2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« Félicitations, Voeckler ! | トップページ | 「STAMP RALLY」撮影会に参加 »

2012年7月17日 (火)

一足早い夏休み

R0020949
自然の家の前の水田。朝の空気が気持ち良い。

R0020857
ふっくら生地の、ピザ。美味でした。

photo
竹筒炊飯(ポンポラ飯)。水分がなくなると、竹筒が燃えて中のご飯が真っ黒になるので、要注意。

7月14日、15日、音楽教室で知り合いになった5家族で、周南市の太田原自然の家でキャンプ。
テントは張ったものの、14日は大雨警報が出たとのことだったので、施設の宿泊棟をお借りしました。しかし、気分はあくまでも「キャンプ」。

初日の活動プログラムは、ピザづくり(兼昼食)、テント張り、風呂焚き、ニジマスつかみ取り、竹筒炊飯(兼夕食)。盛り沢山です。

よく頑張った子供たちを労い、ほのかな竹の香りのポンポラ飯と焼肉で初日の夕食。もちろん、大人たちは良く冷えたビールで、乾杯。

二日めは、朝食、清掃の後に、昼食の流しそうめん。器、箸は竹を使って自分たちで作ります。
竹の切り出しは大人がしたものの、搬送は子供の役目。その後、子供たちが竹を適当な大きさに切り分けます。大人たちは、残った竹で箸作り。どちらも、なかなかいい出来だったのではと、自画自賛。持ち帰り、家で使います。(竹の器で、冷たい日本酒に、焼酎のロック。たまりません。)

昼食後、テントを撤収し、退所。自然の家の担当の方には細やかなサポートをいただき、本当にお世話になりました。

子供たちがそれぞれ「班長」さんになり、各活動で大活躍でした。「班長さん、集合!」と呼びかけたら、どこで遊んでいても走って集合。担当者のお話も、黙って聞いています。責任感の芽生え、大切にしなければ。
普段は手にしない包丁、のこぎりをぎこちなく使う子供たち、見ている親は冷や冷やでした。つい手を出したくなりますが、ぐっと我慢。
そうすると、できるものなんですねー、子供って。ピザの食材は全部子供が包丁で切り、粉から生地づくり。
器作りでは、直径15センチ程度の竹をのこぎりで切断。やり遂げた後の子供たちの誇らしげな顔。大きな収穫の一つでした。
責任感、自立心を育てるためには、子供の関心、興味を引き出しつつ、子供自身に体験させることがどれほど大切なことか。
「お父さん、お母さん、子供たちを信じて、しっかりしなさい」と、教えていただいた二日間でした。


« Félicitations, Voeckler ! | トップページ | 「STAMP RALLY」撮影会に参加 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/46356695

この記事へのトラックバック一覧です: 一足早い夏休み:

« Félicitations, Voeckler ! | トップページ | 「STAMP RALLY」撮影会に参加 »