2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 玉ねぎの皮をむきながら(ギュンター グラス 依岡隆児訳) | トップページ | シティ・マラソンズ (三浦しをん あさのあつこ 近藤史恵) »

2014年1月11日 (土)

ギュンター・グラス 「渦中」の文学者 (依岡隆児)

DSC_2273
D600 Ai Nikkor 45mm F2.8P

「玉ねぎの皮をむきながら」の後は、彼の代表作の一つである「ブリキの太鼓」を読もうと思ったのですが、近所の本屋にも図書館にもありませんでした。何とも残念。
ふらふらと書棚を見ていたら目に留まったのが、「玉ねぎ〜」の訳者である依岡氏の本書。

グラスの著作は、「箱型カメラ」と「玉ねぎの皮をむきながら」しか読んだことがありませんでした。饒舌な文体で、一癖も二癖もある彼の著作ですが、「ジャーナリストも共犯して作られる支配的言説や、批判的意見を封じ込める満場一致状態に対して、あえて「声をあげる」」姿、大いに感じ入るものがありました。


« 玉ねぎの皮をむきながら(ギュンター グラス 依岡隆児訳) | トップページ | シティ・マラソンズ (三浦しをん あさのあつこ 近藤史恵) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/54573400

この記事へのトラックバック一覧です: ギュンター・グラス 「渦中」の文学者 (依岡隆児):

« 玉ねぎの皮をむきながら(ギュンター グラス 依岡隆児訳) | トップページ | シティ・マラソンズ (三浦しをん あさのあつこ 近藤史恵) »