2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« ついに、その時か | トップページ | iTunes、今更ながらですが »

2013年10月29日 (火)

村上春樹とハルキムラカミ 〜精神分析する作家(芳川泰久)

DSC_1666
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

「切断」というキーワードで、村上作品を読み解いていくと、行き着くもの。「ねじまき鳥クロニカル」に、大江健三郎氏の批判に対する応答を見出す筆者の論、興味深く拝読しました。
昨今の風潮に何か違和感を覚える理由が、何となく理解できたように思います。
個人における「切断」、歴史における「切断」。どちらも、それについて自覚的にあるべき意味を考える、良い機会となりました。

« ついに、その時か | トップページ | iTunes、今更ながらですが »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/53761779

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹とハルキムラカミ 〜精神分析する作家(芳川泰久):

« ついに、その時か | トップページ | iTunes、今更ながらですが »