2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

iPhoneがやって来た

P4281723.JPG
E-P1 M.ZUIKO17mm

娘が生まれる前に買い5年間使っていた携帯の電源が不安定になっていたのですが、いつまでもこのままでは都合が悪いので、ソフトバンクのショップへ。目当ては、もちろんiPhone。新しいiPhoneの発表は間近なのでしょうが、それまで待っていられないので。3GSなら新しいOSにも対応しているようですし、今手に入れておいてもそれほどの問題はないでしょう。
ということで、入手しました。カレンダーにGoogle Calendarを同期させ、写真、音楽アプリを入れてご機嫌さん。Classical KUSCの音質も問題なし。トマス・ハンプソンの「夕星の歌」を聴きながら悦に入っています。

2010年4月27日 (火)

リエージュあれこれ

4551118697_6b53bda4b2
Photo by hadche

25日の日曜は、クラシックレースのリエージュ-バストーニュ-リエージュ。
残り40km程度で先行グループが集団に吸収された後、有力選手のアタックの応酬に手に汗握っていたら、ヴィノクロフがコロブネフとアタック。ジルベール、バルベルデ、エヴァンスという豪華3選手が2人を追走しましたが、20秒程度のタイム差は縮まりません。ゴール手前のヴィノクロフのアタックにコロブネフはついて行けず、ヴィノクロフが2005年以来の2度目の勝利!
http://www.pezcyclingnews.com/?pg=fullstory&id=8184
(上記リンク先の記事のタイトル、ガゼッタとかでも使っていそう(確かめる術、なし))

ジロ・デル・トレンティーノでも勝利し、最古参クラシックレースでも力を見せつけたヴィノクロフ。2007年のツールの期間中に血液ドーピングが発覚するというファンにとって悪夢でしかなかった事件からの復活は嬉しい知らせですが、何とも複雑な気持ちです。かの地での報道は、ヴィノクロフにとってはかなり辛口の論調のようで、優勝者がわざわざ報道あてにこんな書簡を出さざるをえないみたい。
http://www.cyclingnews.com/news/vinokourov-fights-back-against-the-press

ジロ出場は決定していますが、「コンタドールのアシストを」とツール出場にも意欲を見せているようですね・・・って、まさか、ダブル・ツールを狙ってないよねと、ジロが始まる前に言うのも何ですが。これが実現すれば、去年はアームストロング、今年はヴィノクロフと、何とも豪華なアシストを伴ってコンタドールは今年もツールを走ることになるのかなぁ。Venga, Alberto !

・・・なんて呑気に今年のグランツールの行方に思いを馳せていたら、Cycling newに落車したシャバネルが頭蓋骨骨折との記事が!見出しに「Skull fracture」とあったので驚きましたが、記事によると運動機能や知覚機能に問題はなさそうとのことで、ホッ。
http://www.cyclingnews.com/news/chavanel-out-with-skull-fracture-after-liege-crash?cid=OTC-RSS&attr=news_headlines

2010年4月22日 (木)

悔恨(必然的な帰結として)

FH000037.JPG
LeitzMinolta CL   Ultron35mm   Super Gold 400

さぁ、21日の夜(日本時間)はフレッシュ・ワロンヌ。ビールを飲みながら、水曜日のレースをテレビで見られるのは日本ならでは。ヨーロッパだと、仕事中ですもんね。
ビール、つまみを並べて椅子に座って見ていましたが、アルコールも入っていい気持ち。ちょっと疲れてきたのでテレビの前で横になったのが、ゴール手前40km程度だったでしょうか。先行グループと集団とのタイム差が2分程度まで縮まってきた頃だったと思います。さて、これから集団が活性化してきて、ロードレースの面白いところ・・・と、気が付いたらモータースポーツの番組になっているではありませんか!終盤の攻防からゴールシーンを見逃すなんて・・・。アルコールが入った状態で、横になったら当然予想される状況ですのに。
今晩の再放送を見るまでは、自転車ロードレースのサイトには近づかないようにします。

誕生日

21日はマンションの管理組合の理事会があったので、帰宅したのは20時過ぎ。すっかり遅くなってしまいましたが、娘の好物の鶏手羽先の煮物、パスタ、サラダ等が並んだ食卓を囲み、乾杯。

この朝は体調が今一つでしたが、保育園での誕生日会とお楽しみランチで元気を充電したようで、園での様子を色々と話してくれました。しかし、まだ昼寝のない生活に慣れないので、眠くなってきてグズグズに。ひと月もたてば慣れますよとの話も聞きましたが、どうなることやら。

2010年4月21日 (水)

a rainy day

P4191621.JPG
E-P1  M.ZUIKO17mm

少し冷たい、春の雨です。

2010年4月20日 (火)

平成22年4月20日、朝食のテーブルで

「明日は、4歳の誕生日だね」と、僕。「うん、3歳は楽しかったよ」と、娘。これからの一年も、楽しく過ごすことができますように。

サビエル記念聖堂

FH000007.JPG

FH000014.JPG

FH000005.JPG

FH000017.JPG
LeitzMinolta CL  Ultron35mm  Super Gold400

先日、検査結果を聞くために仕事を休んで山口市の病院を訪問。
特に何もなく、ホッとしてサビエル・カンパーナでパンを買った後に、亀山のサビエル記念聖堂へ。
堂内からパイプオルガンの荘厳な音が聴こえてきましたので、せっかくの機会でもあるので聖堂内に。
週末のオルガン演奏会のための練習中だったようですが、天井から降ってくるような音に包まれる感覚は、一般の音楽ホールでは体験できないこと。信心がない僕でも、心洗われるひとときでした。

2010年4月19日 (月)

サビエルカンパーナ(山口市)

FH000019.JPG

FH000020.JPG

FH000021.JPG
LeitzMinolta CL  Ultron35mm  Super Gold400

先日、病院で検査結果を聞いた後、山口市のサビエルカンパーナへ。
バゲットはもちろん、チャパタといった個性的なパンもあるのが嬉しいです。いわゆる菓子パンの類も好きですが、食事とともに味わうにはこうしたパンが合いますね。

2010年4月17日 (土)

タフ

R0016747.JPG
GRDII

吉田松陰が罪人として江戸に送られる途中に立ち寄った福川で、上の写真の詩を詠んだとのこと(若山城址への道沿いにて)。
詩の内容もさることながら、3月25日に萩を発ち、26日には福川に到着しているとのことに驚きました。この間、約80km!あの山道を一日40km歩くなんて、佐々並から萩までの萩往還約20kmを歩いてへとへとになった僕にとっては、驚異的です。

FH000034.JPG

FH000037.JPG
LeitzMinolta CL  Ultron35mm  400VC

陶氏が築いた若山城址(周南市)への道沿いは、ソメイヨシノだけではなくて、多くの種類の桜が植えられているので、色とりどりで見ていて飽きません。「美しい日本の歩きたくなる道500選」にも選出されているそうですね。

2010年4月16日 (金)

飲むことができる幸せ

DSC_5734.JPG
D50 Ai AF Nikkor 35mm F2D

ちょっと気になることがあったので、病院で検査してもらっていたのですが、結果は全く問題なしとのこと。家族一同、ほっ。
妻が買ってくれたこのワインを開け、健康に過ごせるありがたさに乾杯した夜でした。

軽い泡の刺激が、シュナン・ブランの優しい果実味豊な風味に絶妙に合います。こうしたワインが洋食とマッチすることはもちろん、普段食べる家庭の食事とも相性が抜群なのが嬉しいです。もう1本ぐらい軽くいけそうな気がしましたが、健康を考えて自重。週末に飲みの予定が入っていますしね。

2010年4月15日 (木)

進級

今までは0歳児もいる乳児クラスでしたが、4月1日から保育園の年少クラスとなりました。
通う保育園は同じですが、新しい制服と帽子を身につけると、気分も違うのか少し引き締まった顔つき(かな?)。

2010年4月14日 (水)

野辺に咲く花

R0016722.JPG

R0016771.JPG
GRDII

ふと道端に目をやると、小さく可愛らしい花。
上ばかり見ないで、下の方にも目を向けてみないと。

2010年4月13日 (火)

思わぬ幸運

DSC_5474.JPG

DSC_5475.JPG

4月3、4日と9日から11日にかけては、徳山動物園の開園時間が20時(入園は19時30分)まで延長されています。開園時間延長の日も、動物たちの食事の時間は普段とあまり変わりがないようで、17時ごろのお食事タイムを見学することができました。
木の枝から飼育員の方の手にジャンプするアカハナグマの芸を見たり、ホクトとユキちゃんの交替のシーンを見たりと、娘ともども大喜び。17時以降は普段は閉園時間後なので、いつもは見られないシーンを目の当たりにすることができ、ちょっと得した気分です。

DSC_5513.JPG
ゆきちゃんの視線の先は、飼育員さんが手にした牛肉の塊。

DSC_5516.JPG
D50 Sigma50mm Macro F2.8

飼育員さんがプールに投げ込んだ牛肉めがけ、ダイブ!の図。こうしたときは、秒間5コマ以上で連射できる今のカメラが羨ましいです(D50は、秒間2.5コマ!)。

2010年4月12日 (月)

パリ=ルーベは、ファビアン様のためにITT部門を新設しました

DSC_5700.JPG
D50  Ai AF Nikkor 35mm F2D

なんてつまらないボケを言ってしまいたくなるくらい、ラスト40km以上を独走しての圧倒的な勝利。カンチェラーラ選手、おめでとうございます。

4515505687_ea20006fab_b
taken by Bruce2M59

昨日、娘たちが寝静まった後にテレビをつけたら、スイスチャンピオンジャージが石畳を独走中
スタート時には、こんなにも選手がいたのに・・・。

18日のアムステルゴールドでは、(ITTではなくて)ロードレースを堪能したいと思います。

一の坂川の桜 (SWH15mm編)

FH000021

FH000008

FH000034

FH000023

FH000005
LeitzMinolta CL  Super Wide-Heliar15mm 400UC

4月6日は、15mmも携えて。超広角は、まずは被写体に正対することですね。気を付けていたつもりでも、左右、上下の傾いた写真を量産。反省中。

狭くなりがちな僕の視野を広げてくれるLeitzMinolta CLとSuper-Wide-Heliar15mmのコンパクトな組み合わせは、仕事のカバンの隙間にも入るので重宝します。このコンビ、改めて気に入りました(手強いですけどね)。

2010年4月11日 (日)

色違い

FH000029.JPG
LeitzMinolta CL SWH15mm(トリミング)

こうした色違いジャージを見ると、「お、君はキレンジャーだね(バックはアオですが)」とつい心の中で思ってしまいます。世代が知れるとはこのこと。

2010年4月10日 (土)

さくら(in monochrome)

DSC_5458.JPG

DSC_5588.JPG

DSC_5454.JPG

D50  Sigma50mm Macro F2.8

R0016675.JPG
GRDII

P4061532.JPG
E-P1  M.ZUIKO17mm

D50にはモノクロームモードはないし、他の写真もカラーからの変換ということで、モノクロで桜を撮るぞという気合いが足りませんが、来年への反省ということで。来年は、M4にズマロン、アクロスでも桜を撮ってみたいと思います。

2010年4月 9日 (金)

周南市・毛利町の桜並木

FH000035.JPG

FH000034.JPG

FH000033.JPG
LeitzMinolta CL   Super Wide-Heliar15mm   PRO400

周南市文化会館から南に伸びる桜並木を歩いていて、今更ながら気づいたのですが、この通りには電柱と電線がありません。だから、広角レンズを上に向けてもこのとおり。
電線類の地中化は、美観だけの問題ではなく防災上もその意義が認められるので今後の進捗を期待しますが、何せお金がかかりますからねー。新電線類地中化計画、共同溝の推進も昨今の厳しい財政状況の下では、行政や関係事業者の方々もさぞやご苦労されていることとご推察申し上げます。難しい問題ですね。

2010年4月 8日 (木)

桜と小川

DSC_5678.JPG

DSC_5659.JPG

DSC_5655.JPG
D50 Sigma50mm Macro F2.8
山口市一の坂川にて

35mm換算75mmの50mmレンズで・・・って、mm表示が3つ続くと何のことやら。
これからは、桜の若葉が綺麗ですね。

徳山動物園の桜

DSC_5584.JPG

DSC_5598.JPG

DSC_5455.JPG

DSC_5536.JPG
D50  Sigma50mm Macro F2.8

徳山動物園内には桜の木が多数あり、動物見学と同時に花見も楽しめます。東川沿いや緑地公園でのバーベキューに惹かれるものもありますが、アルコール抜きの子連れ花見もいいものです。

2010年4月 7日 (水)

一の坂川(山口市)にて

P4061539.JPG

P4061563.JPG

P4061568.JPG

P4061543.JPG
E-P1 M.ZUIKO17mm

山口市の一の坂川沿いは、県内でも有数の桜の名所。6日の山口での仕事の後、ちょっと立ち寄りました。ライトアップされた夜桜も綺麗でしょうが、今日は我慢、我慢。
すでに散り始めている木もありましたので、まだの方はお早めにどうぞ。

山口市内は歩いていると薄っすらと汗をかくほどの陽気だったので、一の坂川沿いのカフェ、decoさんで一休み。店内も、お店の人も感じのいいカフェで、アイスコーヒーが美味。CLのフィルムを交換していると「フィルムカメラですか、ミノルタですね」と声をかけていただきました。

児玉公園(周南市)にて

M4  SummaronF2.8  Ektar100

最近お気に入りの4歳のポーズ(片手バージョンもあり)。4月になり、「もうすぐ4歳」が口癖です。

2010年4月 6日 (火)

花の木(周南市)にて

P4031506.JPG
E-P1 M.ZUIKO17mm ファンタジックフォーカス

P4031503.JPG
E-P1 M.ZUIKO17mm

周南市の桜並木通りを歩き疲れたら、ホテル青山(せいざん)の隣の「花の木」にどうぞ。
3日はCLでも撮ったのでフィルム交換がてら立ち寄り、美味しいコーヒーを一杯。

山口県周南市毛利町3丁目36
0834-32-2323

2010年4月 5日 (月)

市内の桜並木

DSC_5423.JPG

DSC_5426.JPG

DSC_5421.JPG
D50 Sigma50mm Macro F2.8

長くうっとうしくなった髪を散髪し、気分も軽く市内の桜並木へ。
周南市文化会館から南に伸びる道路には、約600mにわたる見事な桜並木。この季節は、桜の花のトンネルになります。4月3日、4日は「周南路 2daysウォーク」のコースの一部になっていたようで、大勢の方が満開の桜の花の下を歩いていました。

2010年4月 4日 (日)

夕暮れ

FH000008.JPG

FH000007.JPG

FH000013.JPG
M4  Summaron F2.8  Ektar100

手ぶれ怖くて1/15しか切る事ができず。薄暮が夕闇一歩手前になってしまいました。

2010年4月 3日 (土)

タチマチノ月にて

R0016637.JPG

R0016626.JPG

R0016636.JPG
GRDII

コサールさんがグルナッシュで作ったワイン。ピノノワールの「ブルゴーニュ・ブドー」は何度も飲んだ事がありますが、さて「南のブドー」やいかに・・・。
酸味のエレガントさ、繊細な香り。抜栓直後は堅さが感じられますが、これは時間をおいておけば大化けするのでは?

この日のワインのお供は、鶏もも肉のブルーチーズソース。絶品です。

タチマチノ月
山口県周南市若宮町1丁目32

2010年4月 2日 (金)

One night in March

R0016632.JPG

R0016620.JPG

R0016613.JPG
GRDII

徳山の街を、ちょっと徘徊した記録。

何かとバタバタした3月もようやく終わり、新年度がスタートしました。さぁ、気持ちも新たに頑張りましょう。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »