2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

10周年

DSC_9046.JPG

DSC_9038.JPG

DSC_9045.JPG

3月30日は僕たちの結婚記念日ですが、今年で10年経ちました。
娘が生まれる前は、結婚記念日前後に広島のレストランに行って食事をしていましたが、娘が生まれてからは行っていません。
娘も一緒にレストランに行くことができるのは、いつになるでしょう。

ということで、今年も、家で食事。
レストランのような手の込んだメニューは無理なので、妻の好物のラムを入手し、ラムのローストをメインにした簡単なもの。
若干、火のとおり加減の見極めが甘く、レアな部分があったので、フライパンで軽くソテー。
レストランだったら許されない失敗ですが、家庭料理ということでご愛嬌(開き直り)。

ワインは、結婚したヴィンテージのものを用意しました。
このワインのように、僕たち家族もいい時間を重ねていければいいのですが・・・。

当たり前のことではありますが、妻、娘、自分が元気に過ごすことができる幸せを、改めて感じた一日でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

打ち上げ

R0016794.JPG

R0016803.JPG
GX100

3月31日を残してはいますが、どうにか年度末の仕事は終了。
31日はクライアントをまわって、書類への押印と提出で完了します。
ということで、職場の年度末繁忙期を無事に終えたので、金曜日は職場で打ち上げ。
心なしか、いつもより日差しも優しく感じられた一日でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月27日 (木)

作品展

先日、娘がお世話になっている保育園で園児の皆さんの「作品展」がありました。

R0016758.JPG

R0016747.JPG

R0016753.JPG

R0016755.JPG
R0016750.JPG

R0016760.JPG
GX100

年長の園児さんたちは、「作品」と言ってもいいくらい立派なものでした。
園での先生方のご指導ぶりが目に浮かぶようで、頭が下がる思いです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月26日 (水)

ライブの告知がありました

R0013395.JPG
GX100

4月17日に、周南市のBarでのライブの告知がありました。
詳しくは、こちらで。
今から、当日が楽しみです。
前回のライブではフリードリンクをいいことに飲みすぎたので、今回は酒量に気をつけてライブを楽しみたいと思います。

今日は、まだまだ仕事。
一休みがてら、記事をアップ。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月25日 (火)

目の保養

先週、すむら酒店さんに行った際に、「こんなワインがあるのですが」と見せていただいたものが、シャトー・レオヴィル・ラスカーズ 1878。
19世紀のワインなんて、一種の文化財のようなものです。
こうしたワインが、日本でも取引されることがあるのですね。
お値段は聞きませんでしたが、僕なんかが聞いてどうなるものでもないので・・・。

ヨーロッパの葡萄は、19世紀後半にフィロキセラという葡萄の害虫によって壊滅的な打撃を受けたことがあるそうです。
今の葡萄は、フィロキセラに耐性のあるアメリカ大陸起源の台木に接木していて、接木をしていないヨーロッパの葡萄はほとんどないはず。
接木をしていない葡萄のワインを飲もうと思ったら、19世紀のワインのようにとてつもなく古いワインでないとダメ。
もっとも、その対価は非現実的な額となってしまうので、僕のような人間には縁もゆかりもない世界ですから、こういった機会でもないと、お目にかかることはまずありません。

ボルドーのシャトーのカーブ(貯蔵庫)には、市場には出回らないものの、こうしたワインがひっそりと眠っていて、特別なゲストのために空けられるのでしょう。

R0016512
GX100

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月24日 (月)

素敵な勘違い

DSC_9022

DSC_9019
D50

思いがけず、綺麗な花束を頂きました。
本当に、どうもありがとうございました。

家に持ち帰り、娘に「綺麗なお花をもらったよ」と見せたところ、娘は自分がもらったものと勘違い。
大事そうに花束を抱えて、満面の笑みを見せられては「違う」とも言い出せず・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月21日 (金)

回復

DSC_9004.JPG

DSC_9006.JPG

DSC_9008.JPG
D50

ここ1週間、咳が止まらず、今年の花粉症はかなり症状が重いなぁと思っていました。
しかし、どうやら風邪だったようで、熱が上がったままで、体調は下降線をたどる一方。
年度末の繁忙期だったので無理して職場に出ていましたが、それが体調を悪化させ、回復が遅くなってしまいました。

今朝になって熱も平熱になり、ようやく普通の生活に戻れそうです。
ちょっと風邪をひいただけですが、健康のありがたさを痛感した1週間でした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月12日 (水)

こんな日もあります

R0016704.JPG
GX100

今日は朝からいい天気でした。
花粉の飛散予報は、5段階の5(最大)。
高速を通って下関に行きましたが、防府平野は霞んでいます。
さぞ、たくさんの花粉が空気中を舞っていたことでしょうね。

ということで、目、鼻、喉の調子は最悪。
薬を飲んでいるにもかかわらず、これだけの症状が出るということは、飲んでなかったら大変なことになっていたのでしょう。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月11日 (火)

驚かせてしまったようです

花粉症の薬を処方していただいたのですが、2回ほど服用することを忘れてしまったせいか、ここのところ症状がひどくなり(自業自得)、仕事中もずっとマスクをつけたままです。
今日は、山口市へ仕事に行った際にパンを頂いたので、自宅に持って帰りました。
娘はパンが好きなので、きっと喜んでくれるはず・・・。

「パンだよー(笑顔)」と娘に差し出しても、硬い表情で身動き一つしません。
いつもなら「ぱん、ぱん。」と喜ぶはずなのに?
そういえば、僕の顔を見ても「とおと(おとうさん)」とも言ってくれません。

そうこうしていると、声を上げて泣き出してしまいました。
具合でも悪いのだろうかと思いましたが、妻が「あっ、マスク」と一言。
顔の下半分を覆っていたマスクが怖かったようです。
マスクを外して「ほら、とおとだよ」と言っても、直ぐには泣き止まないところを見ると、相当怖かったようです。

でも、マスク姿よりも、ピチピチのウェア、サングラスにヘルメットの姿のほうが、よっぽど変わった格好でしょうに、そんな僕を見ても泣かないで、自転車の練習やサイクリングに出かける僕に「とおと、ばいばい」と言ってくれるのですが・・・。

(こんな格好↓)
266059642899099655290.jpg

F1とは逆周りなのでちょっと上り勾配ではあるものの、ほとんど平坦な鈴鹿サーキットのメインストレートで、こんなに踏み込むペダリングをするようでは、まだまだ修行が足りませんね、自分・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月10日 (月)

周南フレンドパーク

R0016719
GX100

保育園で新年度の買い物をした後、弁当を持って周南フレンドパークへ。
ちょっと風が強かったですが、暖かな日差しの中での食事は美味しいものです。
先月から土日も仕事をしていますが、たまには息抜きも必要。

年度末繁忙期も、あと1週間となりました。
頑張って、一日も早く仕事を終えたいものです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月 9日 (日)

新年度の準備

R0016727

R0016726
GX100

土曜日は、娘がお世話になっている保育園の新年度の物品販売。
娘の買い物だというのに、僕のほうがなんだかワクワクします。
真新しい連絡帳や、お絵かき帳を手にすると、自分が子供の頃に新しい教科書を配ってもらったときの気持ちを、ふと思い出しました。

学年が変わるということは、これまで一年間同じクラスだった友達や先生との関係が、実質的な関係はさておき、形式的にはリセットされるわけです。
今年の成績は書き込まれていない真っ白な通知表が準備されて、3月までの僕の怠惰の記録もご破算となっていることでしょう。
新年度が始まって、新しい学年になった明確な記号としてのまっさらな教科書を手にして、一つ上級生になったという妙な高揚感でしょうか?
小学校や中学校では成績に関係なく進級するので、特別な感慨を持つ必要もないのでしょうに・・・。
昨日からのなだらかな連続の上に今日があるというのに、昨日までの自分から決別し、新しい自分へと階段を一段上るような気持ちになっていたのかもしれません。
暦の上では1月に年が変わる訳ですから、12月から1月に変わる瞬間に色々な感慨を持ちはしますが、あくまでもカレンダーの上でのこと。
学校に通っていた頃の自分にとっての一年の区切りとは、学年が変わることと同義だったのでしょう。

大学を十うん年前に卒業してからは、4月がきても特に何が変わるというわけではない生活を続けていたので、すっかりこういった感覚とは無縁の生活を続けていましたが、娘が保育園に通うようになってからは、去年までとはちょっと違う4月になりそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月 8日 (土)

金井醸造所 万力山

R0016690.JPG
GX100

すむら酒店さんで購入していた金井醸造所のワインを、刺身と一緒に先日いただきました。
しみじみと、美味しいワイン。
とって付けたような味や香りではなく、自然な風味が好印象。
貝柱の潮の香り、ほのかな甘みとの相性もよかったです。
雑誌の記事で甲州の凄さを色々と読む機会はありましたが、まさかこれほどとは。
かかっている手間隙のことを考えたら、1本2,000円しない価格は驚きです。
2本なんてケチなことをいわないで、もっと買っておけばよかったと悔やまれます。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月 7日 (金)

LeitzMinolta CLの写真をようやくアップ

img013.jpg
LeitzMinolta CL M-Rokkor 40mm

近所のキタムラでは白黒フィルムは店頭での現像ではないらしく、1週間かかるとのことでした。
実際は月曜日に出しても、木曜日には上がってきましたので、それほど待たされた感じはありません。

さっそく複合機で、フィルムスキャン。
本当なら手焼きが一番いいのでしょうが、機材も技量もない僕は、まずはプリンターで印刷。

まだ露出計には全幅の信頼を寄せるわけにはいかないので、露出を色々と試しながら同じような写真を何枚も撮りました。
デジタルだと撮ってすぐモニターを見て、あっ、明るすぎた(あるいは暗すぎた)といってデータを削除してしまうところですが、フィルムだと全て残ってしまうのですけれども、案外と全く使い物にならないカットは少なかったように思います。
適正な露出ではなくても、(偶然の結果としてですが)意外と面白く写っていたりするので、いい勉強になります。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月 6日 (木)

暖かな一日でした

R0016678

R0016612
GX100

春は、すぐそこまで来ているようですね。
自分の仕事は、もうひと踏ん張り。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

さっそく入手

R0016672
GX100

3月3日にDP1が発売になったので、さっそくキタムラに行って入手してきました。
本体ではなくて、カタログですけれど・・・。

R0016674
GX100

カタログに載っている写真を拝見するに、鮮やかな発色と、繊細さ、明暗の許容度の高さに余裕を感じますが、これがシグマご自慢のFoveonセンサーの力なのでしょうか。
ここのところ少しずつWEBで、このカメラの作例が見られるようになってきました。
早く触ってみたいとは思いますが、さてこの近所だと、どこの店にデモ機があるのでしょうね。

(カタログの写真を掲載させていただきましたが、どうか寛大なるお心でご笑覧いただきますようお願いいたします、シグマ様。)

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

2008年3月 4日 (火)

復活なるか?

R0016590
GX100

学生の頃に買ったパイオニアのCDプレーヤーPD2000LTDは、ピックアップが壊れてしまったのかCDを認識しなくなってしまいました。
買ってからおよそ20年経つので、メーカーでも保守部品はすでになく、オーディオショップ経由で修理を依頼しましたが、修理不能と返却されてしまいました。
この価格帯のCDプレーヤーとしてはちょっと凝った造りではあるし、素直な音がクラシックを聴くのに適していると思うのですが、修理ができないとなれば、処分もやむなしかと思っていました。
何とかPD2000LTDを救うことはできないかとキーワードを色々と変えてGoogleで検索したところ、大阪の業者さんのホームページによると対応可能とのこと!
さっそくメールを送ってみると、現物を見るまでは確約はできないが、多分大丈夫だろうとのことでした。
さて、PD2000LTDは移植手術で無事に蘇生することができるでしょうか?

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

発表会

自分が保育園に通っていた頃は「お遊戯会」と言っていたような気がしますが、娘がお世話になっている保育園では「生活発表会」というそうです。
園児の皆さんが作ったお雛様や絵が、会場の壁際にずらっと展示されていました。
舞台での娘の出番は1つだけでしたが、お兄さん、お姉さんは歌に、劇にと大活躍です。
ステージの上の園児の皆さんが素晴らしいことは言うまでもありませんが、指導してくださる先生方のご苦労を思ったら、頭が下がります。

去年の秋の運動会は、入場行進のときから泣きっぱなしで、かけっこも先生に抱っこされてのゴールでしたので、このたびはどうなることやらと心配していましたが、泣かずに出番を終えることができました。
いつもと違う雰囲気に緊張していたようですが、お買い物ごっこで自分の好物を買ってくることができました。
ほっと、一息です。

DSC_8965.JPG

DSC_8993.JPG
D50

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧ください。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »