2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 創作亭28にて | トップページ | 美東SAにて »

2009年8月22日 (土)

吹奏楽コンクール 中国大会  高校の部(前半)(周南市)

R0014815.JPG
GRDII
8月22日の早朝はスコールのような雨が降りましたが、お昼にはすっかりいい天気。雨だと楽器搬入が大変なので、晴れて良かったですね。

中国五県で、毎年持ち回り開催している吹奏楽コンクール中国大会は、今年度は山口県での開催となりました。
僕が高校のときとは異なり、午前と午後でお客さんを総入れ替えするようになっていますので、地元の徳山高校と下松高校が出演する午前の部に行ってきました。

コンクールでいい賞を取ることが最上の価値とは毫も思いませんが、コンクールで結果を残すには大変な努力を重ねてこられた事はまぎれもない事実。
それぞれの県大会を経て中国大会に出場された代表の方々に、その努力に対して敬意を払いたいと思います。
この日のために、何ヶ月にもわたって練習を重ね、休日も返上してこられたことでしょうから、日頃の成果が遺憾なく発揮されるよう、心の中で手を合わせて祈るような気持ちです。

いつもとりとめのない記事ですが、今日はもっとだらだらと、冗長な記事が続きます。
(久しぶりにコンクールの中国大会を聴きに行って、ちょっと興奮気味なので・・・。)

さて、その演奏ですが、さすが各県を代表する高校の皆さん、安心して聴いていられます。
中には飛び抜けて上手な団体もあって、素晴らしいサウンドに聴き惚れてしまいました。一体、どんな練習をしているのでしょう?弱音でも音は痩せることはなく、素晴らしい。

そして、いよいよ徳山高校。
自由曲は、M.アーノルド作曲 管弦楽組曲「第六の幸運をもたらす宿」からの抜粋ですが、難曲をここまでさらうのは大変だった事と思います。
アーノルドらしい馴染みやすい旋律と、豊かな管楽器の響きが心地よい曲ですね。

続いて、下松高校。
以前は全国大会にも出場して、金賞を受賞した事もある団体です。
僕が大学生の時に岩国市で開催された中国大会で下松高校のフーサ作曲 「プラハ1968年」の演奏を聴いたのですが、どうやったらこんな演奏ができるのかと衝撃的でした。(ちなみに、妻はそのときステージでクラリネットを吹いていたのですが、まさかその10年後に結婚するなんて、その時は知る由もありません・・・。)
こうして久しぶりにプログラムにその名前があると、関係者ではないものの胸が熱くなります。
O.レスピーギ作曲 交響詩「ローマの祭り」からチルチェンセスと主顕祭。
冒頭からトランペットが大変な曲ですが、ファースト・トランペットの彼は最後まで緊張感を切らす事なく、ハイトーンも、難しいタンギングも全てパーフェクト!
他の金管パートも、木管パートもよく練習を積んだんだろうなと思わせる丁寧な演奏でした。
最後のクライマックスになだれ込んで行くところなんか、文字どおり手に汗を握りました。
会場では言えませんでしたが、ブラヴォー!です。

さて、いよいよ23日は一般の部があります。
広島県代表の「元祖平成吹奏楽団」の皆さんの熱演を、楽しみにしていますよ。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。


« 創作亭28にて | トップページ | 美東SAにて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ほほ〜、奥様もクラリネットを・・・
mario様、音楽に造形が深すぎて、話がほとんど分からないのに、書き込みしますこと、お許し下さいませ。
中学3年間を吹奏楽に興じました。
打楽器は全般いけます。
当時は、手首が柔らかすぎる、と顧問の先生に色々厳しく指導されたことを覚えております。
コンクールに出ることは、とても緊張することなので、いつもの様に・・とは演奏はいかないのが通例です。
リラックスした状態での演奏をぜひ聞いてみたいと思うんですよ、いつも。
一般の部に至っては、玄人はだしな団体さんばかりでしょうね〜
好きな音楽に時間を費やせる、これは最高の幸せなのではないかな〜と想像してしまいます♪

>ミイ丼さん
全くの自分の記録のつもりで書いたエントリー記事だったのですが、コメントいただき恐縮です。

打楽器が全般的にできるだなんて、凄いですね。
中学から長い間吹奏楽をしていましたが、吹ける楽器はチューバだけです・・・。
ステージ袖で待機しているときには、前の団体の演奏がとても上手に聴こえてくるので、さらに緊張していたように記憶しています。

はじめまして。ついでに申し上げると、徳山高校の指揮者、熊野先生も、下松高校のご出身ですよ。

>ウラリットさん
はじめまして。コメントをどうもありがとうございます。

高校、中学校、小学校で吹奏楽部の指導者として、熊野さんをはじめ下松高校のOBの方々がご活躍されていますね。
コンサートやコンクールで皆さんの姿を拝見できることを、楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/31058546

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽コンクール 中国大会  高校の部(前半)(周南市):

« 創作亭28にて | トップページ | 美東SAにて »