2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

カボチャマフィン(2011.9.29)

P9297197
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

サルビア珈琲のカボチャマフィン。カボチャ好きの娘にも食べさせてやりたいのですが、期間限定とのこと。早く行かないと・・・。

サルビア珈琲
山口県周南市花畠町4−30
0834-31-3133

渾身の一杯

P9297180
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

山口県の食材を使った、ラーメン店。
麺の歯ごたえと喉越しのバランスが良く、美味しく頂きました。鹿野の豚肉を使ったチャーシューも美味。
濃厚な魚介スープのつけ麺もあります。

元祖山口らーめん 渾身の一杯
山口県周南市栄町2-21

2011年9月26日 (月)

忘れていた夏の一コマ

FH000001
LeitzMinolta CL  Ultron35mm  Kodak400

この前現像から帰ってきたフィルムには、お盆に倉敷の実家に帰省した時の写真が・・・。
上の写真は、渋川から児島に向かう道路沿いの光景。
撮った事をすっかり忘れていましたが、こうして時間差で目にする写真、案外といいものかも(無精者の言い訳)。

2011年9月25日 (日)

終わらない

R0019690

仕事が終わらず、昨日、今日と休日出勤。今日は予定が詰まっているし、何とか仕上げないと。
息抜きといって、こうやってブログ記事をアップしないことが、一番なのですが・・・。

林忠彦賞20回記念写真展

FH000012

FH000027

FH000010
LeitzMinolta CL  Ultron35mm  Kodak400

9月17日から、「林忠彦賞20回記念写真展」が周南市美術博物館にて開催されています。期間は、10月30日まで。
初日に行きましたが、僕らが行った時間帯はオープニングセレモニーは終わっていたようでした。残念。会場は、そこそこの賑わいですが、ゆっくりと鑑賞できました。
特別展の入場券で、2階の常設展も入れますので、この日も林忠彦記念室へ。

静岡からお越しと思われるベテランの方のライカのお話をバックに、1階の喫茶コーナーで一休み。
僕のCLは「Leica CL」ではなく、レンズはフォクトレンダー(by Cosina)だったので、首から提げたカメラの突っ込みを受ける前にカバンにしまい、退散。

2011年9月24日 (土)

夏と秋の境で

FH000021

FH000014

FH000020

FH000017
LeitzMinolta CL  Ultron35mm Kodak400

意味ありげなタイトルですが、9月上旬の暑い日に撮ったということ。
周南市美術博物館周辺にて。

2011年9月23日 (金)

早起きのご褒美

R0019645
GRD2 GW-1

9月18日、いつもの日曜日だったらちょっと遅く起きるのですが、この日はなぜか6時前に目が覚めました。
外に出て見ると、二重の虹!ワイドコンバーターを付けて換算21mmでも収まりきらない立派な虹でした。

2011年9月22日 (木)

徳山動物園にて (2011.09.19)

P9197115

PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

19日の敬老の日、昼から妻が用事で出かけるので、僕と娘は二人で徳山動物園へ。
ヤギって、小さなペレットを巡ってあんなに激しく奪い合うとは・・・。それにひきかえ、羊の穏やかなこと。

Bar VISTA(バール ビスタ)にて (2011.09.21)

P9217143

P9217144

P9217147
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

9月7日に周南市に開店した、Bar VISTA(バール ビスタ)。
25日の日曜日にお邪魔する予定で、その事前視察としての出動。あくまでも、視察が目的なので・・・。
バールを視察する以上は飲まずに帰る訳にはいかず、当然の「任務」として飲んで帰る訳です。役得。

長州鶏の砂肝のアヒージョ、アンチョビポテトをつまんで、モルツ、ギネス、ローヌの赤を飲み、満足、満足。
日によって違うようですが、グラスワインは白、赤ともに8種類以上。300円から楽しむことが出来ます。
おつまみは300円からと、こちらもお手頃なお値段です。

BAR VISTA(バール ビスタ)
周南市飯島町2丁目32 1F
TEL 0834-33-9139

2011年9月21日 (水)

デジタル・コンサートホール

R0019606
GRD2

ベルリンフィルのデジタル・コンサートホール。こうしたサービスを利用すると、クラウドの時代を改めて実感します。
これで、アーカイブのコンサートが消されることなく今後も提供され続けるのであれば、ローカルにデータを記録(録画)する必要はなくなるのでしょうか。2011年9月20日現在、アーカイブには121のコンサートが収録されています。

当サービスは音質、画質とも家庭での視聴を考えれば、十二分のクオリティ。価格設定も、いい点を突いていると思います。使い勝手も良く、非常に素晴らしいサービスと思いますが、生中継について、二点。

一つ目。タリスの時に画面がフリーズしてしまい、視聴している僕も、フリーズ。再度、サイトにログインし直したら、無事につながり以後は問題ありませんでしたが・・・。これは、こちらの環境のせいかもしれませんが、もし、メインプログラムのマーラーが聴かれなかったら、泣くに泣けないとこでした。

二つ目。マーラーの8番が終わり、会場では万雷の拍手が続く中、突然中継が終了。最後の和音が響いてから、1分と経っていなかったような気が・・・。
拍手に応える演奏者、歌手、指揮者の様子を見ながら、先ほどまでホールを満たした音楽の余韻に浸るのは、録画ではない中継の醍醐味と思うのですが。空間の共有は現在の技術をもってしても難しいですが、同じ時間の座標で生成される音楽を共有する感覚を得るために、深夜3時からモニターに向かう人もいるわけで・・・。

まぁ、別の言い方をすれば、こうした瑣末なことしか気にならなかったということ。
最初の点は先述したとおりこちらの理由かもしれませんし、回線の混雑というサービス提供者側の問題ではないのかも。二つ目の点も、サービスの本質には全く関係のない話しですし。
放送局を介することなく、オーケストラがこれだけのクオリティで画像と音を配信できるなんて、我が家に初めてやってきたネット環境がISDNのダイヤルアップ(最大64Kbps。64Mbpsの間違いではない!)だったことを考えれば、文字どおり隔世の感を覚えます。

このたびは、初めての利用という事もあって、48時間チケットを購入しました。生中継を楽しんだ後は、マーラーの交響曲3番、4番、5番、6番、そして7番をアーカイブから選び、視聴。
48時間チケットでは、アーカイブの全てを聴くことはできないので、30日チケットを買ってみようかと思案中です。1年チケットを買っても、そのうち飽きるかもしれませんし。

それにしても、世界で最も高い名声を博しているオーケストラの一つが、こうしたサービスに乗り出すとは。ベルリンフィルにこの分野での先行者メリットをとられてしまったら、他のオーケストラは一体どうすればよいのでしょう・・・。

2011年9月20日 (火)

想像以上!

R0019665
GRD2 GW-1(レタッチ)

インターネットのストリーミング放送、普段聴いている局のビットレートが128kbps程度ということもあって、音質については全く期待しておらず、とりあえず曲が分かればいいかといった認識でした。NHK-FMのストリーミング放送にしても、受信状態のいいラジオからステレオに繋いだ音の方が数倍いいですし。(それとも、僕のストリーミング受信環境が悪すぎるのでしょうか?)
ですので、ベルリンフィルのデジタル・コンサートホール(DCH)にしても、さしたる期待もしないで聴き始めました。
ラトル指揮、マーラーの交響曲第8番が、9月18日(ベルリン時間)のプログラム。タリスの40声のモテットとの組み合わせという、プログラミングに凝るラトルらしい選曲。
しかし、1曲目のタリスを聴いて驚きました。透き通った声、柔らかに響く金管楽器の音を聴き取ることができるではありませんか。これなら、十分に聴くに堪えます!
画質も、最高画質を選べばそれなりの精彩感。
48時間以内であれば、アーカイブスは聴き放題、生中継を1回聴けて9.9ユーロ。聴きたいコンサートに合わせてチケットを購入すれば、相当お得ではないでしょうか。

今年はマーラーの没後100年の記念の年。その気になれば、1,000円で、1番から10番までの交響曲、嘆きの歌、歌曲の視聴が可能(心身ともに、相当疲れるとは思いますが)。
マーラー以外の興味深いプログラムも、世界のマエストロの指揮、ベルリンフィルの妙技で満喫できます。
オーケストラが好きな方でしたら、試してみる価値は十分にあると思います。

デジタル・コンサートホール(Digital Concert Hall)
http://www.digitalconcerthall.com/ja/

2011年9月17日 (土)

罪なメーカー

GXRのMマウントユニットが登場し、理性を保つのがやっと。
こんなサイトを見せられて、いつまで正気を保っていられるやら・・・。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gxr/gxr_mnt/index.html

そして、このたびGRDIVの登場。
噂どおり手ぶれ補正機能が追加。着実に進化しているようですね。
進化の度合いを、手に取ってみてみたい・・・。

Grdiv


そして、こんな隠し球まで。1万台限定・・・。

Grdw

2011年9月14日 (水)

市内を散歩 (2011.9.11)

R0019578

R0019569

R0019562
GRD2

日曜日の午後、図書館、美術博物館に娘と一緒にお出かけ。GRD2と、CLにUltron35mmのコンビ。CLは夏祭り以来!フィルムは、期限切れだったはずなので、早めに撮らないと。

美術博物館では娘のリクエストで2Fの常設展に行きましたが、林忠彦さんの写真をじっくり見ようと思っていたときに、「飽きた」とのこと。き、君のリクエストで来たというのに・・・。

その後、サルビア珈琲で一服。娘は、いつものミックスジュース。

2011年9月 8日 (木)

寄り道

R0019544

R0019546
GRD2

オレンジカフェで、図書館で借りた本の読書。日頃は読まないジャンルの本に挑戦し、頭の中の錆をどれくらい落とせるか。

2011年9月 7日 (水)

小さな悩み

R0019525
GRD2

色々な思いや、様々な人の利害が交錯するのが、この世の中。
保育園という限られた人間関係にあっても、同じこと。
自分の良心を保ちつつ、周囲との折り合いをどうつけるか。
大人でもなかなか難しい、人付き合い。5歳の娘にとっては、毎日が試行錯誤のようです。

友達が男の子2、3人に叩かれていたので、「叩いたらいけん」とその男の子たちに娘が言ったところ、「お前を叩いてやる」と追いかけられ、運動場で押されて転倒してしまい、膝をちょっとすりむいてしまったとのこと。打撲の痛みもあるとか。
上記の状況は、娘からの聞き取りでしかなく、細部は違っていたかもしれません。すり傷は大した怪我ではないし、打撲の痛みもそれほどでもなさそう。

保育園の先生に間に入っていただいて指導を仰げば、こうした場は収まるかもしれません。しかし、この子たちも大きくなれば、人間関係も複雑さを増し、色々と難しいこともあるでしょう。
これから先、僕たちが娘の人生をずっと見守り続けることができない以上、娘なりに対処法を身につけてもらわねばなりません。
今後も、娘の一日の出来事に耳を傾け、楽しかった出来事を皆で笑い、悲しかったことを分かち合い、家族の間で会話を重ねたいと思います。

とまぁ、こうした道も、自分たちが辿ってきたわけで。どうにか、なるものです。
翌日からも、元気に保育園に通っていることですし・・・。
心配しすぎて、子供に不安を感じさせることが一番まずいかもしれないので、娘に気づかれないようにしないと。

2011年9月 6日 (火)

夏の打ち上げ

P9037066

P9047095

P9047090
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

9月3日は、過ぎ行く夏に思いを馳せつつ、我が家で夏の打ち上げ。

いつもの料理やお酒とはちょっと違うものを食べて、飲んで、のんびりしましょうということで、スパイスをまぶしたラムをフライパンで焼いたものに、簡単なサラダ、パンにチーズ。いたってシンプルですが、ラムの火の通し方は慎重に。僕好みのロゼに仕上がり、満足のいく出来上がり。いつもこうだといいのですが・・・。

ワインは、お気に入りのシャソルネーから オクセイ・デュレス2008。
ワインは、飲むときの条件(ワインの保存状況、提供するワインと室内の温度、抜栓からの時間、グラスの形状、料理、そして、誰とどういった状況で飲むか!)によって大きく印象が変わるのですが、このボトルは申し分ない美味しさ。
抜栓後から香りは開いており、意外。2008はこうした傾向にあるのでしょうか。
ちょっと難しいヴィンテージと言われているようですが、生産者の努力によって、こうして素晴らしいワインとなるのですから、やはり飲んでみるまで分かりません。
妻も満足してくれたようで、ボトルを選んだ僕としても安堵。

オクセイ・デュレスの前にスパークリングを飲みたかったのですが、適当なものが冷えていなかったので、今日はよく冷えたハートランド。
暑気払いにはもってこいの、爽やかなビールです。

2011年9月 5日 (月)

せせらぎパーク(周南市鹿野)にて (2011.08.28)

P8287046

P8287035

P8287043
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

マルタで昼食をとった後、近くのせせらぎパークへ。

キャンプサイトも整備されており、気持ちよく一日遊ぶことが出来ます。

バーベキューコーナーもあり、こちらでも食材を入手することが出来るので、手ぶらで来ることも可能。もちろん、食材の持ち込みはOK。

せせらぎパーク
周南市大字鹿野上字温見
Tel:0834-68-4003
http://www9.ocn.ne.jp/~se2ragi/

2011年9月 2日 (金)

マルタにて(2011.08.28)

P8286986

27日は宇部でワイン会、翌日は娘の保育園のお友達家族と一緒に周南市鹿野へ。夏休み、ラストスパートです。

宇部から徳山へは、輪行。iPhoneでマーラーの2番を聴き終わっても、まだ徳山駅には着かず。普通列車に揺られて、2時間の旅。

11時すぎにマルタで待ち合わせて、早めの昼食。鹿野は我が家から30km程度の距離ですが、木陰に入ると随分と涼しく、空気も爽やか。錦川に面したウッドデッキのテーブルで、蝉の鳴き声の変化に夏の過ぎゆく様を感じながら、穏やかなひと時。

P8286997

P8287015

P8287026
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

2011年9月 1日 (木)

久しぶりのサイクリングと、ワイン会

8月最後の土曜日、ワイン会に参加するために、Giant FCR(改)で宇部までサイクリング。
途中、ワンツーサイクルでの買い物の後に、アクチュアルスタート。午前中の涼しいうちから走ることができれば快適なのですが、この日の午前中は用事があったので、昼食後にスタート。それにしても、暑い!途中、戸田(へた)駅で小休止したものの、ペースは上がらずじまい。
体力は消耗する一方ですし、これでは宇部までは体がもたないかもと思い、新山口から輪行。体調を崩しては、美味しくワインを飲めませんからねと、言い訳。75kmにも満たない平坦コースを走れないとは、何とも情けない話です。

いつもの宿は満室だったので、ビジネスホテル宇部にチェックイン。自転車を部屋に持ち込むことについて快く了解していただき、ありがとうございました。汗を流し、いざワイン会の会場のキャプテンさんへ。

料理は、絶品の田舎風パテ、鶏レバームース、リエット、コンフィ、キッシュ、ポークソテーなど盛りだくさんのメニューからのチョイス。それぞれがオーダーした皿で、テーブルの上はあっという間に賑やかに。

P8276969

まずはよく冷えたビールで火照った体を冷やし、程良い酸味が心地いいスパークリングで乾杯。夏にこうした泡モノは、体に沁み入ります。Viva Vino!

P8276970

チュエリー・ピュズラさんのソーヴィニヨン・ブラン。僕にとっての、定番中の定番。しみじみと美味しいワインです。

P8276973

エレガントに醸造されたグルナッシュのバランスの良い酸味と、土っぽい自然な香りは好みでした。より厚みを感じられる2003も良かったですが、2001の可憐さも魅力的。さすがの、ワインのセレクト。

美味しいワインと料理を楽しみながら、自転車やカメラの話。次回は、バイロイトの話をすることを忘れないようにしないと。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »