2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

GRDで彼岸花(ただし、撮影は娘)

R0021651

R0021626
へっぴり腰でライブビュー撮影中。

R0021634

R0021622
GRD2

GRが出たとはいっても、我が家では元気に現役で頑張っているGRD2。
小さく、ズームがなく、直感的に操作できるので、娘が持っても大丈夫。
素直な写りが素晴らしいと思います。
(上の写真は、彩度、コントラストを最大にしているので本来の色味ではありませんが)


2013年9月29日 (日)

まだまだ、45mmで散歩

DSC_1299

DSC_1318

DSC_1312

DSC_1320

DSC_1340

DSC_1343

DSC_1345

DSC_1349
D600 Ai Nikkor 45mm F2.8P

45mmはNikkorで常用できるレンズとしては最軽量(のはず)。D600だけを持ち歩いているくらいの負荷なので、軟弱ものの僕でもこれなら大丈夫。
男は黙って24-70mm F2.8なのかもしれませんが、僕は単焦点で。

ここまで写ると、感心するより呆れます。僕が撮ったのではなく、カメラに撮ってもらった写真ばかり。ダメですね。


2013年9月28日 (土)

45mmで散歩

DSC_1264

DSC_1276

DSC_1272

DSC_1280

DSC_1281
D600 Ai Nikkor 45mm F2.8P

ニコンのFXフォーマットだからって訳ではなく、最新のカメラは全てそうなのかもしれませんが、D600の何と闇に強いこと!
テッサータイプの45mmパンケーキのシャープな写りにも、改めて感服します。このレンズ、手放さなくてよかった。

2013年9月24日 (火)

目の保養

DSC_1129

DSC_1113

DSC_1081
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

ちょっと時間ができたので、23日の祝日は車を北に向けてロードスターで娘とドライブ。
周南市須金(すがね)地区から岩国市錦までの区間は、ダム工事のため付け替えられた国道434号線を初めて通りましたが、何とも快適な道。
旧434号の渓谷を走る風情が好きでしたが、もう通行は出来ないのでしょうか。

434号ではケータハム7を2台、187に入ってからはマツダ コスモに3台遭遇。普段お目にかかれない車、眼福です。

さて、目的地は島根県吉賀町(よしかちょう)蔵木。ここの彼岸花が見事だそうで、見頃を迎えているとの事だったのでD600に50mmの一本勝負。
看板を見落として行き過ぎてしまい、水源会館の方に教えていただいてどうにか到着。
栗園の敷地を埋め尽くさんばかりの赤い花、圧倒されました。身近にも、こうしたスポットがあったとは。

日が沈む前だったので、駆け足で撮影。うーん、自分の発想の貧困さに打ちひしがれますが、珍しい車にも出会えたし、良い目の保養となった一日でした。


2013年9月23日 (月)

絞りの練習

下松スポーツ公園の花壇、そろそろコスモスが見頃かと思いましたが、まだまだこれからも楽しめそうです。
次回は、もう少し日差しが穏やかな日、太陽が低い時間帯に出かけたいと思います。

DSC_0331
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

一段絞って2にすれば、1.4とは随分と印象が変わります。

DSC_0335
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

さらに一段絞って2.8。



2013年9月22日 (日)

試し撮り

DSC_0275

DSC_0277

DSC_0270

DSC_0297
D600 Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

昼の日差しの強さにたじろぐ事もありますが、木陰に入ると気持ちのよい風。今年の暑い夏も、そろそろ主役の座を秋に譲るつもりになってくれたでしょうか。

今日は明日の運動会に備えて、D600の本格的な試し撮り。午前中は市内の他校に出かけてDXクロップや、連写、カメラの設定の確認。D50とは雲泥の差(当たり前ですが)のAFの追従性の高さ、連写時の動作の安定性。さすがです。
午後は、久しぶりに周南市鹿野のマルタへ。
真ん中に辛さがありながらも、上品でマイルドなカレー。鹿野ポークのソーセージとの相性も抜群です。


2013年9月20日 (金)

満月

DSC_0108
D600 AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED(クロップ)

DSC_0118
D600 Ai AF Nikkor 35mm f/2D

満月を愛でるには、やはり団子。・・・と言いたいところですが、近所の菓子屋ではあいにく月見団子がなかたので、店頭に残っていた月見饅頭。これだけでは寂しいので、洋風どら焼きもセットで。


2013年9月16日 (月)

Adieu, Scenic !

DSC_0088

DSC_0094

FH000003

長らく、我が家のメイン車として活躍していたセニック(青虫号)。
トランスミッションの故障のため路上で立ち往生し、その修理費用の見積もりが**万円との報告があったのが、先週末。
トランスミッションの他にも、ブレーキ、ハンドル、エンジン関係に不具合があったものを騙し騙し乗っていたのですが、これらも修理するとなれば・・・。
熟慮の結果、お別れをする事となりました。

実に使い勝手の良かった室内の造り、素晴らしいシート、絶妙な足回り。本当に、良い車でした。走行距離、地球を3周半の14万キロ弱。国産車並みに維持費が収まっていれば、違った選択もあったかもしれませんけれど。

山口市のルノーに出向き、お別れの儀。胸に込み上げるものをぐっと堪え、我が家に帰還。
家族で、それぞれのセニックに対する思いを語り合った夜でした。
Adieu, Scenic !

精進あるのみです

DSC_1701

小学校の運動会を迎えました。我が家のカメラは、D50とE-P1なので速写は苦手。保育園でも厳しかった1秒あたり3コマでは、もう対応不可能と判断。
ということで、E-P5のホワイトに狙いをつけてキタムラに行きましたが、在庫はブラックのみで、シルバーなら直ぐに取り寄せ可能性とのこと。ホワイトは2週間かかるとのことで、入荷を待っていては運動会が終わってしまう!
うーんと悩みながら、E-P5のファインダーを覗いてみました。画素数は十二分なはずなのですが、思ったほどの精緻さがないような気が・・・。気がするだけです。
ソニーのαのような見え方を期待したのですが、うーん。
ガラスケースの前でうーん、うーんと唸っていましたが、目の前のD600のファインダーを覗いて見たら、何と素晴らしい!
ついていたレンズがF1.8の単焦点レンズ越しなので明るいことは当たり前なのでしょうが、クリアな視界の気持ち良いことといったらありません。
ということで、我が家にやって来たのはD600。D50に比べるべくもない機能の豊富さ、どこをどう触ればいいのか見当もつきませんが、日々精進に努めたいと思います。

ようやく、35mmのレンズを35mmとして、45mmのレンズを45mmとして使えるようになりました。快適、快適。

DSC_0040

DSC_0034


2013年9月 9日 (月)

ピアニストが見たピアニスト(青柳 いづみこ)

photo

負をさらけ出した人、リヒテル。イリュージョニスト、ミケランジェリ。燃え尽きたスカルボ、フランソワ。本物の音楽を求めて、バルビゼ。貴公子と鬼神の間、ハイドシェック。いずれの章の題も、青柳さんの目(耳)を通じて切り取られた、著名なピアニストの断面が端的で的確に表現されているように思います。

中でも、アルゲリッチ。演奏会の度に、聴衆に「至高の」演奏を届けるべく努力し、聴衆はより高いものを求めるという残酷な世界にあって、一人でステージに向かうピアニストの孤独についての論。
青柳さんの深い洞察、さすがと感銘を受けました。


2013年9月 6日 (金)

到着!

DSC_1682

キリン一番搾りのキャンペーンで、シールを集めて最終日に応募ハガキを投函しましたが、約一月後の8月下旬に到着。
チタン製と勝手に思い込んでいましたが、ステンレス製だったんですね。
二重構造で熱を遮断しているので、冷たいビールを入れても結露せず。コースターなしでもテーブルが濡れないので、快適。
氷をタップリいれたハイボールにもいいですね。見た目は何ですが。

2013年9月 5日 (木)

HHhH プラハ、1942年 (ローラン・ビネ  高橋 敬 訳)

photo

2010年に、フランスで大変話題になった本書。よく考えられた構成と語り口、リズムの良い文章運び(訳者の方のお力に負うところ大であることは、言うまでもありません)、読み始めて勢いがつけば、後は一気に。

歴史と向き合う書き手の緊張感と、この歴史上の事件の緊張感のシンクロ、見事だったと思います。

2013年9月 2日 (月)

せせらぎパークにて(周南市鹿野)

photo

photo

photo

9月になると、通常運転の気分。別に、8月が夏休みだった訳ではないのですが。

今年は海には行けませんでしたが、お盆休みの最終日に鹿野のせせらぎパークで涼をとってきました。
昼はバーベキューですが、車で来たのでノンアルコールのお世話に。昼間から飲むと、次の日が辛いんですよね。歳を取りました。
網を買ってきて、魚すくいに子供も、大人も夢中。


« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »