2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

デビュー

R0018068.JPG

R0018061.JPG

R0018078.JPG
GX100

光市(旧 大和町 塩田)に気になる蕎麦屋さんがあったのですが、今まで訪問できませんでした。
小さいうちは蕎麦は食べさせない方がいいのかもと思っていましたが、もう2歳ですしそろそろ蕎麦デビューを果たしても大丈夫?
・・・と思っていたのですが、実は保育園の給食ですでに蕎麦を食べていたようで、とっくに蕎麦デビューは果たしていました。
保育園の先生が「お昼はお蕎麦だったのですが、大丈夫でしたよ」とおっしゃっていたので、蕎麦のアレルギーはなさそうです。

ということでお邪魔したのが、久庵さん。
ちょっと贅沢をして蕎麦御膳(1,500円)を頂きましたが、お味、ボリュームともに大変満足しました。
新蕎麦の季節に、またお邪魔してみたいと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月30日 (金)

何してるの?

DSC_0055.JPG

DSC_0094.JPG
D50

「とおと、かしゃ(写真を撮ること)してー。」と呼ばれたので、カメラを持って風呂場に行ってみると・・・。
家の中のどんなところでも、娘にとっては遊び場のようです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月29日 (木)

アジサイ

R0017996.JPG

R0017990.JPG
GX100

アジサイというと、花がこんもりと玉のように咲いているイメージがあったのですが、そうでないアジサイもあるのですね(今さらですが・・・)。

6月1日は自転車(ロード)の全日本選手権なので天気が気になりますが、雨は降らないようでなによりです。
今年はオリンピック代表選手の選考も兼ねているので、日ごろのトレーニングの成果が十二分に発揮できるようお祈りいたします。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月27日 (火)

お手伝いできた?

R0017946.JPG

R0017935.JPG
GX100

日曜日は、妻の実家にお邪魔しました。
ジャガイモがそろそろ大きくなっているからということで、お義母さん、娘と一緒に畑に行きました。
ジャガイモの収穫を手伝い、達成感に浸り空を見上げる娘・・・、ではなく、2枚目の写真のとおり娘はただ見ているだけ・・・。
どうしてジャガイモが土の中に埋まっているのか、まだ理解できていない様子でしたが、2歳になりたての娘には無理もないか・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月24日 (土)

ん?

R0017893

この虫なんだろうと思って、近づいてみたら・・・、

R0017899
GX100

こうした工作が上手な人を、心から尊敬します。
遠くからだと、本物の虫かと思いました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月23日 (金)

予想外でした

R0017867.JPG

R0017862.JPG
GX100

今の世の中、どこにどんな危険が待ち構えているか、分かったものではありません。
せめて、家の中ぐらいでは平穏に過ごしたいものです。

過日、仰向けに寝転んだ僕のお腹の上に、娘がドシンと乗ってきました。
さすがに、13kg以上の体重を預けられると、一瞬息が出来ないほどの衝撃です。
その行動を予測していれば、腹筋に力を入れてある程度は耐えることができたと思いますが、不意打ちには参りました。
肋骨の辺りで娘の体重を受け止めたら、少しは衝撃を分散することができるかもと思い、「お腹はやめてね」と娘の体を動かしたのですが、その後もドシン、ドシンと体の上で飛び跳ねます。

その日に痛みが残るのは仕方ないとしても、翌日以降も右側の下のほうの肋骨の部分が痛みます。
寝返りをうつときや起き上がる際には、かなり痛むので、そちらをかばいながらそうっと体を動かします。
病院に行っても、レントゲン写真を撮り、保存療法ということで経過を見ていただくだけだと思うので、医療費抑制の観点から通院はしないこととします。

肋骨は意外にもろいということと、娘の成長(体重の増加)は予想以上に早いということを痛感した出来事でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月22日 (木)

休みなし

img078.jpg

img082.jpg
LeitzMinolta CL M-Rokkor 40mm

春から夏に向かう季節になり、ようやく花粉症から開放されたかと思っていたら、風邪をひいてしまいました。
こんな気候のいいときに、なぜ?
熱はでるし、喉は痛いし、咳は止まらないし・・・。
当然、鼻もむずむずして、鼻水は止まらず。
3月からこっち、鼻をかまない日は何日あったでしょうか?
フル稼働の鼻さん、そろそろお休みいただいても結構なのですが・・・。

上の写真は、近所でいつもお世話になっている花屋さん。
母の日ということもあって、日曜日ですが、こちらも休みなしです。

ところで、以前のエントリーで、PCとMacでは色調が異なる旨を書きましたが、明度についてもかなりの違いがあります。
これは、多分にモニターの設定の問題かもしれませんが、どちらのモニターも正確にキャリブレーションしていないので、どちらがどうという訳ではありません。
とりあえずは、PCのモニターの明度を上げればいいのかもしれませんが、根本的にはどうすればよいのやら・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月20日 (火)

夜更かし

DSC_9632.JPG

DSC_9609.JPG
D50

日曜日の深夜、テレビのチャンネルをNHK-BSにするとシベリウスのヴァイオリン協奏曲の終楽章。
演奏者は誰だろうと最後まで聴いていると、神尾真由子さんではありませんか!
日本人でチャイコフスキーコンクールのヴァイオリン部門で優勝したのは、諏訪内さんに続き二人目のことです。
最近はレコード雑誌を買わないので、お顔を拝見してもすぐには分かりませんでした・・・。
演奏の終わった後の会場の拍手はとても盛大なもので、神尾さんは何度もステージに呼び戻されていました。
さて、この後は、誰かの交響曲か管弦楽曲なのかと思いきや、神尾さんの独奏で、何とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が始まったではありませんか。
一晩にヴァイオリン協奏曲の超有名曲を二つも演奏するなんて・・・、さすがメジャーコンクールの優勝者というところなんでしょうか。
チャイコフスキーも、二曲目の疲れを感じさせない熱のこもった演奏で、曲が終わると会場ではブラヴォーの声が飛んでいました。
神尾さんのこれからの益々のご活躍を祈念してやみません。

有名ヴァイオリン協奏曲を二つとなかなかお腹いっぱいになるプログラムでしたが、その後はベルゲン音楽祭でのグリーグ特集。
番組が終わる頃には、今夜、というより今朝は、という時間になってしまいました。
普段ならとっくに寝ている時間に起きていたので、この日は久しぶりに音楽番組を堪能することができました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月18日 (日)

写真展へ(その2)

R0017845.JPG

R0017849.JPG
GX100

今日は娘と一緒に、「長崎フォトランダム」を見てきました。
展示室内では騒ぐ事なく、大人しくしてくれていたので、無事に全部の写真を見る事ができました。
もっとも、ご機嫌をとるために抱いたままだったので、僕の左腕はパンパン、汗だくになりましたが・・・。

館内には林忠彦資料室があり、林氏の写真や、撮影機材が展示されていました。
館の方に確認したところ、バー・ルパンを再現したコーナーのみは撮影がOKだったので、数枚写真を撮りました。
展示されていた機材はCONTAX RTS II、167MTほか全てのカメラはCONTAX、レンズは(当然ながら)Carl Zeissでした。

撮影が許されれば撮影風景の再現コーナーや展示されている機材も撮りたかったのですが、色々と事情があるのでしょうから、こればかりは致し方ありません。
林氏がルパンで太宰治を撮影したときに、ひきが足りなくて、トイレから撮影したとのエピソードが語られている小説新潮も展示されていました。
他にも、貴重な資料が数多く展示されています。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月17日 (土)

写真展へ

R0017825.JPG

R0017828.JPG

R0017800.JPG
GX100

周南市(旧・徳山市)は、写真家・林忠彦氏の出身地です。
写真界に残した彼の多大な功績を記念した「林忠彦賞」がありますが、年に一度、受賞者の展覧会が周南市美術博物館で行われます。
今年は5月9日から18日までの10日間(入場無料)。
近くなのでいつでも行けると思っていましたが、気がつけば最終日前日・・・。
ちょうと外出する機会があったので、美術博物館に足を運びました。

展示室内には写真集の見本があり、自由に手に取る事ができたので、展示された写真を全部見た後に見てみましたが、なるほど、写真もプリントの現物を見てみないと伝わらないものがあるのだと実感しました。
展示されているプリントでは石畳のしっとりとした質感が、まるでそこにあるような存在感を感じさせてくれ、写真集でのざらっとした感触とはまるで別物でした。

なにより、レンズを通して長崎を見つめ続けた小林勝氏の感情までもが伝わってくるようで、こんな身近にこうした素晴らしい展覧会が行われている事のありがたさに、感謝した一日でした。
明日、もう一度行ってみようと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月16日 (金)

空いろいろ

R0014638.JPG

R0015101.JPG

R0014856.JPG

R0010096

R0015759.JPG
GX100

久しぶりに、GRブログのトラックバック企画に参加します。
旅先だったり、GX100を手にした初日のものだったり、仕事先での息抜きだったり。
GX100と一緒に空を見上げていた機会は、意外と多かったようです・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月15日 (木)

午後の休み

R0017777.JPG

R0017788.JPG

R0017787.JPG

午後から所用があり、仕事はお休み。
その所要とやらも思った以上に早く終わったので、喫茶店で一服しました。
午後の語らいを楽しむご婦人方のお声をBGMに、しばしの読書タイム。
中学生の頃買った文庫本ですが、ページによってはすっかり変色してしまっています。

1時間ほどでしたが、こうしてボーっと読書をして時間を過ごすのも、いいものです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月13日 (火)

母の日(その2)

DSC_9987.JPG
D50

僕と妻にとっての「母の日」は、日曜日に花束を手渡して終わりましたが、娘にとっての「母の日」はまだ終わっていないことを、月曜日になって気づきました。
いつもの花屋さんでアレンジメントを頼んだところ、「あれっ、昨日奥さんが受け取りに来られましたよ。」と言われましたが、いえいえ、これはその「妻」へのアレンジメントなんです・・・。
一日遅れとなりましたが、娘から妻に「はい、どうぞ」。

来年は、ちゃんと間に合うようにします・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月11日 (日)

母の日

DSC_9963.JPG

日曜日は母の日。
僕の実家には、近所の花屋さんからアレンジメントを送りました。
どんなアレンジで届いているのでしょうか、楽しみです。
妻の実家には、日曜日のお昼前に花束を持ってお邪魔しました。
娘は昼食後寝てしまったので、妻とお母さんとで柳井市内へ買い物へ。
僕は娘と留守番。
ゆっくりと本を読む時間を持つことができ、有意義な週末となりました。

DSC_9931.JPG
D50

買い物の目的は、娘の三輪車。
ただいま、三輪車のペダルの漕ぎ方の特訓(?)中です。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月10日 (土)

レパートリー

R0017747.JPG

R0017742.JPG
GX100

さんぽ、いい湯だな、おもちゃのチャチャチャ、森の音楽家、おつかいありさん・・・。
ここのところ歌っているのは、風呂の中での娘との歌ばかり。
金曜日の送別&歓迎会で、久しぶりに大人のレパートリーを歌いました。
いつもどおり、憂歌団の名曲を。
そろそろ、別のネタを仕込まないと・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 9日 (金)

フラワーランドにて

DSC_9869.JPG

DSC_9893.JPG
D50

R0017351.JPG
GX100

DSC_9894.JPG

DSC_9878.JPG

DSC_9890.JPG
D50

連休の最終日は、皆で柳井市のフラワーランドに出かけました。
とても手入れが行き届いていて、気持ちのいい公園です。
こまめに植え替えをなさっているようなので、季節ごとに色々な花を楽しむことができそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 8日 (木)

ぶん、ぶん、ぶん・・・

R0017336.JPG
GX100

DSC_9823.JPG
D50

アップだと何の昆虫か判然としませんが、スズメバチです。
休みの間、妻の実家にお邪魔したのですが、夕方に一人で本を読んでいると「ブーン」と羽音が・・・。
音のするほうを見れば、ご立派な体躯のスズメバチが一匹。
下手に手を出しては攻撃されるだろうし、かといってこの部屋に布団を敷いて寝るので、このまま放っておくわけにいかず、どうしたものかと困りましたが、何とか退治することができました。
寝る前に気が付いて、本当によかったです。

ガラス越しのマクロ撮影に挑戦しましたが、こちらを警戒して動き回るので、まともな写真は一枚もなし。
GX100のマクロはAFがのんびりしていますから、ピント固定で挑戦しましたが、レンズと一定の距離を保つことができず、散々な結果となってしまいました。
マクロで昆虫を撮っていらっしゃる方の凄さが、身にしみました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 7日 (水)

誕生日プレゼント

R0017398.JPG

R0017403.JPG
GX100

このゴールデンウィーク中に、以前から気になっていたAi Nikkor 45mm F2.8を入手したのですが、さすがに薄いレンズですね。(上の写真がAi Nikkor 45mm F2.8。下が、AF Nikkor 35mm F2です。)

ネットオークションを見ていると、ブラックバージョンは結構なお値段ですので、シルバーにしようかと思っていましたが、念のため近所のキタムラにこのレンズの在庫を確認したところ、今はないけれどモノが出たら直ぐに連絡しますとのこと。
しばらく連絡が入らなかったので、やはりブラックはなかなか出てこないのかなと思い、休み明けにでもオークションに入札しようかと思っていた矢先、キタムラから連絡がありました。
値段は予想していた値段よりも随分と安かったし、レンズの状態もよさそうだったので、即決。
一年に一度、自分への誕生日プレゼントでした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 6日 (火)

初めてお目にかかりました

DSC_9812.JPG
D50

5月4日は、14時過ぎに動物園を出て、市内へ移動。
途中、コンビニに立ち寄ったところ、見慣れぬミネラル・ウォーターのボトルが・・・。
市内のサンクスに、なんと「ゲロルシュタイナー」があったのです。
飲み物の名前にも関わらず「ゲロル」とは、(日本では)なかなか勇気があるネーミングでかもしれませんが、採水地がドイツのゲロルシュタインという町だったので「ゲロルシュタイナー」というだけですから、飲んでも別に変な味はしません、為念。
「ゲロルシュタイナー」は自転車のロードレースに興味のある方にとっては、なじみ深い名前ではありますが、日本では知名度が高いミネラルウォーターとは言いがたいと思います。
硬水ですけれども、炭酸ガス入りだからか非常に飲みやすいミネラル・ウォーターなので、今後もっと人気が出て、サン・ペレグリーノくらいの知名度になってくれれば、徳山でも入手できるようになるでしょうか。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月 5日 (月)

広島遠征

DSC_9757.JPG

DSC_9765.JPG

DSC_9774.JPG

DSC_9752.JPG

DSC_9783.JPG
D50

娘に「動物園とお買い物、どっちがいい?」と尋ねたところ、なんの迷いもなく「動物園」との回答を得たので、いつもの徳山動物園ではなく、広島の安佐動物園に出かけました。
常設駐車場は満車で、広い公園が臨時駐車場になっていたのですが、ほとんどが埋まっていました。
シャトルバスが動物園まで運行されていましたが、そのシャトルバスを待つ人の長蛇の列。
大型連休にわざわざ人出が多いところに出かけたのですから、まあ、こんなものでしょう。

無事に園内に入り、入り口付近で妻が作った弁当を家族3人で食べていると、「こんにちは」と声をかけられました。
声のする方を見ると、大学の吹奏楽団の1年後輩のS君。
20年近くたっても、相変わらずの爽やかな笑顔でした。
素敵なパパぶりがまぶしく、自らを省みて反省するところ、大であります。

この日は薄曇りでしたが、園内は初夏のような暑さ。
半分も見る事はできませんでしたが、娘が眠くなってきたようだったので、早々に撤収。
今日見る事ができなかった動物は、別の機会に娘に見せてやりたいと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月 4日 (日)

いまだに惑う

DSC_9720.JPG

DSC_9750.JPG

DSC_9738.JPG

DSC_9741.JPG
D50

5月2日は僕の誕生日だったのですが、平日は妻も仕事で遅くなるのでゆっくりすることができず、翌5月3日に妻の手料理で39回目の誕生日を祝ってもらいました。
いまだに戸惑いばかりの日々を過ごしていて、あと1年で惑いのない人生を送る事ができるようになるとは、到底思えません。
孔子という方は、つくづく偉い方だったのだと痛感します。

白は、妻が市内のワインショップで買ってきてくれたもの。
ほんのりとグリーンがかったイエロー、いい色です。
普段はアルザスのピノ・ブランはほとんど飲まないのですが、初夏にかけてこういった爽やかさを感じさせるワインはいいですね。

赤は、やはりシャソルネィ。
今年は、2004年のサン・ロマンを開けました。
この手の香りに弱い僕は、グラスに鼻を近づけただけで、降参です。
娘とこのワインの素晴らしさを語り合う日を楽しみにしていますが、まだまだ遠い先の話・・・。
これからも、このドメーヌのワインは大切にしていきたいと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2008年5月 3日 (土)

不調・・・

DSC_9673.JPG

DSC_9690.JPG
D50

CLで撮る機会が増えて、自分の出番が少なくなったことに機嫌を損ねた(?)か、Tiara Zoomが不調です。
ピント合焦しても、シャッターを切ることができません。
何かの設定を変えれば解決するのかもしれませんが、取扱説明書は行方不明・・・。

このカメラは気持ちのいい青空を写してくれるので、これからも活躍してくれればと思っていた矢先の出来事だけに、残念です。
また、FUJIFILMのサービスのお世話になりそうです・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 2日 (金)

フィルムで撮影した後は

img010.jpg

img011.jpg
Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm

3月にLeitz Minolta CLを手に入れてからは、少しずつですがフィルムで撮っています。
フィルムで撮った後、近所の大手カメラ店に現像とL版プリントをお願いしたのですが、プリントされたものを見てみると、なんだか明るさと色が不自然・・・。
念のため家にある複合機(Epson PM-A920)でフィルムをスキャンして確認してみたところ、露出と色が少々不適正なものを、(ちょっと強引に)修正していただいたようで、それが不自然に見えた理由だったようです。

上の写真も、窓辺で補助光なしだったのでオーバー気味に撮りましたが、全体を「適正露出」に修正してもらったからか、プリントでは顔が随分と暗くなっていました。
写真として修正すべき点は多々あるとは思いますが、Photoshopなどで部分的に修正をしないといけないのでしょうね。
ただ、ぐうたらな僕はそんなに手間隙かけて修正することはしないので、ちょっと明るさを変える程度でプリントしていますが・・・。

そんなこともあって、最近は現像のみを依頼して、スキャナでMacに取り込んでいましたが、専用のスキャナではないので、とてつもなく遅い・・・。
Macに取り込んでいないフィルムが貯まってしまってからでは遅いので、どうしたものかと考えてみたのですが、専用機を買うほどフィルムで頻繁に写真を撮っているわけでもなく、困っています。
最善の方法ではありませんが、キタムラではネガをCD-Rに380円で焼いてくれるので、一度これを試してみるのもいいかもしれません。
解像度とかは問題があるかもしれませんが、L版程度なら問題ないのでは?
気に入ったものを家で大きくプリントする際に、改めてスキャンすることにすれば、手間は随分とかからなくなると思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年5月 1日 (木)

数少ない生き残り

img019.jpg
Leitz Minolta CL M-Rokkor 40mm

先月のBARでのライブで、CLで撮った写真のほとんどは使い物にならず、多くのコマが、あわれゴミ箱行きとなりました。
数少ない生き残りのこの写真もピントは甘いし、露出はアンダーだし、なんともはや・・・。
光の量と絞り、シャッタースピードの関係を体に染み込ませて、無駄にフィルムを使わないようにしたいものです。

このたびのライブでは、感度が1600という高感度モノクロフィルムを初めて使いました。
もっとざらついた画像になるのかと思っていたのですが、随分と使えるものなんですね。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »