2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 19日と20日の夕景 | トップページ | 裏耶馬渓にて(民宿 渕の上) »

2009年9月25日 (金)

大分へ(竹田津、耶馬渓)

P9200982.JPG

P9200978.JPG

P9201002.JPG

P9200994.JPG

P9201000.JPG

P9200999.JPG
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

20日は、12時徳山港発のフェリーで国東半島の竹田津港へ。
乗用車が高速道路に流れたせいか、連休でしたけれども混雑はそれほどでもありません。
高速道路の休日割引制度のフェリー会社への影響は、かなり深刻なようですね。

娘はフェリーに乗って、大はしゃぎ。
勢い余って転倒してしまい、あごを軽くすりむきましたがハイテンションは下船するまで続きました。
竹田津からは車での移動でしたが、走り始めてものの10分で娘は夢の中へ。
途中、青の洞門に立ち寄った時には目を覚ましましたが、船中の2時間はしゃぎっぱなしだったことがたたったようで、まだ眠いようでした。
元気があれば、川面の近くまで行って遊びたかったのですけどね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 19日と20日の夕景 | トップページ | 裏耶馬渓にて(民宿 渕の上) »

家族」カテゴリの記事

コメント

青洞門とか耶馬溪とか良いですよね。何年か前に自転車で行きましたが、耶馬溪の鉄道廃線跡のサイクリングロードも気持ちいいコースです。
フェリーではしゃいじゃいますか~ 確かに独特のワクワク感があるので大人でもはしゃいでしまいますね。

>ぐっさん。さん
廃線跡を活用したサイクリングロードは、走っていて気持ちよさそうな道ですね。さすが、この辺りも自転車で走破なさっているのですね。紅葉の季節にのんびりとサイクリングを楽しむことができたら、どんなに素晴らしいことか…。

普段は馴染みのない船に乗ったものですから、はしゃぎ回るのも致し方ないですね(^ ^;)。この日は、風もなく波穏やかで、気持のよい船旅を楽しむことができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/31501862

この記事へのトラックバック一覧です: 大分へ(竹田津、耶馬渓):

« 19日と20日の夕景 | トップページ | 裏耶馬渓にて(民宿 渕の上) »