2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 近衛秀麿 〜日本のオーケストラを作った男 (大野 芳) | トップページ | せせらぎパークにて(周南市鹿野) »

2013年8月22日 (木)

さよならドビュッシー (監督 利重剛 出演 橋本愛 清塚信也 他)

DSC_1654

中山七里氏の著作「さよならドビュッシー」が映画化されたものの、山口県内での上映はありませんでした。近県では、広島、福岡で上映されていたのですが、どちらも100kmほど。ちょっと、遠いです。
ということで、8月にディスク化されるまで待ちましたが、ようやく鑑賞。橋本さんの演技が光っていました。

映画をご覧になったものの、原作をお読みになっていない方がいらっしゃったら、是非とも一読を強くお勧めいたします。まるで演奏者の隣にいるかのような、生々しい音楽シーン、映画化のために変更せざるを得なかった構成、省略を余儀なくされた重要なエピソード、そして「さよならドビュッシー」と呟くシーンの持つ意味。

岬洋介役の清塚さんは、優れたピアニストだとか。映画の中でピアノを弾いているシーンは当然に「演技」なのですが、演奏を「演技」として見せなければならなかったのは、実は大変なご苦労だったのではないかと、本筋とは全く関係ないことをボンヤリと考えてしまいました。演奏を聴かせるのではなく、「見せる」事は困難な作業だったことでしょう。


« 近衛秀麿 〜日本のオーケストラを作った男 (大野 芳) | トップページ | せせらぎパークにて(周南市鹿野) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/52979488

この記事へのトラックバック一覧です: さよならドビュッシー (監督 利重剛 出演 橋本愛 清塚信也 他):

« 近衛秀麿 〜日本のオーケストラを作った男 (大野 芳) | トップページ | せせらぎパークにて(周南市鹿野) »