2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

周南市毛利町にて

DSC_0843

DSC_0841

D50 Ai AF Nikkor 35mm f/2D

いつも持ち歩いていたPEN E-P1。以前から電源が入りにくかったのですが、ここのところ色々と試してみても全く動作せず。
他にも不具合があるので、オリンパスのサービスセンターに送らなければ。
E-P1が故障してから、カメラで撮る写真の枚数が激減。いつでも持ち出す事が出来るあの大きさは、意味があるんですねー。

土曜日に休日出勤する途中、久しぶりに時間的な余裕が録れたのでD50を鞄に入れ、毛利町近辺で数枚。
まだまだ寒い日が続きますが、春は確実に近づいているようです。



2013年2月15日 (金)

誕生日のワイン

DSC_0829
D50 Ai AF Nikkor 35mm f/2D

今年の2月10日のワインは、こちら。
こちらの2007年のモレは、秀逸なワインでした。
このバランスのよさが、モレということなのでしょうか。
ワイン庫に収めた、同じドメーヌのヴォーヌが俄然気になります。


2013年2月13日 (水)

シューマンの指(奥泉 光)

photo

随分と前に図書館で借りて読んだ「シューマンの指」。また読みたくなって図書館から再度借りてきたのですが、ある本屋の文庫コーナーで本書を発見。迷わず、我が家の(貧相な)本棚にお迎えした次第です。

登場人物が音楽について語るシーン、あまりに饒舌に過ぎると感じられる方がいらっしゃるとすれば、シューマンの音楽評をご一読される事をお勧めします。岩波文庫の吉田秀和氏の「音楽と音楽家」は入手しやすく、コンパクトな本なのでよいのではないでしょうか。フロレスタンとオイゼピウスの対話を想起しながら本書を読むと、著者がシューマンに寄せる思いが手に取るように伝わります。



2013年2月11日 (月)

暖かな光

photo

アレンジメントをお願いした、いつもお世話になっている市内のsonaさん。
光あふれる店内は居心地が良いので、文庫本一冊があれば待ち時間は実に快適。

sona
山口県周南市児玉町2丁目5−1 三星児玉ハイツ 1F
0834-32-6550


2013年2月10日 (日)

Happy Birthday

DSC_0821

Happy Birthday!



2013年2月 5日 (火)

贖罪の奏鳴曲(ソナタ) (中山七里)

P2081186.JPG

中山七里氏の手による本書。話しの筋もさることながら、個人的に注目している音楽シーン。本作では、ベートーヴェンの中期の傑作の一つ、ピアノソナタ第23番「熱情」でした。ある少年の転機となる、重大なシーン。そのシーンに込められた著者の思いは、非常に共感できるものでした。


2013年2月 4日 (月)

一四一七年、その一冊がすべてを変えた(スティーヴン・グリーンブラット 訳:河野純治)

photo

15世紀のルネサンス、それは何を「再生」したのか。美術や文学だけにとどまらない、幅広く、深いその影響の一端が、本書で語られています。
バチカンの書記官、ポッジョ・ブラッチョリーが15世紀にエピクロス派の詩人、ルクレティウスを発見し、それが19世紀のジェファーソンにまで繋がる歴史の面白さ。歴史の事実に、多くの資料を読み込んだ著者の独創的な着想が縦横に織り込まれ、読んでいて飽きる事がありませんでした。ルネサンスを習った学生さんの副読本として、お薦めできる良書ではないでしょうか。



2013年2月 3日 (日)

ボトラーズもの

photo

ボウモアはオフィシャルものの素晴らしさはもちろんのこと、ボトラーズものにも逸品が多数あります。
こちらのボトルは、潮っぽい香りに、ビターチョコのような濃厚な味わい。59.8%と普通よりも高めのアルコールです。



« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »