2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 大分へ(竹田津、耶馬渓) | トップページ | 24時間リレーマラソン »

2009年9月25日 (金)

裏耶馬渓にて(民宿 渕の上)

P9211098.JPG

P9211045.JPG

P9211088.JPG

P9211044.JPG
後藤又兵衛の墓と、言い伝えられているお墓だそうです。

P9211085.JPG

P9211121.JPG

P9211057.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm & D.ZUIKO40-150mm

20日のお宿は、裏耶馬渓温泉の民宿・渕の上。
予約時に小さな子供連れであることをお伝えしたところ、「それではお子様用の食事を用意しましょう」とお心配りをいただき、ありがとうございました。
夕食は、豊後牛のたたきをメインに、地元の野菜の煮物や天ぷら、大分名物の唐揚げなどをいただきました。
どのお料理も大変美味しかったのですが、ご飯の美味しさが格別!
聞くと、つい先週に稲刈りをしたばかりの新米だそうで、どうりで美味しいわけです。

食事も終わろうという頃、宿のご主人のお孫さん達がこちらに遊びに来られたようで、娘はそちらに気が取られてしまい、結局、5歳の女の子、3歳の男の子、1歳の女の子と遊び始めてしまいました。
挙句の果てには、一緒にお風呂に入ると言い出す始末で、やはり同じ年頃の子ども同士だと心通いあうものがあるのでしょうか。
娘は食事の前に風呂に入っていたのですが、もう一度風呂に入ることとなりました。
(なんでもゴーグルを借りて、風呂に潜ったとか・・・。家では考えられません。)

翌朝には、宿で飼育している鶏の卵をいっしょに取りに行こうという約束をして、ようやく就寝。
前日は遅くまで皆で遊んでいたというのに、それでも翌日はちゃんと起きるのですから、子供ながら大したものです。
一番上の写真が、皆で手をつないで鶏を見に行っているところ。
お互いに名前を呼び合って、ずいぶん前からの友達のように仲良しになりました。

9時30分頃までゆっくりさせていただき、家族皆が名残を惜しみながら宿を後にしました。
館内は清潔で、温泉もとても気持ちがよく、また、機会があれば是非とも再訪したい民宿でした。

民宿 渕の上
〒871-0432
大分県中津市耶馬溪町金吉2205
電話/Fax 0979-56-2511
http://www14.ocn.ne.jp/~futinoue/top.htm

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 大分へ(竹田津、耶馬渓) | トップページ | 24時間リレーマラソン »

家族」カテゴリの記事

コメント

E-P1大活躍ですね!
子供の頃、温泉でよく泳ぎました。で、怒られました(笑)今ではいい思い出です。
旅行に行くと早起きしちゃうのは何故なんでしょうね?カミさんも普段はねぼすけなのに、旅行先ではキチンと起きます。不思議です・・。

>らちあにさん
旅行でのスナップには、E-P1は本当に適していることを実感しました。
マイクロフォーサーズの交換レンズが充実してくれれば、本当に言うことはないですね。

僕も…泳いでいました、温泉では(^ ^)。それが今となっては、泳ぐ子どもに「コラ!」と言う役回り。説得力なんてありゃしない(^ ^;)。

山口県にはない山々ですね。
やはり渓谷って言うだけありますね。
私も1度だけ豊後牛食べたことあるけど、すっごい美味しかった!!
お米も美味しいとのことでぜひ食してみたいです♪

>memepiさん
大分は少し山に入ると、こちらではお目にかからない険しい山並みで、ちょっとした非日常の世界を楽しんできました。
そして、やはり旅行の楽しみはご当地の美味しい料理、あっ、もちろんお酒も(^ ^)。
旅先の料理は行ってみるまで分かりませんが、こちらの素朴な料理は大当たりでしたよ。

耶馬溪とかは渋く大人の楽しみが多いところで、子供には楽しみが見付けにくいところでしたが、お友達もできてよかったですね。
大分は肉も野菜も魚も何でも美味しいし、景色はいいし、温泉いっぱいだし、ほんと良いところですよね。

>ぐっさん。さん
耶馬渓、特に深耶馬渓は紅葉の季節は見ものでしょうね。でも、子供にはちょっと「渋い」かもしれませんね…。
大分県は、大分、別府それに湯布院しか行ったことがなく、こんなに良いところがあるのを知らないなんて、本当にうかつでした。また、のんびりと旅してみたいと思う場所です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/31515879

この記事へのトラックバック一覧です: 裏耶馬渓にて(民宿 渕の上):

« 大分へ(竹田津、耶馬渓) | トップページ | 24時間リレーマラソン »