2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 海響館(下関市)にて | トップページ | 喜嶋先生の静かな世界(森博嗣) »

2014年9月 6日 (土)

φは壊れたね (森博嗣)

R0011016
GR

この夏の読書、メインはなかなか読了できないままなので、それ以外の本の記録を。

一冊、一冊と少しずつ読み進めている森博嗣さんのシリーズ。遅々とした歩みですが、ようやくGシリーズに到達。亀のような遅さです、なんて言うと亀から不服が出るかも。もっと、僕は早く移動していると。

観察された事象からその事件の結果に至る可能性の糸を手繰り、到達する一つの可能性。お見事だと思います。
「不自然さ」がキーワードとなる、本作。冒頭で交わされる登場人物の会話のぎこちなさの理由が分かると、なるほど、そうだったのか。
「どうやって」にフォーカスし、「なぜ」の部分をふわりと読者に投げかけて終わる本作。こうしたミステリィもいいですね。
ヴィトゲンシュタインの一節の引用、幕前の口上のようで、効果的でした。

« 海響館(下関市)にて | トップページ | 喜嶋先生の静かな世界(森博嗣) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/57290842

この記事へのトラックバック一覧です: φは壊れたね (森博嗣):

« 海響館(下関市)にて | トップページ | 喜嶋先生の静かな世界(森博嗣) »