2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« ナギサ珈琲店にて | トップページ | Lady Chasselas »

2014年7月18日 (金)

安らかなる眠りを

Untitled
iPhone5S

指揮者のロリン・マゼール氏が7月13日にお亡くなりになりました。享年84歳。

氏の訃報に接した14日の夜、「ロメオとジュリエット」を聴き直し、冒頭の官能性を感じさせる響きに、確かに「マゼール」の刻印を感じ取ることができます。

多くの録音を残したマゼールですが、我が家のラックにはR.シュトラウスと、プロコフィエフぐらい。ひょっとしたら、何かのコンチェルトの伴奏をしたものもあったかもしれません。
持っているCDは数枚ですが、友人を通じて多くの演奏に接する事ができました。ウィーンフィルがヴァルター以来で初めて録音したと言われた、マーラーの9番、そしてカップリングの10番のアダージョ。良い演奏でしたよね、Tハイ君。
若い頃のチャイコフスキー、生気に満ちあふれた演奏でした。マンフレッドを聴いたのは、マゼールの録音が最初だったでしょうか。
実演では、バイエルン放送響との演奏会しか聴けませんでしたが、それでも聴けただけ良かった。
「ケレン味」と一口では片付けられない、マゼール独特の音楽は、十分に説得力を持っていたと思います。

永遠の安息を。

« ナギサ珈琲店にて | トップページ | Lady Chasselas »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/56823689

この記事へのトラックバック一覧です: 安らかなる眠りを:

« ナギサ珈琲店にて | トップページ | Lady Chasselas »