2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« ボトラーズもの | トップページ | 贖罪の奏鳴曲(ソナタ) (中山七里) »

2013年2月 4日 (月)

一四一七年、その一冊がすべてを変えた(スティーヴン・グリーンブラット 訳:河野純治)

photo

15世紀のルネサンス、それは何を「再生」したのか。美術や文学だけにとどまらない、幅広く、深いその影響の一端が、本書で語られています。
バチカンの書記官、ポッジョ・ブラッチョリーが15世紀にエピクロス派の詩人、ルクレティウスを発見し、それが19世紀のジェファーソンにまで繋がる歴史の面白さ。歴史の事実に、多くの資料を読み込んだ著者の独創的な着想が縦横に織り込まれ、読んでいて飽きる事がありませんでした。ルネサンスを習った学生さんの副読本として、お薦めできる良書ではないでしょうか。



« ボトラーズもの | トップページ | 贖罪の奏鳴曲(ソナタ) (中山七里) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/49160601

この記事へのトラックバック一覧です: 一四一七年、その一冊がすべてを変えた(スティーヴン・グリーンブラット 訳:河野純治):

« ボトラーズもの | トップページ | 贖罪の奏鳴曲(ソナタ) (中山七里) »