2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« ある秋の日のホクト | トップページ | 漢陽寺(周南市・鹿野)にて »

2009年11月16日 (月)

安らかな眠りを

PB152257.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

土曜日は妻が仕事だったので、娘と二人で午前中は音楽教室へ、昼からは鹿野方面へドライブ。
昼食のためにMARUTAに立ち寄り、お店の看板犬のソノちゃんに挨拶しようと思ったら、そこにソノちゃんの姿はなく「10月30日に深い眠りにつきました」とのプレートが…。お店でソノちゃんの事について尋ねたかったものの、適切な言葉が見つからず、お話もそこそこにお店を後にしました。

家に帰って妻にそのことを伝えたら、絶句。翌日の夕方に時間ができたので、妻と一緒にMARUTAにお邪魔して、妻が買った小さな花束をお供えさせていただきました。
お店でソノちゃんのお話を聞かせていただきながら、初めて訪問したおよそ10年前に思いを馳せることしばし。
ソノちゃん、どうぞ安らかに眠って下さいね。

PB142001.JPG

PB152261.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

DSC_4071.JPG
(December 10, 2006) D50  AF Nikkor 35mm F2D

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« ある秋の日のホクト | トップページ | 漢陽寺(周南市・鹿野)にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんか切ないですね。
老衰でだったのかな。
きっと今頃は天国で走り回ってるでしょうね(^^)

>memepiさん
13歳だったそうです。Marutaの方がおっしゃるには、人間だったら90歳以上だったとか…。
自分が面倒を見ていたわけではないけれど、別れはやはり悲しいものですね。
天国で、のんびりと過ごしてもらえたらと思っています(^ ^)。

ソノちゃんの訃報ショックです。
nanamegも昔から両親とちょくちょく
MARUTAへ行ってはソノちゃんを見ていたので。
でも、大きい犬の怖いnanamegは近づけませんでしたが。
安らかに眠ってくださいソノちゃん。

>nanamegさん
MARUTAに行く時は、ソノちゃんに会えることも楽しみの一つだったので、本当に寂しいです。
13歳ということで長生きだったのかもしれませんが、こうした日を迎えるのはやはり辛いですね。
これからは、天国でゆっくりと休んでもらえたらと思います。

はじめてコメントさせていただきます。
MARUTAさんのソノちゃん そうだったんですか・・知りませんでした。

いつもきれいな写真ですね。

>nakamuraさん
コメントをどうもありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。

何も知らないでMARUTAに行き、ソノちゃんが永遠の眠りに就いたことを知った時は、本当にショックでした。天国でゆっくり休んでもらえたらと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/32232302

この記事へのトラックバック一覧です: 安らかな眠りを:

« ある秋の日のホクト | トップページ | 漢陽寺(周南市・鹿野)にて »