薄い膜。

3日は、新幹線で岡山の実家へ。雪で通行止めはないものの、冬タイヤ規制のかかった高速道路、我が家は年中「夏タイヤ」なので、通行は不可なのです。

4日にはこちらに戻り、5日からの通常営業に備えますが、やはり準備不足のまま迎えた仕事始め。もっとも、周りに初日から飛ばす人はいないので、年初のゆるい雰囲気に身を委ねながら、正月休みの間に固まった関節と筋肉をほぐすストレッチのように仕事をして、帰宅。


2015年1月 3日 (土)

正月(その2)

DSC_6382

DSC_6388

DSC_6421

DSC_6420
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D


2015年1月 2日 (金)

正月(その1)

R0012744

DSC_6356

DSC_6376
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D


2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

DSC_6352
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

初春のお慶びを申し上げます。


« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »