2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

南蛮屋にて

img146.jpg

img148.jpg

img156.jpg
Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm

先日お邪魔した、南蛮屋さんにて。
この日、GX100で撮った画像のほとんどを誤って消してしまったので、CLで撮った写真がどんな写りだったか気になっていました。
現像から上がったネガを見たところ、したたか酔って撮った割には、全滅という訳ではなかったので、ホッと一息。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月30日 (土)

少女の笑顔

img142.jpg
Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm

「少女のような笑顔」。
先日お会いした成田さんが、南蛮屋のママの笑顔をそう表現されました。
今夜も、お客さんをこの笑顔で出迎えていらっしゃるのでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

ファースト・ショット

R0019687.JPG
GX100

娘がGX100を使って初めて撮った写真のうちの、(比較的ちゃんと写っている)一枚。
今までは撮る側でしたが、これからはこういった機会が増えることを期待しています。
まだ、彼女専用のカメラを与えるには早過ぎるとは思いますが、何せ親バカの僕のこと。
実は、もう持たせるカメラの候補があることは、誰にも言えません・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月29日 (金)

新機種、続々

374450777_01c3fd3d59_o_edited-1
903SH

DSC_5119.JPG

DSC_4059.JPG
D50

キャノンが50Dを発表すれば、ニコンはD90。
各社から、新製品の発表ラッシュです。
我が家ではFマウントレンズが少しずつ増殖しているので、今さら他のマウントを買う訳にもいかず、ニコン様の益々のご発展を祈念しています。

最近は、Leitz Minolta CLとGX100のセットで出歩くことが多いので、D50を手にした時はちょっと大きいかなと思います(すぐに慣れますけれど)。
ニコンもオリンパスのE420のようなコンパクトなカメラを出してくれないかなと思いますが、(いまのところは)かなわぬ夢のまま。
FM2ぐらいの大きさで、ファインダーは大きく、ピントが合わせやすい明るいスクリーン。
オートフォーカスの測距点は、5つもあれば上等。(個人的には、なくても無問題)
グリップも大げさなものはいらないので、ちょっと指が引っかかる程度の小さなもので十分です。
フィルムカメラの頃は一眼レフもコンパクトだったのに、いつの間にやらゴツいグリップがついて、大きなカメラばかりになってしまいました・・・。

コンパクト路線だったら、マイクロフォーサーズに期待するのが現実的なのでしょう。
ファインダーはEVFですが、今のものよりは随分と良くなるでしょうから、その日を楽しみに待つこととします。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月28日 (木)

ラインの黄金

Seto Bridge(Seto Ohashi)
Kiss Digital X

R0019408.JPG
GX100

ワーナーから既出ですが、なぜか小学館を経由したら30%以上も安くなった不思議なDVD、楽劇「ラインの黄金」(場恋慕医務、もといバレンボイム指揮 バイロイト祝祭管弦楽団他)。
2時間半ほどのオペラの映像を3,780円で買うことができるようになったことは、素直に喜んでよいのでしょうか・・・。
そんな話はさておき、飲みに行ってばかりで財布が軽くなった僕にとってはとてもありがたいことなので、さっそく宮脇書店で購入。
装丁のセンスにちょっと引いてしまいましたが、既出の約4割引のDVDなのですから多くは望みますまい(センスのない僕が言うか?)。

世界を支配する力を持つ黄金がラインの底に眠っており、これを手に入れることができるのは、「愛」を捨てた者だけ。
地底に住む小人族の一人がこの話を聞きつけ、愛を捨て、この黄金を手に入れたことが、4夜(トータル15時間以上)に及ぶ壮大な楽劇の始まりです。

この物語には「神様」も登場するのですが、この神様の強欲なことといったら・・・。
自分達の城を建てさせておきながら、建築費を払いたくないから何とかしろと仲介者に難癖をつけたり、他人の持ち物であるラインの黄金の指輪を奪い取ったり、今の世では民事的にも刑事的にもアウトなことばかり。
モンスターエンジンの「暇をもてあました神々」のネタに出てくるような神様だったら、これから始まる悲劇も起きなかったでしょうに・・・。

お手頃価格のDVDですが、演奏も安っぽいということは断じてなく、実に立派なものです。
バレンボイムのワーグナーを聴くのはパルジファル以来でしたが、相性がいいのでしょうね。
それにしても、このDVDを視聴して、改めてショルティの「指輪」の偉大さを認識させられました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月27日 (水)

製作中

IMGP3596.JPG

IMGP3594.JPG
Optio S

僕が積み上げる端から壊していたのに、最近は積み木遊びが随分と上手になりました。
彼女なりに、色やら形やら考えて積み上げているようで、上手くできたときは「みてー、みてー」とアピール。

これで、片づけまでできれば言うことなし。(後片付け担当者の独り言)

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月26日 (火)

9月はすぐそこ・・・

R0019677

R0019672
GX100

夕方の太陽の光が随分と柔らかいものになりました。
もう8月も終わりなんですね。
美東SAでの休憩中、空はもう秋の雲かと思っていると、遠くには低いながらも夏の雲。
まだ、暑い日は続きそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月25日 (月)

予定は未定

R0019668

R0019663
GX100

日曜日は家族みんなで、お昼前にはHand Made Party vol.2に出かけるつもりでしたが、出発直前になって娘がぐずぐず。
彼女がぐずるのは眠いということなので、予定を変更してしばらく昼寝をしてもらおうと思ったら、それから1時間経っても寝ません・・・。
まぁ、子供は気まぐれですので、予定は未定。
スケジュールの変更なんていつものことです。

ということで、当初の予定より2時間遅れで出発し、ファミレスで遅めの昼食をとって、今日の目的のHand Made Party vol.2の会場へ。
手作りのアクセサリーを入手し、ご機嫌になった娘は、今度は本当に夢の中。
この日は青空公園でもイベントもあったので、こちらも覗いてみようかと思っていましたが、娘が寝てしまったので、またの機会を楽しみにすることとします。

さて、来週は8月最後の週末。
午前中は(一人)デュアスロンに挑戦する予定ですが、予定どおり事が運ぶかは、こちらも未定です。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月23日 (土)

祝!全国大会出場

R0018755.JPG
GX100

夏といえば高校野球の季節ですが、吹奏楽をしている方にとってはコンクールの季節でもあります。
高校球児のあこがれが甲子園であれば、吹奏楽コンクールに出場する中学生、高校生にとっての「甲子園」は、全国大会の会場である普門館(東京)になるでしょうか。

今、倉敷市民会館で中国吹奏楽コンクールが行われているのですが、なんと市内の岐陽中学校吹奏楽部の皆さんが、その普門館への切符を手に入れられました!
中国地方から普門館への枠は3つしかありませんので、その一つに入ることは至難のこと。
生徒の皆さんをはじめ、指導にあたっていらっしゃる先生方、本当におめでとうございます。

学校の近くを通りかかると、お盆の間もずっとプロコフィエフのバレエ音楽「シンデレラ」が聴こえていました。
部員の皆さんと先生のその努力が報われたのかと思うと、関係者ではないのですが胸が熱くなる思いです。
この週末はお休みされるかもしれませんが、その後はまた練習の日々なのでしょうね。
全国大会では、皆さんの実力が遺憾なく発揮さることを祈念してやみません。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月22日 (金)

雑感

FH000025.JPG
LeitzMinolta CL M-Rokkor40mm

昨日のソフトボールの日米の決勝戦は、見応えがありました。
金メダル、本当におめでたいですね。
それにしても、あの距離から投げられる110km/h以上のスピードのボールを打ち返すのですから、選手の皆さんの運動能力の高さには恐れ入るばかりです。

ところで、オリンピックのテレビ中継を見ていて知ったのですが、イタリアの選手に「ビアンキ」とか「ロッシーニ」という選手がいるんですね。
Bianchiは、Bianchiというイタリアの超メジャーな自転車メーカーの起業者。
Rossiniは19世紀に主にオペラの世界で活躍した、これまた有名な作曲家。
こういった姓の方ということになれば、何らかの血縁関係があるのかと思ってしまいます(きっと関係はないのでしょうけどね)。
アメリカ人が、インディ500に参戦していたヒロ松下という名前を聞いて、日本の某巨大電器メーカーを連想するようなものなのでしょうか?
でも、ヒロ松下氏は松下幸之助氏のお孫さんだから、その連想は正解か・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月21日 (木)

TO THE BAR

R0019623.JPG

R0019624.JPG
GX100

IMGP3598.JPG

IMGP3600.JPG R0019620.JPG
IMGP3602.JPG
Optio S

18日は、実に楽しい夜でした。
成田一徹さんが南蛮屋の取材のため周南にお越しになり、成田さんと面識のあるいのたかさんのご案内で、南蛮屋とBARでご一緒させていただきました。
最初は緊張のあまり会話に入ることができませんでしたが、アルコールの力も借りて色々とお話をさせていただきました。
この度の取材は、サントリーが発行している飲食店向けの冊子に掲載する記事のためなので、後日、南蛮屋さんに伺って拝見させていただきたいと思っています。

ところで、成田さんが取材で使っていらしたカメラは、GX100でした。
こうした著名な作家の方が使っていらっしゃると、僕と同じカメラなのに何だか立派に見えるのは気のせい?

サインもいただき、2時頃ご機嫌に帰還。
案の定、翌日の午前中は使い物になりませんでしたが、普段から使い物になっていないのではという突っ込みは、なしの方向で・・・。

2008年8月20日 (水)

いとこ

R0019577.JPG

R0019575.JPG

R0019571.JPG
GX100

娘のいとこは今年4歳になるのですが、この夏は娘と一緒によく遊んでくれました。
娘は保育園で年長のお子さんに囲まれているせいか、年上の子供と遊ぶことには慣れているようです。
カメラを向けられた時のいとこのポーズを確認し、自分もピースサイン。
さて、一人のときもピースサインができるでしょうか?

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月19日 (火)

BARにて

FH000006.JPG
LeitzMinolta CL Ultron28mm F1.9

お盆休みになる前に職場の同僚とビアガーデンに飲みに行き、3軒目にBARへ。
もう飲めないと頭では分かっているのですが、グラスを持つ手はそれを口に運ぶことを拒まないのですから、翌日の二日酔いは必定。
いつものように取り留めもない話にお付き合いいただき、申し訳ありませんでした。

LeitzMinolta CLに入っていたフィルムを現像したら、店内を撮ったカットが何枚か・・・。
もちろん、ピンボケ、手ブレと散々なものばかりでしたが、いつもはモノクロフィルムを入れていますから、カラーフィルムで撮っているということは、酔っていてもフィルム交換はちゃんと出来ていたようです。

FH000011.JPG

酔っ払っているときは、こんな風に平衡感覚も失われ、視界もぼんやりとしているのでしょうね。
それにしても、何を撮ったつもりだったのでしょう・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月18日 (月)

当選!

R0019383.JPG
GX100

サマージャンボ宝くじの6等と7等(当選金計 3,300円)が当たりましたが、「ロト6で3億2千万円当てた男」の人とは違い、何もドラマチックなことは起こりません。
しかし、昨今の預金利率を考えれば、2週間で300円増えたものと考えれば大変なこと。
ということで、この当選金で飲みに行こうと思います。

でも、本来なら元手はそのまま次の投資活動に廻すべきなので、これに手を付けるのですからプラマイゼロ、むしろマーイであることは明白・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

花火大会

DSC_1190.JPG
D50 AF NIKKOR 35mm F2

16日の午後は雨がかなり降ったので、花火大会はどうなるのだろうと思いながら風呂に入っていたら、ドカン、ドカンと凄い音!
娘を風呂に入れて、タオルで体を拭き、寝間着を着せているとかなりの時間が経過してしまい、ベランダに出たときはもう後半だったようです。
最初は写真を撮るつもりもなく家族で花火を楽しんでいましたが、やはり記録として何枚かは撮っておかないとと思い直し、急ぎカメラを取りに部屋へ。
望遠レンズに付け替えようとも思いましたが、付け替えている間に終わってしまったら元も子もないので、35mmのままベランダへ直行。
写真で見ると小さな花火ですが、実際はなかなかの迫力(特に、大玉が炸裂するときの音は凄いですね)。
花火大会にしては珍しく有料観覧席が設けられていましたが、間近で見る花火はさぞかし迫力満点だったことでしょうね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月17日 (日)

短めのサイクリング

R0019595.JPG

R0019560.JPG
GX100

お盆の間にしっかりと蓄えたグリコーゲンを消費しておかないと、お盆明けの体が大変な事になってしまいますので、16日は柳井方面へのサイクリング。
曇り空で太陽は隠れていましたので、体力の消耗も少なく、長距離を走るには好都合です。
ただ、トレーニング不足のせいでペースは思うように上がらず、気分転換に自転車を降りてブレーキの調整をしていたら、颯爽と走り去るロードバイクが一台。
慌てて自転車に飛び乗り、追いついてからご挨拶をしたところ、上関まで行かれるとの事。
それにしても、一人だとあれほどダレた走りだったのに、一緒に走る人がいるとペダルも軽いこと、軽いこと。
この方は上関方面へ行かれたので、そこからはまた一人。
柳井の方の空を見ると、黒い雲が山にかかっています。
雨に降られてはかなわないので、急遽平生から大急ぎで徳山に。
依然として上りに入ったらペースはがっくりと落ちますが、前回の時ほどではないのがせめてもの救いです。
どうにか、9時30分頃に家に戻りましたが、昼頃からは大雨でした。
長距離乗れなかったのは残念でしたが、雨に濡れることはなかったので、まぁよしとしましょう。

この日はカメラを忘れたので、道中の記録はなし。
もっとも、後半は雨雲との追いかけっこでかなり追い込んで走ったので、写真を撮っている余裕はありませんでしたが。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月15日 (金)

お〜ば〜け〜

DSC_1068.JPG

DSC_1070.JPG
D50

本当は怖いくせに、なぜかお化けの格好をするのがお気に入り。
こちらが怖がるまで、何度も「おばけ〜」を繰り返します。
今夜の寝る前の絵本は、「ねないこだれだ」に決定。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月14日 (木)

お祭り

DSC_1104.JPG

DSC_1105.JPG

DSC_1098.JPG

DSC_1096.JPG

DSC_1103.JPG
D50 AF NIKKOR 35mm F2

山口に帰省している妻の妹さんご一家と、我が家で柳井の金魚提灯祭りへ。
今年も、多くの人で賑わっていました。
当然のように、娘はこの人の多さに戸惑い、ほとんど「抱っこ」。
来年は、ちゃんと一人で歩けるでしょうか?

立派なカメラをお持ちの方が、なんと多いこと!
D3とかEOS1D系とかのような大きなカメラをお持ちの方もいらっしゃるので、自分のD50が何ともコンパクトなカメラに見えました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月13日 (水)

祭りの準備

IMGP3580.JPG

IMGP3558.JPG

IMGP3571.JPG
Optio S

今年も柳井金魚ちょうちん祭りは、8月13日(本日)に開催されます。
7月の終わりに柳井に自転車で行ったときには、もう金魚の提灯の飾りつけは大方終わっていたようです。
今年も、大勢の人で賑わうことでしょうね。

今年も行ってみたいのですが、妻の妹さんご夫婦に赤ちゃんが誕生したので皆で揃って出掛けるのは難しいでしょうから、はてさてどうしたものやら・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月12日 (火)

8月のお買い物

IMGP3527.JPG

IMGP3578.JPG

IMGP3574.JPG
Optio S

R0019542
GX100

レンズ交換式のレンジ・ファインダーカメラは、どうしても次々とレンズを呼び込んでくるもののようです。
ズームレンズなんてものはないし、ライカの複数焦点レンズはあるものの、とても手が出る代物ではありませんので、どうしてもレンズが増えてしまうのです(言い訳)。
このたび入手したコレはCLには不釣合いなくらいの大きさですし、40mmのM-ROKKORを除いて全てLマウントというのが何とも分かりやすい展開(?)で、我ながら笑えます。
近いうちに、カメランドさんで28mmのファインダーを探してみることとします。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月11日 (月)

夕涼み会

DSC_1057.JPG

DSC_1016.JPG
D50
相変わらず、人混みが苦手なようです。

娘の通う保育園の「夕涼み会」に行ってきました。
園庭の真ん中に小さな櫓があり、その周りで園児が何とも可愛らしい盆踊りを披露してくれました。
最初は表情も硬かった娘も、周りの友達と一緒にニコニコしながら踊っていたのでホッとします。

こういった行事は、他の保護者の方とお話をする貴重な機会でもあるので、僕達にとってもとても有意義です。
いつものことですが、行事の準備は大変なご苦労と思いますが、頻繁にこうした機会を設けていただいている保育園には、本当に感謝しています。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月 9日 (土)

緑の中を散歩

R0019437.JPG

R0019444.JPG

R0019445.JPG
GX100

周南緑地公園を初めて歩きましたが、気持ちのいい散歩道ですね。
木々の名前を示す札がかかっているので、門外漢の僕にはとてもありがたかったです。
この暑さが和らげば、小さな子供と一緒に散歩するのもよさそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月 8日 (金)

Imamura Trio + Two Horns

DSC_0952.JPG

DSC_0967.JPG

DSC_0972.JPG

DSC_0953.JPG
D50 Ai Nikkor45mm

周南市のBARという名前のバーでは、素敵なジャズライブを聴くことができます。
8月7日は今村トリオ+2 Hornsを聴こうと、店内は文字どおり立錐の余地もないほどの賑わい。
メンバーの皆さんの熱のこもった演奏に、酔いしれました。
T.Saxの近藤さんの超絶技巧は、相変わらず凄いですね。

持って行くカメラをできるだけコンパクトにしようと思って、Ai Nikkor45mmをD50に付けてみました。
ファインダーをじーっと覗いているのもどうかと思うので、目測でパシャリ!
でも、メンバーとカメラとの距離はそんなに動くわけではないので、意外と歩留まりはよかったかも。
大きな画面で見るとピントは甘いですが、まぁこれくらいならOKということにしましょう。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年8月 4日 (月)

ランとバイク

IMGP2913

月末進行をなんとか乗り切り、8月。
そんな月末でも、なぜか飲みに出かける時間だけはあるようで、7月30日の遅い時間にBARにお邪魔しては大騒ぎ。
忙しいなんて言っている間は、まだまだ大丈夫なようです。

この一年は自転車もランニングもほとんどしていませんでしたが、周南24時間リレーマラソンが近づいたこともあって、ランニングを再開しました。
24時間走りっぱなしではありませんが、トータルするとまずまずの距離を走ることとなるので、それなりに準備しておかないと、大会後の筋肉痛が大変なことになってしまいます。
最初から無理したら膝を痛めるので、まずは市役所から遠石までの往復をゆっくりと。
徐々に距離を伸ばして、週末にはまとまった練習をしたいと思います。

そして、自転車。
こちらは、11月上旬に下関で「しものせきサイクルマラソン」があります。
130km程度ではありますが、ちゃんと準備をしないと楽しく走ることができないと思うので、週末の早朝サイクリングを欠かさないようにしたいと思います。

ランニングのあと自転車に乗り、その後ランニングをすればデュアスロン。
スピードはともかく、8月の終わり頃には一度挑戦してみて、トレーニングの効果のほどを確かめてみないと。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »