2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

いまひとつ

R0014365.JPG
GRDII

P7250365.JPG
PEN E-P1  M..ZUIKO17mm

先日、ショスタコーヴィチを真剣に聴いたせいか(そんな訳ない)、なんだかどんよりとした気分。
Macの前に座るのが億劫で、自分のブログの更新以外に何もせず。

まぁ、こんな日もたまにはありますね。
今晩は、モーツァルトのクラリネット五重奏でも聴いて、早く寝ます。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月29日 (水)

三代目

R0014442.JPG
GRDII

ついに、GRDも三代目になりました。
レンズ交換式かもとの噂もありましたが、蓋を開けてみればキーコンセプトはそのままのGRD。
こうしたモデルチェンジができるのは、ある意味幸せなことですね。
リコーさんの姿勢に賛意を示すべく「へへ、買っちゃいました」と言えたらいいのですが、E-P1を買った直後ではどうにもなりません。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月28日 (火)

好評でした

P7230333.JPG

P7230334.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO17mm

「Marioさんの机の上にはいつもPenが置いてあるけれど・・・」と職場で声をかけられて、驚きました。
シャッターの具合が悪く、修理もせずにデスクで文鎮と化しているのですが、まさかこのPen D2(我が家には、もう一台元気に活躍中のPen D2もあります)に興味を示す人がいたとは。
「ひょっとして、新しいPENを買った?」と尋ねられたら、えぇ、すぐに現物をお見せしますとも。ちょっと待っていてくださいね。

フォーカススピードやモニターの見え具合を一通り確認して、「いいねぇ」とのこと。
「このパンケーキレンズは、ちょっと暗いって聞いたけど?」と、彼。
いえいえ、F2.8で困ったことは一度もありませんよ。
そりゃ、F1.4とかの明るいレンズは魅力的ですが、それはまた別のお話し。
もし、シャッタースピードを稼ぐことが出来なかったら、感度を上げれば無問題。
ISO400でも随分と画質はいいですよと、E-P1の出来のよさをアピールしておきました。
近々、PEN E-P1ユーザーが誕生?

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月27日 (月)

ハンス・ロット

P7170204.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

すぐに忘れてしまう良くできた頭なので、備忘録として。

7月22日、クライアントから事務所への帰り道の車中、NHK-FMにチューニングすると初めて聴く曲。
一瞬、マーラーの初期の管弦楽曲っぽいか?と思いましたが、マーラーのパッチワークのようなつくりの曲ではありません。
ちょっと苦味があるような、でも基本的には純朴な旋律が印象的ですが、はて誰の曲と思っていてNHKの番組表で確認したら、作曲はハンス・ロットとのこと。
悲しいことに我が家には音楽辞典がないので、Wikipediaで検索したところ、19世紀末のウィーンの作曲家とのことですが、内容については図書館で後日確認するということで。

この日のプログラムは、シューベルトの交響曲第5番、メンデルスゾーンのピアノ協奏曲第1番、それにロットの交響曲第1番。
夭折した作曲家達の管弦楽曲を集めた番組だったのですね。
シューベルトの5番は好きな曲なので聴いてみたかったですが、自分の知らない作曲家に出会えたということで、ロットの曲を聴くことが出来たのは幸運でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

Viva la bicyclette!(フランス語のつもり)

DSC_0156.JPG
(2008 全日本選手権 別府選手の健闘に敬意を表して)

まさか、シャンゼリゼでこれほどまでに手に汗握る展開になるとは!
総合は決まっているし、どうせ(失礼!)スプリンターのステージといった冷めていた最終日だったのに、これほどまでに逃げ集団を応援する日が来るなんて・・・。
やはり、ライブのツールは面白すぎます!
別府選手、新城選手、もちろん参加した全ての選手の健闘を称えて、Viva Le Tour de France!

最後に気になるのは、最終ステージで見せた「ランスのハローワーク」((c)J-Sports)の結果が、来年のツールにどう反映されるかということなのが、何ともはや・・・。
むろん、ランスには来年も頑張って欲しいと思いますよ、ええ(棒読み)。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月26日 (日)

まさか・・・

P7240354.JPG
PEN E-P1  M.ZUIKO17mm

25日(土)の午前中に福岡市内で用があったのですが、予報ではとんでもない降雨とのことだったので、24日(金)のうちに福岡入りすることを決断。
仕事が終わった後に飛び乗るように家族で新幹線に乗車して博多駅を目指していたものの、福岡県内のJRの3カ所の雨量計が1時間あたり50mmを超えたので、小倉で新幹線の運行が取りやめとなってしまいました。
大人だけなら朝まで適当に駅でごろ寝をしていれば済みますが、3歳児を抱えていてはさすがに駅構内で朝を迎える訳にもいきません。
もたもたしていてホテルの空室がなくなっては、文字どおり一家で路頭に迷うので、ここは早めの決断をと小倉駅に隣接するホテルに駆け込み、一部屋を確保。
シャワーを終わってバスルームから出てみれば、「新幹線は運行を再開しました」とニュースでアナウンサーが報じているではありませんか・・・。
まぁ、結果論ですべてを語る訳にはいきませんので、あの時はこれが最良の決断だったということで。

翌日の福岡市内での用には余裕を持って間に合ったので、まぁ、我が家の一夏の思いでということです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

仕掛け絵本

P7180209.JPG

P7180215.JPG

ポップアップ絵本、僕らの世代(?)で言うところの飛び出す絵本は、最近のものは手が込んでいますね。
オズの魔法使いやシンデレラといった有名なお話の絵本もありましたが、娘はこちらの家の絵本に夢中。

そして、片隅にはアラフォー男子の心を直撃する、こんな本も。

P7180222.JPG

P7180223.JPG

P7180225.JPG

展開図は、一体どうなっているのでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月25日 (土)

二重性

P7200310.JPG
PEN E-P1   Topcro 5cm F2

ショスタコーヴィチがとり上げられていた、7月23日のNHK-BShiのプレミアム8「ロシア 心の闇(後編) 亀山郁夫が読む革命の芸術家たち」。
交響曲第5番のフィナーレで何度も登場する「A D E F(#)」が、カルメンのハバネラで「気をつけろ(信じるな)」という合いの手の引用であって、コーダでひたすら続くAが昔のロシア語で「私」という意味があるということと結びつければ、「私は信じてはいない」というメッセージになるということ。
交響曲第5番は、社会主義リアリズムを体現した音楽として、ソ連の体制側からも賞賛された音楽だというのに。
何ともショスタコーヴィチらしいひねくれた、もとい深みのあるメッセージが伝わってきます。

高校生の頃に読んだソロモン・ヴォルコフの「ショスタコーヴィチの証言」という本では、5番のフィナーレは「強制された歓喜」と記されていたように思いますが、この本は偽書ということになっていますけれども、いずれにしてもこのフィナーレは単純な勝利の歓呼という訳ではないという結論に持っていけば、当時のショスタコーヴィチが置かれた困難な立場というものが理解できます。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月24日 (金)

次は手でしょうか

P7180271.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

今まで顔しか描けなかった娘ですが、ようやく足が生えました。
「これ、足よ」と、自慢げに説明してくれます。
胴も手もありませんが、これで人らしい姿に一歩近づきました。
(ちなみに、このモデルは僕とのこと)

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年のツール・ド・フランス

P7110118.JPG
Pen E-P1 M.ZUIKO17mm

ツール終盤の山岳ステージで緑色のジャージが単独で逃げたり(驚!)、山で圧倒的な強さを見せつけた黄色のジャージが、意外と(失礼!)平地でのタイムトライアルでも強かったりと、毎日見ていて飽きる事がない、2009年のツール・ド・フランスです。
モン・ヴァントゥーを前にして、これで総合は決まり?
でも、総合成績の表彰台争いは、最後までもつれそうですね。
シャンゼリゼまで、目が離せないツールです。

ツールをこうして見ていて感じる事は、フランスの田園風景の美しい事。
これは、日本の田園風景の素晴らしさとはまた違った良さがありますね。
ただ、ツールが通過する地方都市の景観をバイクやヘリコプターからの映像を見ていると、うーん、都市というものに対する我彼の考え方の違いというものを嫌というほど見せつけられますね。
いえ、日本が劣るとか、ヨーロッパが素晴らしいとかということではなくて、街並というものに対する考え方の根本的な違いというか、何というか・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月23日 (木)

部分日食

R0014517.JPG
GRDII

日食をGRDIIで撮ってみても、ただの曇り空。
日中は仕事ですので、さすがに望遠レンズをつけた一眼レフを職場に持ち込むのは・・・。
28mmで日食を撮るだなんて笑ってしまうでしょうが、他にカメラを持っていなかったのですからと、言い訳をしたりして。
Flickrに移動して当倍で見たら、中央辺りになんとか三日月のような太陽が確認できるといったレベルです。
こんな具合に・・・。
R0014517.JPG

なぜ、仕事中にGRDIIを持っているのかといった突っ込みは、どうかご容赦のほどを。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月22日 (水)

安らかにお休みください

P7180252.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

若杉弘氏が21日にお亡くなりになったとのことでした。
また一人、大切な音楽家が世を去ってしまいました。

若杉氏の指揮を拝見したのは、大阪国際フェスティバルでの、ミュンヘンフィルとの演奏で、曲はマーラーの交響曲第9番。
フェスティバルホールの静寂の中、チェロとホルンでの曲の開始を息を呑んで聴いていたのが、昨日のことのようです。
若杉氏が指揮をした演奏は、CDでマーラーやブルックナーを主に拝聴していましたが、生演奏はこれが最初で最後となってしまいました。

病気で療養中とは聞いていましたが、まさかこんなに早くお亡くなりになるとは。
謹んで、故人のご冥福をお祈り申し上げます。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

豪雨

R0022656.JPG
GX100

昨日は一日中雨脚が強く、幹線道路も写真のように水が溜まっている場所が何カ所もありました。
僕が住む徳山(周南市)では、幸いに人への損害はありませんでしたが、お隣の防府市では亡くなる人も。
ご冥福をお祈り申し上げます。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月21日 (火)

海の日の記念行事

P7180254.JPG

P7180263.JPG

P7180257.JPG

P7180267.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

海の日の記念行事として、7月18日から21日にかけてイージス艦「ちょうかい」と護衛艦「おおなみ」が徳山に来航。
艦内の一般公開は19日と20日ですが、18日は接岸中の2隻を間近で見る事ができました。
やはり軍艦には、えも言われぬ凄みがありますね。

「このお船は、悪い人が来ないように見張ったり、もしも悪い人が来たらバーンと追い払うんだよ」と言ったら、「泥棒がきたら、バーン、バーンってするの?」と尋ねるのですが、まぁ、国を盗る悪い泥棒と考えればそうかもしれませんけど、3歳児に説明するのはちょっと難しいですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月17日 (金)

Live at BAR

P7160176.JPG

P7160198.JPG
PEN E-P1 Topcor 5cm F2

周南市飯島町のBARでは、定期的にジャズライブがあります。
この日は、ピアノトリオにテナーサックスとトランペットが加わったクインテット。
ジャズライブは大都市では当たり前の光景かもしれませんが、ここ徳山で定期定期にこうしてジャズライブが開催されるのは、意義深いものではないでしょうか。

ジャズなんてよく知らない素人の戯言と聞き流していただきたいのですが、いつにも増してピアノの今村さんがいい味を出していたように思いました。
むろん、サックスの近藤さんとトランペットの小笠原さんの掛け合いは、いつもながらの充実した響き。
安田さんのベースは聴いていて気持ちがいいですし、金本さんのパワフルなドラムもライブならではの醍醐味。
楽しい時間を、どうもありがとうございます。

ライブの後は、メンバーの方とお話をさせていただき、これまた幸せな時間。
その後は、この日がお誕生日だったCandyさんと色々とお話し。
他にもママさんからとてもいいお話を聞く事ができ、楽しい夕べでした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

お帰りなさい

P7160160.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

CCDのホコリ除去のために、東京・銀座に旅立っていたGRDIIですが、修理が完了して無事に山口に帰ってきました。
光学系の交換とのことでしたので、レンズ、CCDともごっそり取替え?
保証期間内だったので、このたびの修理代は無償でした。
今はカメラにはこれ以上の出費はできなかったので、ほっと胸をなでおろしているところです。

それにしても、リコーの対応の素早いこと。
サービスセンターでの対応も迅速、かつ丁寧で、カメラの到着と修理完了時には電話連絡をいただきました。
こうした連絡をもらえると、安心ですね。
リコーさん、ありがとうございました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月16日 (木)

ストラップ

R0022621.JPG

R0022625.JPG
GX100

PEN E-P1にストラップは付属していましたが、胴長の僕にはちょっと短め?
かといって、E-P1のためのオリンパスのホワイトのストラップはあまりにも可憐すぎて、不惑の僕には不釣合いかと思い、IIIfに付けて気に入っているストラップを購入したAcruで、E-P1用にストラップを発注。
なんでも、AcruではE-P1のためにデザインしたストラップを販売しているそうですが、オンラインショップでは見当たりません。
実店舗では販売されているのでしょうけどね。
15日に無事到着し、その質感に改めて感心、満足です。
これで、気軽にE-P1を外に持ち出すことができるようになりました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月15日 (水)

梅雨明け間近

P7140135.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

娘を保育園に送って行くときも、蝉の鳴き声が耳に届くようになりました。
ふと街路の植え込みを見ると、抜け殻が。
この主も、今僕の頭上で、高らかに夏の歌を歌っているのでしょうか。
関東方面は梅雨明けのようですが、山口もしばらくしたら梅雨明けでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月14日 (火)

オレンジカフェにて

P7110104.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

「iAuto」という、全くのカメラ任せモードにて。
フォーカスエリアは、ちゃんと手前の玄米チャーハンになっていたことに、感心。
顔認識をONにしておけば、画面に人が入ってきたらすぐさま顔を認識するし、最近のカメラって凄いですね(これが当たり前?)。

先々週の土曜日に引き続き、先週の土曜日もオレンジカフェへ。
この日は、玄米チャーハンを選択。
サラダも美味しいし、もちもちとした玄米のチャーハンも美味で、満足です。
娘は、取り分けてやったチャーハンをもぐもぐと食べていたので、彼女の好みにも合ったようです。

オレンジカフェ
www.orangecafe-yamaguchi.com
山口県周南市児玉町3丁目7
0834-33-3233

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月13日 (月)

ただいま製作中

P7110114.JPG
PEN E-P1 Topcor 5cm F2

娘の最近お気に入りは折り紙で、自分なりに折り方を考えて、オリジナルを作っているとのこと(本人談)。

R0014470.JPG
GX100

上の写真は、船だそうです。
なるほど・・・、船に見えますね(親ばかの目の錯覚という突っ込みは、どうかご容赦のほどを)。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

ピレネーステージ

R0014499.JPG
GRDII

平日でも、仕事が終わった後にビールを飲みながらツール・ド・フランスをテレビ観戦できるのは、フランスから遠くは慣れた日本だからこそ。
日曜日の12日は、ロードバイク乗りの聖なる(?)峠の一つ、ツール・マレー峠を超えるピレネーステージの文字どおり頂点だったのに、ツール・マレーを超えた後のダウンヒルからは夢の中・・・。
えぇ、えぇ、どうせ飲み過ぎたからですとも。
だって、今日撮った写真を見ながら、ビール、ワイン、それにウィスキーのソーダ割りを飲み、サイクルレースを見るという至福の時を過ごしたのですから、どうしても飲み過ぎてしまうというもの。
ツール・マレー峠を超えたときまでは意識がありましたが、気がついたら先頭の2人はゴール直前・・・。
今日は、100km以上を逃げたブイグのフェドリゴが優勝。
結果として、展開は変わらなかったものの、何だか寂しい夜になってしまいました。
でも、お酒を十分に堪能できたので、飲み助としては満足な夜でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月10日 (金)

オレンジカフェにて

R0022592.JPG

R0022588.JPG
GX100

先週の土曜日は、久しぶりに妻と二人で昼食。
この日は、ベーコンのキッシュを食べましたが、ここのキッシュはやはり美味しいですね。
冷えたロゼか白ワインと一緒だと、より美味しくいただけるとは思いましたが、この日の夕方には保育園でのテント設置等の作業があったので、我慢です。
今の僕にはこのくらいの量がちょうどよく、我ながら随分と食は細くなったものだと思いますね。
娘がいたら、ななかな妻とゆっくりと話ができないので、たまにはこうした時間があるといいものです。

オレンジカフェ
www.orangecafe-yamaguchi.com
山口県周南市児玉町3丁目7
0834-33-3233

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 9日 (木)

ジェネレーションギャップ?

P7060073.JPG

P7060075.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8

何が楽しいのか分かりませんが、この日もやたらハイテンションな娘。
まずは、この布製のキューブでキャッチボールを延々と。
キャッチボールに飽きたら、キューブに足を突っ込んで、ダンス、ダンス、ダンス・・・。

40歳のおじさんは3歳児の楽しみを理解しがたいのですが、3歳児も40歳のおじさんの楽しみを理解するのは難しいかも。
自転車に乗ってゼェゼェいいながら坂を上ったり、カメラを何台も買って上手くもない写真を沢山撮ったり、ビールやワインを飲んで酔っ払うのは、何が楽しいの?と言われても・・・。
お互いに、少しずつ理解を深められたらと思うこの頃です。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 8日 (水)

クローバー

R0014494.JPG

R0014492.JPG
GRDII

妻の実家の裏の畑への道を歩いていたら、四葉のクローバーがいっぱい。
1つ見つけると、他にもすぐ見つかるとは聞いていましたが、これほど沢山の四葉クローバーを見たのは初めて。

2枚目は画像処理をしたわけではなく、ただの露出不適正とピンボケです。
E-P1のアートフィルターの、白昼夢(デイドリーム)っぽい?

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 7日 (火)

新城選手と別府選手、大活躍

第2ステージでは新城(あらしろ)選手が5位、第3ステージでは別府選手が8位と、大健闘でした。
リザルトに日の丸を見る日がこんなに早く来るとは・・・。
最後のゴールスプリントに絡めるのは、チームメイトがそこまでサポートしてくれたおかげでしょうから、両選手へのチームからの信頼の高さもうかがい知ることが出来ますね。
まだレースは始まったばかりですので、これからのステージでも存分に実力を発揮してもらいたいものです。
それにしても、カヴェンデッシュは強い・・・。

P7060061.JPG
PEN E-P1 Topcor 5cm F2

アートフィルターのポップアートを試してみました。
ずいぶんと、思い切った画像処理をしていますね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

E-P1のアダプターを入手

R0022606.JPG

R0022607.JPG
GX100

注文したカメラ店からの音沙汰がないので、マイクロフォーサーズのアダプターは当分先のことかと思っていたら、6日に到着との連絡。
さっそくキタムラに立ち寄り、フォクトレンダー(by コシナ)のレンズを付けてみたところ、アダプターもコシナのフォクトレンダーブランドなので当たり前の事かもしれませんが、全く違和感のないことといったら!
E-P1のブラックモデルが出たら、恐ろしいくらいに似合いそうです。

Ultron28mmF1.9だと、35mm換算56mmですから、ちょっと狭角の標準レンズといったところでしょうか。
E-P1のモニターは23万画素と、最新のカメラとしてはスペックが貧相なのではと批判を浴びているところですが、ピントの山は意外と分かりやすいです。
もっとも、ピント精度を追い込もうと思ったらナニではありますが、思いのほか実用的な見え方で、いい意味で期待を裏切られた結果でした。
マニュアルフォーカスの使い勝手の向上についてはファームウェアのバージョンアップで対応ができればよいのですが、ちょっと難しいか?

ちょっと残念な結果になってしまったのが、ズマロン35mm F3.5。
無限遠ストッパーが干渉するので、マウントにセットする時はストッパーから外していないと使えないのでは、いまひとつ・・・。
でも、50年以上前のレンズが最新式のデジタルカメラで使えるだけでも、大いに歓迎すべき事とは思いますけどね。

トプコール5cmF2は、無問題。
明るめの中望遠レンズとして、活躍してくれるでしょうか。
モノクロームでの撮影が楽しみ。

35mmF1.7のUltronについては70mmのポートレートレンズと考えれば随分とコンパクトなので、E-P1と一緒に持ち歩いても苦になりませんね。

他のレンズについては、またおいおいと。

撮った写真は・・・、またの機会ということで。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 6日 (月)

アートフィルター

P7050037.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8 ライトトーン

P7050031.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8 ファンタジックフォーカス

P7050035.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO 17mm F2.8 ラフモノクローム

オリンパスのデジタルカメラで面白そうだなと思っていた機能が、アートフィルター。
E-30やE-620に興味があっても、さすがにこの機能のためだけに新しいマウントに手を出すのはいかがかと思い、傍観していました。
なんて言いながら、マイクロフォーサーズに手を出すのですから、いい加減なものですね。

マイクロフォーサーズ導入の動機の一つが、LマウントやMマウントレンズで遊べること。
財務大臣には「手持ちのレンズが無駄にならない、画期的な小さなカメラ」ということでE-P1の購入を裁可してもらったので、注文しているアダプターが一日も早く入荷され、LマウントやMマウントレンズで撮った写真を家族に見てもらいたいと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

見返り3歳児

P7050038.JPG
PEN E-P1 M.ZUIKO DIGITAL 17mmF2.8

M.ZUIKOといっても、Mはレンズの枚数を表している訳ではなく、マイクロフォーサーズのMのようですね。
余談はさておき、今日は気になっていたアートフィルターの、ファンタジック・フォーカスを試してみました。
処理にちょっと時間がかかるものの、十分実用的。
カメラ側でパラメーターをいじることができると面白いかもしれませんが、それはRAWにまかせて、カメラでは固定にしておく方が処理も軽くていいのでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 5日 (日)

PEN E-P1、到着

R0022580.JPG
GX100

オリンパス PEN E-P1が、7月4日に我が家に到着しました。
色白の可愛いカメラですが、不惑のオジさんにはちょっと不釣り合い?
今時の写真女子や森ガールだったらお似合いだったでしょうが、僕が持っている様子は傍から見たらちょっと「イタイ」かもしれませんね。
でも、今更シルバーに変える訳にもいきませんので、末永く愛用したいと思います。

あえてこの形にこだわって世に出したのは、それなりに意味があったことと思います。
EVFを本体に内蔵して、このフォルムを壊してしまわなかったのは正解だったと思いますが、外付けの余地は残しておいて欲しかった気も・・・。
まっ、大した事ではありませんけどね。

R0022571.JPG

オリンパスさんがこだわった「段差」。

R0022568.JPG

初代PENからの正当な継承者である事の主張。

R0022578.JPG

セレクターのこのダイヤルは・・・、

R0022582.JPG

上の写真のように、PENのワインディングノブを意識したものでしょうか。
位置と形状は相当違いますが・・・。

これで、シャッターボタンが長方形だったらある意味あっぱれでしたが、さすがに無難な形でしたね。

(カメラに疎い)妻をして「これ、フィルムカメラ?」と言わしめたのは、そこここに漂うPENの雰囲気のせいでしょうか?
オリンパスの思惑の一つと思われるPENを知っている層の取り込みについては、ある程度成功したのかもと思わせる一言でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 4日 (土)

視聴契約

266059642899099655290.jpg
August 28,2005 at Suzuka Circuit
自分が写っているレース中の写真はほとんどないので、いつもの写真を使いまわし。

我が娘が、自転車ロードレースに興味を持っていることに気づいた自転車バカの親バカは、早速ケーブルテレビ局にJ Sportsを見ることが出来るよう電話をして、契約の手続きを完了。
第1、第2ステージは見ることはできませんが、7月6日からはツール三昧の日々です。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 3日 (金)

今日が発売日

R0014374.JPG
オリンパス PEN E-P1カタログより

そういえば、今日が発売日でしたねと、他人事のように言ってみたりして。
近所のキタムラで手に取ってみましたが、いい感触のカメラでしたね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

ポニョ、入手

R0014353.JPG

R0014405.JPG
GRDII

「崖の上のポニョ」のDVDをローソンで予約していましたが、昨日、娘と一緒に受取店に赴き、無事に入手してさっそく鑑賞会。

ポニョの可愛さに心奪われた様子で、彼女なりに楽しめたようでした。
ただ、フジモトという登場人物は娘には相当不気味に映ったようで、「怖い、怖い」と半泣き状態。
そのたびに、娘に「大丈夫だよ」と声をかけなければならなかったので、映画館でポニョを見ていたら周りに相当ご迷惑をおかけしたと思います。
DVDでの鑑賞は正解でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 2日 (木)

2009年のグラン・デパールは7月4日、モナコ

DSC_0156.JPG
D50 AF Zoom-Nikkor 70-300mm F4-5.6G
2008 全日本自転車ロードレース選手権大会(広島)にて

遅ればせながら、Skil-Shimanoの別府史之(べっぷふみゆき)選手、ツール・ド・フランスの出場、おめでとうございます。
今年は、新城(あらしろ)選手と別府選手の2人の日本人が走るので、ツールの公式ホームページでもそのことが紹介されていました。
お二人をはじめ、選手皆さんのご健闘をお祈りします。

と、すっかり自転車モード(ただしレース鑑賞に限る)の僕ですが、我が家にも一緒に自転車ロードレースを見る人が・・・。
3歳児の娘と一緒に、自転車雑誌の付録のツアー・オブ・ジャパンのDVDを見ていて、この人が総合首位の選手だよと説明していたら、「みどり、がんばれー」と総合首位の選手を応援。
意外と食いつきがいいので、録画していた過去のツールの映像を見せてみたら「きいろ、がんばれー」とこれまた、総合首位の選手を応援。
まぁ、分かりやすい選手を応援しているだけなのでしょうが、これほど自転車ロードレースに興味を示すとは、予想外でした。
これは、今年はツールを家で見られるようにしなさいということか・・・、と自分勝手に妄想中。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2009年7月 1日 (水)

繁忙期終了

R0014333.JPG
GRDII

6月28日から30日までは、大変忙しくて、ほとんど寝る時間がなかったものですから、昨日は久しぶりにゆっくり寝ることが出来ました。
「エルズ・ディッチにでも行って、気分転換してきたら?」と妻から声をかけてもらいましたが、飲みに行ったら酔って寝てしまいそうだったので、30日は大人しく家飲み。
今月末は家族にも迷惑をかけましたが、どうにか月末繁忙期をは終了。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »