« 稲 | トップページ | Bar SALONにて »

懐かしい演奏

R0017470.JPG
GRD2

この前、久しぶりにHMVのホームページを見ていたら「朝比奈隆指揮 倉敷音楽祭祝祭管弦楽団 モーツァルト交響曲選集」の文字が!
この音楽祭は僕も何度か聴きに行きましたが、そのうちの一度はベートーヴェンの4番の時だったと思うので、このCDの解説の記録によると39番を聴いていたはず。でも、覚えがないんですよねー、何とも記憶容量の小さいこと。
それにしても、この演奏会の録音が残っていたとは。ステージ上にはマイクはなかったように思いますけど、天井からの吊りマイクで録ったのでしょうか。
最近よく聴いているアバドの軽やかでニュアンスに富んだ演奏とはまた違い、ズシリとした演奏。オーケストラの編成は多分同じくらいの規模のはずですが、随分と違った音楽です。細かな演奏の傷は、ライブならではの臨場感ということで。それよりなにより、氏の指揮したモーツァルトの録音は殆どないので、こうして聴くことができるだけでも幸せ。約20年前、この演奏会場のどこかに自分もいたのかと思うと、感慨ひとしおです。

|

« 稲 | トップページ | Bar SALONにて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい演奏:

» ワルターのベートーヴェン:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
温かく、豊かなニュアンスに満ちた心を和ませる表現は、ワルター独自のものだ。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 18時51分

« 稲 | トップページ | Bar SALONにて »