2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 秋の夕暮れ(下関市運動公園にて) 2011.10.31 | トップページ | 四半世紀ぶり »

2011年11月 2日 (水)

決壊 (平野啓一郎)

PA157274
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

この時代に生きる難しさについて、逃げることなく、正面から取り組んだ本書。重い読後感は、最近読んだ「慈しみの女神たち」と種類こそ違え、勝るとも劣りません。
小説の結末、冒頭シーンとの呼応に、また別の「決壊」との連環を想起させます。

平野氏の本は「日蝕」以来なので、本当に久しぶり。そういえば、いつか読もうと思っていたものの、未読の「葬送」。近いうちにページをめくりたいと思います。

« 秋の夕暮れ(下関市運動公園にて) 2011.10.31 | トップページ | 四半世紀ぶり »

読書」カテゴリの記事

コメント

今日 宮脇書店で文庫本ででているので購入しました。 主人公が私のホームタウンU市在住というのも購入のきっかけですが、 平野啓一郎の小説たぶんはじめて(TVなどのメディアではよくおめにかかるような 瀬戸内寂聴との対談もなにかで読みました)で 重い主題のようなので すこし緊張しています、

>M さん
描かれている事は重いですが、こうした時代に生きている事実を自覚させられます。
じっくりと、時間をかけて読みたい本ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/42795098

この記事へのトラックバック一覧です: 決壊 (平野啓一郎):

« 秋の夕暮れ(下関市運動公園にて) 2011.10.31 | トップページ | 四半世紀ぶり »