2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« スロー・パンクチャー | トップページ | アジサイ »

2010年6月 1日 (火)

写真展「白い夜」へ

P5312102.JPG

日曜日、飯塚達央氏の写真展「白い夜」へ。この日が最終日でしたので、滑り込みセーフ。
書籍やブログで飯塚氏の写真を拝見していましたが、プリントを見るのは初めてです。

大通りから少し入ったビルの2階、感じのいいギャラリースペース。会場には飯塚氏の「白い夜」オリジナルのモノクロプリントと、ブック形式にまとめられた作品集。
僕は自分で現像も、焼きつけもしたことがないので、技術的なことは皆目分かりませんが、モノクロプリントの被写体の実在感に驚きました。
よく目を凝らせば、何とも言えない黒の厚み(グラデーションの深さと言いましょうか)。これが、ゼラチン・シルバー・プリントの味わいなのかと、ただただ感嘆。静かに降り積もった雪と時間の重みを感じ、普段目にするものがうっすらと雪化粧を纏うことで、その形の美しさを再認識させられました。

そして、様々なご家族の写真では、被写体となった皆さんの表情豊かなこと。こんな家族写真を残すことができた方々は、なんと幸せなことだろうと羨ましく思います。自分も、こんな家族の記録を残すことができればなー。

飯塚氏ともお話をさせていただきましたが、そのお人柄にも触れることができ、有意義な時間を過ごすことができました。いつか、家族で北海道を旅行したときは、飯塚さんに写真を撮っていただきたいと強く思いました。

http://www.photoseason.net/
http://photoseason.blog25.fc2.com/

« スロー・パンクチャー | トップページ | アジサイ »

写真」カテゴリの記事

コメント

暗室、準備が面倒だしすっぱい匂い充満するけど、バッチリプリント出来た時は感動しますよ〜。ネガで見ている時よりも意外とトーンが出たりするんです。
暗室には感動があります。

やる気出ました?(笑)

>らちあにさん
やる気、出ましたよ(^ ^)。

気合の入ったプリントは初めてだったので、驚きました。
自家現像、手焼きにこだわる方の気持ちが良く分かりました。
まずは、どこかのワークショップに参加してみようかな?

ワークショップだと手軽でいいですね。是非是非!
私は一回だけ写真部経験のある山岳部後輩に教わり、恩師に引き延ばし機をもらって「お風呂場暗室」作ってました。

今はホコリを被っていて申し訳ないです(--;;)

>らちあにさん
やはり、最初は色々と教えていただく事が大切でしょうね。さっそく、県内、隣県でどこかないかと探してみます。
僕もらちあにさんのように、風呂場暗室が出来ればと思いますが、さてどうなる事やら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/34973505

この記事へのトラックバック一覧です: 写真展「白い夜」へ:

« スロー・パンクチャー | トップページ | アジサイ »