2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 製作中 | トップページ | 新機種、続々 »

2008年8月28日 (木)

ラインの黄金

Seto Bridge(Seto Ohashi)
Kiss Digital X

R0019408.JPG
GX100

ワーナーから既出ですが、なぜか小学館を経由したら30%以上も安くなった不思議なDVD、楽劇「ラインの黄金」(場恋慕医務、もといバレンボイム指揮 バイロイト祝祭管弦楽団他)。
2時間半ほどのオペラの映像を3,780円で買うことができるようになったことは、素直に喜んでよいのでしょうか・・・。
そんな話はさておき、飲みに行ってばかりで財布が軽くなった僕にとってはとてもありがたいことなので、さっそく宮脇書店で購入。
装丁のセンスにちょっと引いてしまいましたが、既出の約4割引のDVDなのですから多くは望みますまい(センスのない僕が言うか?)。

世界を支配する力を持つ黄金がラインの底に眠っており、これを手に入れることができるのは、「愛」を捨てた者だけ。
地底に住む小人族の一人がこの話を聞きつけ、愛を捨て、この黄金を手に入れたことが、4夜(トータル15時間以上)に及ぶ壮大な楽劇の始まりです。

この物語には「神様」も登場するのですが、この神様の強欲なことといったら・・・。
自分達の城を建てさせておきながら、建築費を払いたくないから何とかしろと仲介者に難癖をつけたり、他人の持ち物であるラインの黄金の指輪を奪い取ったり、今の世では民事的にも刑事的にもアウトなことばかり。
モンスターエンジンの「暇をもてあました神々」のネタに出てくるような神様だったら、これから始まる悲劇も起きなかったでしょうに・・・。

お手頃価格のDVDですが、演奏も安っぽいということは断じてなく、実に立派なものです。
バレンボイムのワーグナーを聴くのはパルジファル以来でしたが、相性がいいのでしょうね。
それにしても、このDVDを視聴して、改めてショルティの「指輪」の偉大さを認識させられました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 製作中 | トップページ | 新機種、続々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわっ!
すっごいキレイな写真。さすがですね♪

愛と黄金、どっちを取りますか?happy02

>myu-cooさん
愛も黄金(経済力、権力)も、絶対というものはなく、案外と不確かなもの・・・。
でも、こうしたときは目に見えない方をとっておいた方がよさそうですね。

初めましてU・Mと申します。

自分もあの衣装はちょっと・・・と言う
感じでした。ただ演出は凄く良かったです
ね。(最初のライン河のシーンとか)

>U・Mさん
はじめまして。
コメントをどうもありがとうございます。

僕も、あれだけシンプルな仕掛けでありながらもラインを表現し、今後の物語の広がりを感じさせる演出には感心しました。
神話の世界の物語でありながら、こうした演出でも違和感がないどころか、新たな発見がある所がワーグナーの懐の深さなのでしょうか。
衣装等に「ちょっと・・・」と聴衆に感じさせるところも、案外と演出家が狙った事なのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/23284805

この記事へのトラックバック一覧です: ラインの黄金:

« 製作中 | トップページ | 新機種、続々 »