2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 亀山への道すがら | トップページ | 柿の木 »

2008年11月16日 (日)

我が家の定番料理

DSC_2067.JPG

DSC_2071.JPG
D50

パエリア(もどき)は手っ取り早く作ることができるので、重宝しています。
そろそろパエリア鍋を買ってもいいかなと思いますが、それ以外に使い道がない調理器具というのもいかがなものかということで、いまだにすき焼き鍋で代用しています。

本日の具材
えび(4尾)
あさり(12個)
いか(2ハイ)
鶏もも肉(100g)
ケチャップ(適量)、白ワイン(50cc)、米(1.5カップ)、湯(150cc)、固形スープ(1個)、サフラン(適宜)、パセリみじん切り(適宜)、ニンニク(1かけ)、タマネギみじん切り(1/2個)、小さめのトマト(2個)

本当はトマトソースを使いたいところですが、時間がなかったのでケチャップで代用。
娘も一緒に食べるので、唐辛子は入れていません。

1.オリーブオイル適量を鍋にひき、タマネギみじん切り、ニンニクみじん切りを炒め、一口大に切った鶏もも肉を合わせて炒める。
2.鶏肉が白くなったらサフランを加えてさらに炒める。
3.味と見栄えがいいので、今日は有頭エビを使用。イカは皮をむいて、輪切り。
4. ムール貝は入手不能だったので、アサリを代用品とする。
5.タマネギや鶏肉が少し黄色に染まってきたら、米を投入。
6.米を軽く炒めて、ケチャップ、固形スープを溶いた湯、白ワインを投入し、塩で味を整える。沸騰してきたら、エビ、あさりを鍋に並べ、蓋をする。
7.以上の行程は強火で。蓋をして5分間は強火、その後15分間は弱火で煮込む。もっとも、まだ水っぽいようだったら弱火のまま様子を見る事とし、水分がなくなっているようだったら水、白ワインを少量加えて様子を見る。
8.火を止める。櫛形に切ったトマトを鍋に並べ、そのまましばらく蒸らす。
9.みじん切りパセリをちらして完成。

いい加減な作り方でも、具材の力でそれなりの味になるのが、この料理の偉いところ。

ワインはロゼが抜群の相性なのでしょうが、今日はドメーヌ・モームのACブルゴーニュ。
日常飲みするには勿体ないくらいの、素晴らしいワイン。
やはりACブルゴーニュであっても、ブルゴーニュのピノには他の生産地にはない色気があって、いいですね。

DSC_2059.JPG

余ったアサリを、ワイン蒸しに。
熱した鍋にアサリを投入し、ワインを少量、オリーブオイルをほんのひと差しするだけですが、手っ取り早く酒の肴になるので言うことなし。

DSC_2082.JPG

娘もご機嫌に、完食。
最近は、以前ほど好き嫌いを言わなくなったので、ありがたいです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 亀山への道すがら | トップページ | 柿の木 »

ワイン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うまそーっす!(^_^)
酒蒸し、ワイン蒸しは手軽に出来る割に美味ですよね。大好物です。

>らちあにさん
一品足りないなと思ったときには、これが本当に便利ですね。
スーパーで安くなっているアサリを見つけたら、酒蒸しの日になってしまいます。(^ ^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/25353317

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の定番料理:

« 亀山への道すがら | トップページ | 柿の木 »