2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 保育園からの帰宅前 | トップページ | 二度目のダウン »

2009年1月20日 (火)

釣りバカ日誌18

FH000027
IIIf  Elmar 5cm F3.5

昨日テレビで放送された「釣りバカ日誌18」は、岡山県が舞台でした。
牛窓(瀬戸内市)や王子ヶ岳(玉野市)から唐琴(倉敷市児島)に続く海岸、下津井(倉敷市児島)などなじみのある場所が次々に画面に登場するので、とても懐かしかったです。
子供の頃は、この映画のロケ地のような島が浮かんだ海しか見たことがなかったので、小学生になって高知に行き、初めて太平洋を見たときは感動しました。
だって、島がなくて、水平線が見えるのですから。

もう、すっかり岡山弁とは縁遠い生活が長くなったので、役者さんが喋る岡山弁を聞いても、岡山弁ってこんな感じだったっけと思い出すのも一苦労。
小さい頃は自分達が話す言葉は標準語と変わらないと思っていましたが、こうして他人がしゃべっている岡山弁を聞くと、とてもとても・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 保育園からの帰宅前 | トップページ | 二度目のダウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「釣りバカ日誌18」昨夜観ました(゚▽゚*)
いい海でしたね~
開発が白紙になってホッとしましたよ(笑)
岡山弁ってあんな感じ?
幼少の頃に近所に岡山から引っ越してきた子は
ほぼ関西弁だったんで・・・。

先程録画したのを見ましたよ。
瀬戸大橋が、いい感じで映し出されて
ましたね。
大橋開通直前からの岡山ファンの一人です。
(広島の次かな)
印象は、関西に近いですよね。

>memepiさん
あげーな喋り方をする人はおりゃーせんと思う反面、ぼっけー違うとるかといえばそんなこともないし、まぁ、あねーなもんかもしれません。
・・・とまぁ、岡山弁から遠ざかること20年以上経っているので、僕の使う岡山弁のほうが不自然ですね。

開発が白紙に戻るストーリーは、松竹が誇る国民的映画ならではの予定調和ということでしょうか(^ ^)。
そうそう、岡山で「早うしねーやー」と言われても、ショックを受けないでくださいね。
相手は、ただ単に「早くしなさいよー」と言っているだけですから・・・。

>久米組さん
岡山ファンとのこと、元県民として御礼申し上げます(^ ^)。
こちらに来て光の海岸に初めて泳ぎに行ったときは、砂浜の美しいことに驚きました。
おなじ瀬戸内といっても、随分と違うものだと感心したことを覚えています。

岡山も、東の方(備前)は関西圏の影響が強いようですね。
僕がいた倉敷(備中)とは、言葉も少し違うようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/27310006

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りバカ日誌18:

« 保育園からの帰宅前 | トップページ | 二度目のダウン »