2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

小澤征爾さんと、音楽について話をする (村上春樹×小澤征爾)

DSC_8736

12月に買い、一気に読み終えた本書。
読み終えてから随分と時間が経ってしまいましたが、読書記録としてアップ。

対談の中に出てきたベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番の演奏の中で、持っているのは内田光子さんとザンデルリンクのものだけ。
ゼルキンや他の演奏も気になりますが、聴きたいCDは他にも多数ありますので、今は我慢、我慢。
CDの聴き比べ、バーンスタインのアシスタント時代の話、マーラー受容史の話、若手音楽家育成プログラムの話など、興味深い話はつきません。


村上氏は小澤氏との対話の中でお互いに話がかみ合わない部分を明らかにすることで、小澤氏から音楽理解の方法についての証言を得ます。
(下記の引用部では、マーラーの交響曲第1番、第3楽章について話をしています。)


村上「やっている方はあまり意味とか、必然性とかを考えちゃいけないということなんですか? ただ楽譜に書かれているものを懸命にこなしていく?」

小澤「うーん、そうだなあ…… あのね、こういう風に考えたらどうですか。最初すごく重い葬送のマーチがあって、それから下品な民謡みたいのが出てきて、それからパストラルの音楽になります。美しい田舎の音楽ですね。それからまた劇的に転換して、深刻な葬送のマーチに戻ります」

村上「そういう筋をつけて考えるといい、ということですか?」

小澤「うーん、ただそのまま受け入れる、というか」

村上「物語みたいにして音楽を考えていくというのではなく、ただ総体としてそのままぽんと受け入れるということですか?」

小澤「(しばらく黙考する)あのね、あなたとこういうことを話していて、それでだんだんわかってきたんだけど、僕ってあまりそういう風にものを考えることがないんだね。僕はね、音楽を勉強するときには、楽譜に相当深く集中します。だからそのぶん、というか、ほかのことってあまり考えないんだ。音楽そのもののことしか考えない。自分と音楽とのあいだにあるものだけを頼るというか……」

村上「音楽の中に、あるいはその部分部分に意味を求めるのではなく、ただ純粋に音楽を音楽として受け入れる、ということですか?」

小澤「そうなんです。だからね、人に説明することがとってもむずかしい。自分なりにその音楽の中にすっぽり入っちゃう、みたいなところがあります」

他にも、小澤氏から言葉を引き出すために、わざと質問をぶつけているんだろうなぁという場面も、いくつか。
さすが、村上氏。

2012年2月22日 (水)

ベルグルンド氏逝去

IMGP2099
Optio S

パーヴォ・ベルグルンドが、2012年1月25日に亡くなったとのことでした。
今年に入って、ワイセンベルク、レオンハルトと立て続けに訃報に接していましたが、こうまで続くと・・・。
故人の御霊安らかならんことを、心より祈念申し上げます。

シベリウスの交響曲の全曲録音を3度行った指揮者は、今のところベルグルンドだけ。僕が持っているものは、ヘルシンキフィルを指揮した2度目の録音ですが、中でも印象的なのは1番と6番がカップリングされた1枚。ヘルシンキフィルの余分な色艶がない素朴な美しい音で奏でられるシベリウスを聴いて、2番以外の交響曲にも耳を向けるきっかけとなりました。冷涼で厳しくも、美しい北欧の風景を想起させる音楽、そして演奏。

19世紀後半に生まれた、シベリウス。ロマン派後期から近代の作曲家として、R.シュトラウスやマーラーと、世代的に重なります。しかし、シュトラウスのような豊麗豪華な響きはなく、マーラーのように千変万化、重層化した音楽世界を繰り広げるわけではない、作曲家が感じたものを丹念に音にした楽曲。今は、こうした音楽に心ひかれる時間が増えました。年を重ねると、聴く音楽も随分と変わるものです。

2012年2月21日 (火)

今宵はヴァイオリン・コンチェルトを

P2228338
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

ヴァイオリニストのヒラリー・ハーンの演奏が気になるので、新しいCDが発売されれば、1枚、また1枚と買い集めています。
今年に入ってアイヴスのヴァイオリンソナタの新譜を買ったのですが、その際に買っていないCDが数枚ある事が判明。
早速、ヒグドンとチャイコフスキーのヴァイオリン コンチェルト、その他のCDを入手しました。

まずは、ヒグドン。1962年生まれのアメリカの作曲家で、ハーンが学んだカーティス音楽院の作曲科の教授でいらっしゃるとか。ハーンとも縁が深いようですね。
耳にも馴染みやすい、叙情性豊かな現代曲。ハーンの鋭敏な感性と、水際立った技術の高さが素晴らしい演奏だったように思います。
なかでも、2楽章には大いに惹かれるものがありました。3楽章での早いパッセージのハーンの演奏は、お見事。

次いで、チャイコフスキー。
しなやかで凛と澄んだヴァイオリンの音色、細やかなニュアンスに富んだ演奏。
フルートをはじめとする木管楽器との掛け合いは、お見事。指揮者とも随分と打合せをして、納得いくまでリハーサルを重ねた録音なのでは?
いわゆるロシア、スラヴ民族色濃厚な演奏ではありませんし、ハーンのことですからそうした方向にいかないことはある程度予測できたこと。
大きなフレージングによって曲の構成をくっきりと露わにすることができるのは、ハーンのヴァイオリンならではの魅力。
そして、弱音を駆使した高音域の緊張感にあふれた表現、脱帽です。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲で、これほどまでに音のテクスチュアが聴こえてくるとは・・・。
音程の良さ、リズム感の素晴らしさは、いつものことなので言うまでもなし。

ただここまで好感を持つのは、ハーンのファンだからこそなのでしょうか?
贔屓の引き倒しになっていなければ良いのですが・・・。

下は、ハーンのホームページで見つけた演奏。
いつものコンサートとは違って、少し寛いだ雰囲気のハーンのバッハと、アイヴス。いいです。

2012年2月16日 (木)

チョコレートの日

DSC_8780
D50

2月14日って、上記のタイトルの認識でよろしかったでしょうか。
聖ウァレンティヌスの偉業について、存じ上げないものですから・・・。

妻と娘からの、今年のプレゼント。
もったいなくて食べられません・・・と言っては作ってくれた人に悪いので、ウィスキーと一緒に頂いています。

2012年2月14日 (火)

誕生日のワイン (2012.02.10)

先週の妻の誕生日は、妻の好みを考え「ボルドータイプのワインが欲しいと言ったらいよ」と、近所の酒屋に送り出し。

DSC_8757
D50

果たして買ったきたワインは、こちら。
ミディアムボディで、エレガントなワイン。
新樽を使っていないこともあってか、香りは大人しいもの。
このバランスの良さが、世間での高い評価の理由なのでしょうか。

ところで、このワインが、ポムロールの某有名ワインと何かのコンテストで競い合ったということで、よろしかったでしょうか?
ポムロールの某有名ワインとは全くの別のスタイルのワインと感じたのですが、コンテストで競い合った云々というのは、何かの間違いでは?


DSC_8752
D50

白ワインは、こちらのワイン。
さわやかな香り、素朴な味わいに好感。
ただ、抜栓直後は何となく堅い印象。2日目以降に実力を発揮するタイプだったのかもしれません。

料理は、炒め玉ねぎのドレッシングのサラダ、豚肉のラグーと岩国レンコンのパスタ、牛のランプのステーキをバルサミコソースで。
パスタを食べた後、ステーキを焼いたのですが、ソースを作る時に娘が「くさい、くさい」と半べそ。バルサミコ酢を煮詰める時の匂いがお気に召さなかったとのこと。
確かに強い匂いだけど・・・、くさいかい?
娘のステーキだけは、シンプルに塩のみの味付けとなりました。
バルサミコソース、妻には好評だったのですが・・・。

DSC_8756
D50


2012年2月13日 (月)

誕生日

DSC_8764
D50

P2108315

P2108306
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

2月10日の妻の誕生日に、花束。
今年も、周南市毛利町のsonaにて。

sona
山口県周南市児玉町2丁目5−1  三星児玉ハイツ 1F
0834-32-6550

2012年2月11日 (土)

Naxos Music Library

R0016358.JPG
GRD2

Naxos Music Libraryを久しぶりに覗いてみたら、その充実ぶりに驚愕。
サービスが始まった当初は、Naxosが主体で他のレーベルは数える程度だったように思いますが、今や他のレーベルの方が多くなったのでしょうか?個人的には、BISやChandosのカタログが豊富で、嬉しい。
それにしても、ギーレンの演奏がこれほど揃っているとは・・・。
http://ml.naxos.jp/artist/32098

ネックは音質。せめて、192kbになってくれればなぁ。それと、我が家の問題ではあるのですが、PCオーディオの環境が整っていないので、聴取はMacからヘッドフォン経由とになり、アンプに繋いだスピーカーから聴く事は不可。これは、痛い。

クラウドサービスの先鞭のような、当サービス。
データ化できるものは、所有するのではなく、利用するという形態に移行するのでしょうか。
ユニバーサル・クラシックが参入してきたら、一気に様相が変わるのでしょうね。

ただ、愛着ある演奏は、手元に置いておきたいと思うんですよねー。もはや前世紀的発想なのでしょうけれど・・・。

2012年2月10日 (金)

DP Merrill登場!

Hero

シグマから凄いモノが出てきました。
DP1Merrillは開放が2.8になっていますし・・・。
http://www.sigma-dp.com/DP-Merrill/jp/#!/home

今回のCP+は、各社とも気合いが入っていますねー。
自分が撮りたいものは何なのか、それに合うカメラは何かと、考え出したらきりがありません。

2012年2月 9日 (木)

大晦日のお楽しみ

P1308260
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

舞台の設定が大晦日の晩ということで、独墺系の歌劇場では大晦日の定番となっている喜歌劇「こうもり」。NHK-BSで2011年のウィーン国立歌劇場の大晦日公演が、ベルリンフィルのジルベスターコンサートとセットで放送されていたものを録画しましたが、ようやく見終えました。

家族で年神様を静かにお迎えする大晦日と、カレンダーを取り換える日としての大晦日では、年越し行事も随分と違うものですね。華やかなコンサートや賑々しいオペレッタは、むろん後者の大晦日にぴったり。

今年のジルベスターコンサートは、「踊り」に関係する音楽を主体に、グリーグのピアノ協奏曲。普段のコンサートとは違い、少しリラックスした雰囲気の中でのコンサート。

続いて、ウィーン国立歌劇場の「こうもり」。今年の指揮は、ウェルザー-メスト。アデーレに人を得た、生き生きとした舞台。歌の間のお芝居が少々冗長に感じましたが、現地の人はちょっときわどいセリフや、歌手の一挙手一投足に大喜び。ウィーンの人にとっては、この間合いがあってこそ「こうもり」、といったところでしょうか。

我が家のレコーダーのHDDは娘の子供番組で容量に余裕がなくなりつつあるので、観終わった後は消去。「こうもり」なら、ミュンヒェンのカルロスのDVDがありますから!

2012年2月 8日 (水)

たちばなや (山口県周防大島町)

IMG_1614

2月5日は、周防大島を訪問したのですから、せっかくの機会という事で「たちばなや」へ。
東和(とうわ)から安下庄(あげのしょう)へ車を走らせ、いざ店内へ。
着いたのは2時前でしたが、店内は満席!それもそのはず、僕を含めてジャージを着た人が大勢・・・。皆さん、お考えになる事は同じようですね。

最近の流行の強い風味の魚介系ではなく、イリコの風味が効いた澄んだ味のスープ。
もっちりとした少し太めの麺との相性も抜群。昔から、地元の人に愛されてきた素朴で、飽きのこない美味しさ。

IMG_1617

具と皮のバランスの良い餃子は、7個で370円。持ち帰りができるのなら、家で熱々をビールと共に食べたい!

IMG_1618
iPhone 3GS

目印になるものがないので、うっかり通り過ぎてしまうかも。初めての訪問時は要注意です。

たちばなや
山口県大島郡周防大島町大字西安下庄真宮1-1
0820-77-0132

2012年2月 7日 (火)

作品展へ (2012.01.21)

忘れない間に、備忘録

1月21日、悪寒を覚えつつ、娘が通う保育園の作品展へ。
去年は、園舎建替えのため開催できなかったので、2年ぶりです。

P1218223

年中の皆で力を合わせてブロックを一つずつ積み上げ、スカイツリー!

P1218232

保護者が折った折りヅルも、展示に参加。

P1218230

P1218229
E-P1  M.ZUIKO17mm

年長さんの展示物。ゴッホの「ひまわり」を毛糸で、ピカソの「泣く女」をブロックで再現。
さすがですね。

他にも、ケルンモザイクとか、色セロファンを使ったステンドグラス(っぽいもの)とか。


2012年2月 6日 (月)

サザン・セト大島ロードレース (山口県周防大島町)

R0020175
GRD2

下関海響マラソンで左足の爪を傷めてしまい、3ヶ月間ランニングをほとんどすることなく、2月5日を迎えました。爪が剥がれるのが怖くて走っていませんでしたが、少しずつ様子をみながら練習していれば良かった・・・。

周防大島の天候は曇り、気温は7度で風はほとんどなしと、走るには絶好のコンディション。
10時10分にスタートして、無理をせずに5分/kmとゆっくりとしたペースをキープ。5km過ぎる頃には体が温まったからか、快適な走行。瀬戸内の穏やかな景色が美しい、シーサイドコースを満喫します。
しかし、折り返しのあたりから急に体が重くなり、快適なランニングもここまで。
立ち止まってしまったら、動き出すのが大変なのは下関で経験済みなので、ペースを落として走り続けることにしました。
そのうちに、手足の指先に痺れ。これはまずいかもと思い、無理をせず更にペースダウン。6分/kmのジョグペースで走っていると感覚も回復してきたので、残り2kmからは5分/kmペースに戻してランニング。
レースペースでなければ何とかなるかもと思いましたが、想像以上に過酷でした。事前にトレーニングをしないで長距離走るのは危険。今後は、ちゃんと準備してレースに臨みたいと思います。

タイムは1時間50分と、自己ベストから遅れること20分。ペースとしては、1kmあたり1分の遅れでした。まずは、5分/kmのペースで楽に20kmを走れるよう、この冬の間にコンディションを整えたいと思います。

2012年2月 4日 (土)

小さな駅で (山口県小野田市)

P1308280

P1308288
E-P1  M.ZUIKO17mm

長門本山(ながともとやま)駅の前を通りかかったら、列車が停車しているではありませんか!なかなかお目にかかる事ができないお姿を、数枚。

2012年2月 3日 (金)

フランスの音

R0020164
GRD2

2月2日は、こちら周南市徳山でも積雪。とはいっても、2センチ程度ですので大したことはないのですが・・・。

10時頃には大通りの路面の雪はほとんど溶けたので、約束をしていた顧問先を訪問。車中でラジオをつけてNHK-FMを聴いたら、團伊玖磨作曲の「祝典行進曲」。中学校の時に吹いたことがあったような気がします。懐かしい。
それにしても、トランペット、トロンボーンともに何とも明るい音色で、昔のフランスのオーケストラの管楽器を聴いてるようだなぁと思っていたら、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の演奏とのこと! そういえば、1960年頃に来日した際の録音がありましたっけ。

最近入手して、聴いているアンゲルブレシュトとフランス国立放送管弦楽団のドビュッシー。これも、今では聴かれない「フランスの音」満載の佳演でした。
クリュイタンスとパリ音楽院管弦楽団の演奏でも聴くことができる、あの音。
こうして録音として記録され、50年後の今に聴くことができるありがたさを、しみじみと感じます。

それにしても、フランス国立放送の録音の質の高さ!1960年代初頭のライブとは思えない、明晰な音です。「選ばれた乙女」は1957年のモノラル録音でしたが、混濁が少なく聴きやすい音でした。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »