« 悔恨(必然的な帰結として) | トップページ | iPhoneがやって来た »

リエージュあれこれ

4551118697_6b53bda4b2
Photo by hadche

25日の日曜は、クラシックレースのリエージュ-バストーニュ-リエージュ。
残り40km程度で先行グループが集団に吸収された後、有力選手のアタックの応酬に手に汗握っていたら、ヴィノクロフがコロブネフとアタック。ジルベール、バルベルデ、エヴァンスという豪華3選手が2人を追走しましたが、20秒程度のタイム差は縮まりません。ゴール手前のヴィノクロフのアタックにコロブネフはついて行けず、ヴィノクロフが2005年以来の2度目の勝利!
http://www.pezcyclingnews.com/?pg=fullstory&id=8184
(上記リンク先の記事のタイトル、ガゼッタとかでも使っていそう(確かめる術、なし))

ジロ・デル・トレンティーノでも勝利し、最古参クラシックレースでも力を見せつけたヴィノクロフ。2007年のツールの期間中に血液ドーピングが発覚するというファンにとって悪夢でしかなかった事件からの復活は嬉しい知らせですが、何とも複雑な気持ちです。かの地での報道は、ヴィノクロフにとってはかなり辛口の論調のようで、優勝者がわざわざ報道あてにこんな書簡を出さざるをえないみたい。
http://www.cyclingnews.com/news/vinokourov-fights-back-against-the-press

ジロ出場は決定していますが、「コンタドールのアシストを」とツール出場にも意欲を見せているようですね・・・って、まさか、ダブル・ツールを狙ってないよねと、ジロが始まる前に言うのも何ですが。これが実現すれば、去年はアームストロング、今年はヴィノクロフと、何とも豪華なアシストを伴ってコンタドールは今年もツールを走ることになるのかなぁ。Venga, Alberto !

・・・なんて呑気に今年のグランツールの行方に思いを馳せていたら、Cycling newに落車したシャバネルが頭蓋骨骨折との記事が!見出しに「Skull fracture」とあったので驚きましたが、記事によると運動機能や知覚機能に問題はなさそうとのことで、ホッ。
http://www.cyclingnews.com/news/chavanel-out-with-skull-fracture-after-liege-crash?cid=OTC-RSS&attr=news_headlines

|

« 悔恨(必然的な帰結として) | トップページ | iPhoneがやって来た »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リエージュあれこれ:

« 悔恨(必然的な帰結として) | トップページ | iPhoneがやって来た »