2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

Just arrived!

R0021234.JPG

R0021230.JPG

R0021233.JPG
GX100

ようやく、e-bayで落札したブツが到着。
折からの円高もあって、随分とお安く入手ができました。
心配していた状態も、レンズ曇りはなさそうですし、目立つ拭き傷もありません。
オークションや通信販売は現物を手に取ることができないリスクはありますが、何かあっても諦められる程度の額の買い物しかしないようにすれば、ダメージはそれなりに抑えられる事ができます。

明日の朝は、試写のため散歩にでかけるとしますか。
Topcor 5cm F2との比較が楽しみです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

夕暮れ時

FH000026.JPG

FH000021.JPG
IIIf  Topcor 5cm F2

昨日郵便受けに宅配の配達票が入っていたので、e-bayで買ったブツがはるばる海を越えてようやく到着したかと、ボックスを確認したところ荷物は妻あて・・・。
セラーからのメールでは発送済みとのことでしたので、気長に待つとしますか。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月30日 (木)

Live at BAR

img305.jpg

img296.jpg

img297.jpg

img302.jpg

img303.jpg

img298.jpg

img314.jpg
IIIf  Topcor 5cm F2

ようやく先日のライブのモノクロフィルムのスキャンを完了。
オートでのコマの切り出しがうまくいかないので、手で1枚ずつスキャン範囲を設定しましたが、慣れないこともあってサイズがバラバラ。
早く専用スキャナを導入したいと思いますが、諸般の事情でなかなか・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月29日 (水)

奇遇

DSC_2025.JPG

DSC_2030.JPG
D50  Ai AF Nikkor 35mm F2D

ここのところ朝夕は肌寒くなってきたということもあって、先週の金曜日はこの秋初の鍋でした。
お鍋にはこちらとすむらさんにお勧めいただいたビネールとともに、肉団子鍋に舌鼓。
「OOの秋」のOの文字は、やはり僕は「食欲」となってしまうようです。

先日、すむらさんとの電話で、
「そういえば、以前のブログの動画をIさんがご覧になって、『おー、知っとる奴らばかりじゃないか』とおっしゃっていましたよ。」
あのー、ここに映っている方々は僕ともう一人を除けば先輩ばかりなのですが・・・。
その先輩方をつかまえて、「奴」とおっしゃるということは・・・。
帰宅して大学の吹奏楽団の50周年の冊子を恐る恐る確認してみると、そのお方の名前はありました。
今度お会いする機会がこわ・・・、もとい、大変楽しみです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月28日 (火)

SoupFULLさんへ

R0021169.JPG

R0021154.JPG
GX100

日曜日は山口市に出かけたので、お昼ごはんはSoupFULLさんの「赤チキン」(娘と取り分けるので甘口)を堪能しました。
子供用にカラフルで可愛らしいお皿とカトラリーをご用意いただき、お昼時のお忙しいときに、お手間をおかけして申し訳ありませんでした。
娘はスープカレーが初めてだったのでちょっと心配だったのですが、実に美味しそうに取り分けたカレーを完食。
特に、柔らかく煮込まれたチキンが気に入ったようで、およそ半分ほどを食べたでしょうか。
こちらのカレーは甘口でしたら2歳児でも全く問題なく食べられますので、親子連れでも安心ですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月27日 (月)

山口アーツ&クラフツ2008

R0021198.JPG

R0021175.JPG

R0021176.JPG
GX100

26日の山口アーツ&クラフツは小雨模様でしたが、会場には大勢の来場者。
芝生が大好きな娘は、会場内の芝生を走りまわって、ご満悦でした。
一通り会場内を見たら、「ひとりでかえる!とおとはあっちに行って!」・・・。
ああ、そうですかと言うわけにもいかないので、後をつけたら「そこにいて!」とのご指示。
芝生内は安全とはいえ、出展者の方々にご迷惑をおかけするわけにはいかないので、適当なところで抱っこして退場。
来年は、もう少し違う楽しみ方をしてくれたらと思いますが、果たしてどうなることやら。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月24日 (金)

柿食えば・・・

R0020902.JPG
GX100
これからお出かけなので、とてもご機嫌です。

R0020931.JPG
あぜ道を歩いて・・・。

R0020943.JPG
「とおとといっしょに、ハサミでかきをとりました。」

R0020950.JPG
「とったどー!」
GX100

娘の後ろのおじさんは随分と太ったねという指摘は、どうかなしの方向で・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月23日 (木)

アンパンマンショー

DSC_1811.JPG
D50

R0020581.JPG
GX100

先週の事になりましたが、KRY秋祭りに家族で行ってきました。
アンパンマンショーがお目当てなので、休日の我が家にしては早い起床で会場にやってきましたが、皆さんはそれ以上に早起きをされたようで・・・。
ショーの後はアンパンマン達との記念撮影。
自分が子供の頃を考えたら、こんな「ショー」に行く機会なんてありませんでしたから、今の子供っていいですねー。

その後は、会場内を散策。
普段はテレビでお顔をお見受けするだけのアナウンサーの方々のご尊顔を拝する事ができて、家族一同大喜び。
脇田さんや向田さんは、テレビより実物の方が綺麗だと、妻が力説していました。
(むろん、他の方々も言わずもがなです・・・。)
平日の夕方は仕事なので僕はKRYの番組を見る事ができず、皆さんのご活躍を目の当たりにする事ができないのは本当に残念です。
それにしても、地元にテレビ局があるなんていいですね・・・。

R0020584.JPG

アナウンサーの方々のお顔をお出しするのは、色々と問題があるでしょうが、後ろ姿ならお許しいただけますでしょうか?
皆さん、本当に楽しいひとときをありがとうございました.

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月22日 (水)

練習中・・・

FH000029.JPG

FH000007.JPG

FH000003.JPG
IIIf  Topcor 5cm F2

昔、父親から、写真は逆光で撮ったらダメだと言われた記憶があります。
それは、昔のレンズだと1枚目のようなことになってしまうからなんですね。
直接太陽光を入れないようにしたつもりでしたが、ダメでした・・・。
昔のレンズのお作法を、少しずつ習得しているところです。
少々逆光でもちゃんと写る最近のレンズって、実は大変な技術の積み重ねの上に成り立っているんですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月21日 (火)

児玉公園にて

DSC_1987.JPG
D50  Ai AF Nikkor 35mm F2D

「なにやってるんですかー」と言いながら、最近のお気に入り(?)のポーズ。
不知火型の土俵入り・・・。

R0021040.JPG
GX100

飽きることなく、何回も、何回も、日が暮れるまで・・・。

児玉公園は、児玉源太郎を祀る児玉神社の隣りの小さな公園ですが、広場は芝生で気持ちのいい公園です。
そういえば、「坂の上の雲」がNHKで来年の秋放送予定ですね。
児玉源太郎は高橋英樹さんが演じられるとか。
放送が楽しみです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月20日 (月)

城ヶ丘公園にて

R0020976.JPG
GX100

DSC_1884.JPG
D50  Ai AF Nikkor 35mm F2D

R0020989.JPG
GX100

日曜日は、おにぎりとちょっとしたおかずを持って徳山東IC近くの城ヶ丘公園へ。
陽が差すところは暑いくらいですが、何かの陰に入ると、とても気持ちのいいこと!
娘は、最近彼女の「つぼ」となっているらしい踊りを披露し、ご機嫌至極。

桜の葉が、少しずつ色づき始めました。
紅葉の時期も近いようですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

続きを読む "城ヶ丘公園にて" »

2008年10月17日 (金)

Live at BAR

R0020843

R0020854
GX100

16日は、BARでのライブ。
この日はかぶりつき席で、臨場感は満点です。
前回のライブもそうでしたが、皆さんの熱い演奏に酔いしれました。
そして、いつもどおりお酒にも酔いましたが・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月16日 (木)

タチマチノ月

R0020788.JPG

R0020792.JPG

R0020781.JPG

R0020789.JPG
GX100

西京銀行本店のすぐ近くにあるお店。
手頃な値段のグラスワインが充実していて、この日はフランス、オーストラリア、スペインとバラエティに富んだワインをいただきました。
もちろん、マスターがセレクトした立派なお値段のワインもありますから、お財布に余裕があるとおっしゃる羨ましいお方も、十分に楽しい時間を過ごすことができると思います。
自然派のワインにも造詣が深い方で、ワインについての楽しい話をしているとついつい長居してしまいます。

料理も充実していて、黒板に書かれたメニューを見ては、今日は何を食べようかと悩むのも楽しいひと時です。
この日いただいた自家製ピクルスは、よく冷えたさっぱりめの白ワインといい相性でした。
チーズの盛り合わせにも一工夫あって、初めての方はちょっと驚くかも。
上の写真を見ていただければ、ヒントはありますよ。

タチマチノ月
周南市若宮町1丁目32
0834-22-3922

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月15日 (水)

大満足

FH000021.JPG
IIIf  Ultron 28mm F1.9

フォクトレンダー(by Cosina)の50mmファインダーを入手しましたが、これが笑ってしまうくらいよく見えます。
小さなファインダーを覗いてこそのIIIfなのかもしれませんが、一度このファインダーを覗いてしまった後は、本体のファインダー像の小ささが気になって・・・。
ファイダーの見え方自体はLeitzのSBOOIとは比べるべくもないのかもしれませんが、ご本家の数分の一の出費で済んだのですから文句は言いますまい。
せっかく距離計とビューファインダーが隣接しているIIIfなのに50mmの外部ファインダーを使うのはどうかとも思いますが、よほどのことがない限り付けっぱなしとなりそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

いつもの朝の光景

R0020442.JPG

R0020441.JPG
GX100

保育園への登園の車中で信号待ち、娘を撮ろうとカメラを向けると、娘はにやり・・・。
その顔はレンズを触ってやろうということぐらい、こちらはすでにお見通しです。

10月になると、朝の光の角度が浅くなりました。
紅葉の時期も近いようですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月14日 (火)

10月13日、夕景

R0020737.JPG

R0020719.JPG

R0020701.JPG

R0020759.JPG

R0020771.JPG
GX100

DSC_1852.JPG
D50 AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm

周南の夕景となると、街に隣接する工場群も欠かせないかなと思ってうろうろとしていたら、日没の時刻が迫ってきました。
今日は笠戸島で夕陽を撮ろうと思っていましたが、間に合いそうにないので予定を変更し、市内のマリーナの近くに車を止めて、大急ぎで数枚。
計画性のなさが災いし、夕陽を撮ることは結局かなわず・・・。

こうして3日も続けて夕陽・夕景の写真を撮ろうと思ったことはなかったし、皆さんの素敵な写真を沢山拝見することができ、貴重な機会を設けていただいたhisaさんに感謝しています。
ありがとうございました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月13日 (月)

10月12日、夕景

R0020616.JPG
GX100

DSC_1841.JPG

DSC_1837.JPG
D50 Nikkor Ai45mm F2.8P

今日こそはと、D50やフィルムカメラにどのレンズを付けようかと色々と考え、準備万端整っていたのですが、娘の昼寝が夕方近くまでになってしまったので、夕方に買い物に出かける事となり・・・。
うーん、なかなか夕日を撮りに出かける事ができません。
今日は雲が綺麗だっただけに、残念です。
ということで、家の中やら近所で撮った夕方の景色。
13日こそは・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月12日 (日)

10月11日、夕景

DSC_1795.JPG

DSC_1750.JPG

DSC_1711.JPG

DSC_1736.JPG

DSC_1769.JPG
D50 Nikkor 35mm F2D

昨日は夕方まで近所の公園で家族で遊んでいたので、夕日を撮りに行く事は叶いませんでした。
ということで、夕日・夕景とは関係ない写真もありますが、11日の写真は夕方の公園での写真ということで・・・。
今日も晴れいてるので、綺麗な夕焼けが見られそうですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月11日 (土)

無問題

FH000019.JPG

FH000013.JPG

FH000014.JPG
Leica IIIf  Topcor 5cm  F2

IIIfの試写の結果、特に問題となるような事はなく、ほっと一安心。
撮る人のセンスが問題というのは、触れない方向で・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

フルサイズ機導入・・・

R0020492.JPG

R0020491.JPG

R0020517.JPG
GX100

デジタル一眼レフの世界はフルサイズ機が勢ぞろいしましたが、どれもこれも高嶺の花。
おいそれと手を出せません。
どうしてもフルサイズで撮りたいということになればフィルムで撮ればいいわけで、この3連休に間に合わすべく準備をしました。
いつもお世話になっているカメランドさんで、動作は至って快調なIIIf(3f)を、外観に傷があるという理由で随分と安く譲っていただきました。
シリアルナンバーは599***なので、1951年から52年にかけて製造されたもののようです。
電子化される前のカメラは、随分と製品寿命が長いものなんですね。
そういえば、車やこうした高額カメラは「耐久消費財」と呼ばれていた時もありましたっけ。

なにはともあれ、うちのLマウントレンズたちも、IIIfの仲間入りをきっと喜んでいることと思います。
太陽に向けてシャッター幕を痛めないように気をつけながら、この週末の夕陽・夕景をフィルムに収めてみようと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月10日 (金)

練習中

R0020460.JPG
GX100
何をしているのかと思えば、

R0020457.JPG
大橋のぞみちゃんと一緒に「崖の上のポニョ」の歌と踊りを練習中。

R0020459.JPG
そうこうしていると、妻もビデオで練習風景を撮影開始。

この夜は「ポーニョポニョポニョ魚の子」と何度も繰り返し歌い、踊っていましたが、さすがに10回目を過ぎると大人は飽きてしまいました・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 9日 (木)

またまた、コスモス

DSC_1649.JPG

DSC_1615.JPG

DSC_1678.JPG

DSC_1652.JPG
D50 SIGMA MACRO 50mm

下松方面での仕事があったので、お昼休みに下松運動公園へ。
この日は、キャノンのデジタル一眼レフを持った若い女性の方が写真を撮っていらっしゃいました。
ひたむきに写真をとっている姿が、とても格好良かったです。
(僕の姿がどのように見えているかについては、触れない方向で・・・。)

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 8日 (水)

コスモス

DSC_1585.JPG

DSC_1592.JPG

DSC_1571.JPG

DSC_1597.JPG

DSC_1606.JPG
D50 SIGMA MACRO 50mm

下松の運動公園の一角にコスモス畑があります。
50mmマクロを入手しても一度も使っていなかったので、初めてのマクロレンズに挑戦。
最近のデジタル一眼レフにはライブビュー機能がありますが、こういったときに威力を発揮するんですね。
D50の小さなファインダーでは、少々ピント合わせに苦労しました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 7日 (火)

のんた祭り

R0020280.JPG

R0020276.JPG

R0020183.JPG
GX100

5日は朝から車で外出していたので、家に戻らず臨時駐車場となっていた徳山小学校に駐車し、のんた祭りに出かけました。
娘は、お祭り会場よりも小学校の校庭の方が気に入った様子で、運動場を走り回ったり、どんぐりを拾ったりして大喜び。
走り回る子供相手だとオートフォーカスが追いつかないので、GX100をマニュアルフォーカスで2mくらいにセットし、後は娘との間合いを計ってシャッターを押すことに専念します。
じっと立ち止まれば、オートフォーカスモードに戻します。
ファンクションボタンにAF/MF切り替えを割り当てていますから、ワンタッチで簡単。
これなら、一眼レフほどオートフォーカスが早くないこのカメラでも、走り回る子供を撮ることは(ある程度は)可能になります。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 6日 (月)

運動会

DSC_1479.JPG

DSC_1385.JPG
D50

日曜日は娘が通う保育園の運動会。
この日は雨が心配でしたが、開始を30分早め、プログラムを大幅に変更して目玉となる演目は全て披露することができました。

今年の娘は、入場行進から、かけっこ、ダンスまで泣き出すことなく終えることが出来ました。
去年から随分と成長したそんな娘の姿に、家族のほうが感涙?

DSC_7597.JPG
(昨年の様子)
今にも泣き出しそうな顔で、先生に手を引かれながらの入場行進。
スタイもしていたとは・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

分析結果

R0020397
GX100

いわゆる事故米を原料の一部に使ったとされる酒類についての分析結果が公表され、問題となるような農薬は検出されなかったとのことでした。
一部メーカーは分析結果が出る前に新聞広告を掲載したり、自主的に対象商品の回収をすすめたりと、思わぬ出費が重い負担となっていたと思いますが、これで少しは落ち着きを見せてくれるといいのですが。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 4日 (土)

運転中(だそうです)

DSC_1302.JPG

DSC_1305.JPG
D50

人形やらボールを並べ始めたので何をするのだろうと見ていたら、「ぶー、ぶー」。
「とおとも、乗ってくださーい」とのことでしたので、乗車させていただきました。
娘の脳内ドライビングシミュレーターでは、どこを走っているのでしょうか・・・。

DSC_1301.JPG

ハンドルから手を離してバイバイしなくてもいいので、運転に集中してくださいね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 3日 (金)

子供の頃から変わっていません

R0020125

R0020129
GX100

Lapita10月号、付録は万年筆!
小学館の「小学O年生」という雑誌を買ったら、まずは付録の袋をびりびりと破っていた子供は、その後うん十年たっても同じ行動をとっていました・・・。

通常は700円ですが10月号は980円ですから、万年筆のお代は280円なり。
小ぶりではありますが、このお値段で万年筆が手に入ると考えればとてもお得なのではないでしょうか。
しかし、(小学館の方には大変申し訳ないのですが)本誌はあまり読まないので、実質的には980円の万年筆を手に入れたようなもの・・・。
それでも、インクはスムーズに出るし(当たり前?)、見た目もそんなに安っぽくありませんから個人的には満足しています。

今までのLapitaのおまけの万年筆と記念撮影をしようと思いましたが、なぜかこの「ミニ檸檬」しか引き出しに入っていませんでした。
整理整頓が苦手なことも、うん十年たっても変わっていません。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 2日 (木)

キーホルダー

DSC_1322.JPG
D50

R0020120
GX100

先日、書店で買い物をしていたらキーホルダーから車の鍵が抜け落ちてしまい、あわや紛失かと冷や汗ものでした。
この時は無事に見つかったものの、簡単にホルダーから鍵が外れてしまうようでは困るので、帰宅途中に二番町のFLOSに立ち寄り、適当なキーホルダーはないものかと探してみたところ、Phillipi社のラバーの紐とステンレスの留め具のみという至ってシンプルなものが目に留まりました。
こういったキーホルダーでよいのなら適当な紐で鍵を括っておけばよさそうなものではありますが、その適当な紐を捜すというのも面倒くさいので、こちらを購入。
ポケット内でかさばることもないし、末永く使うことができそうです。

フロス(FLOS)
0834-22-1124 山口県周南市二番町2丁目3

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年10月 1日 (水)

古いモノと新しいモノ

img085.jpg
Leitz Minolta CL

CLで写真を撮っていると、改めて最近のデジタルカメラはよくできてているものだと感心します。
露出は正確だし、カメラがピントを素早く合わせてくれるし、手振れ補正機能があるから少々のスローシャッターでも大丈夫だし。

それにひきかえCLときたら、露出計はあるものの、絞りとシャッタースピードを自分で考えて決めなければなりません。
今のデジタルカメラで写真を撮ることを考えれば手間のかかる事この上ないカメラなのに、触っていてそれほど面倒くさいと思わないから不思議です。
むしろ、全て手動での操作を前提としているカメラなので、ダイヤル類の配置が実にうまくできているし、手触りも非常によいように思います。

面倒くさいといえば、アナログレコードを聴くこともそうだったでしょうか。
アナログレコードを聴くためには、レコードをかける前にレコードとピックアップを掃除し、片面が終わればプレーヤーの所に行って、プレーヤーを止め、レコードをひっくり返して続きを聴いていたわけです。
プレーヤーの設置にあたっては何かと制約が多かったし、カートリッジを替えれば、針圧を調節したり、アームの水平を確認したりと、しなければならないことが本当に多かった。

アナログの手触りも、デジタルの便利さも、両方の魅力を享受することができる今は、贅沢な世の中なのでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »