2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 慣らし完了 | トップページ | 徳山動物園 »

2007年9月 3日 (月)

手巻き寿司とワイン

日曜日の夕食は手巻き寿司。
すし飯の柔らかな酸味と、ほんのりと控えめな甘さには、樽香の強いワインではなく、ナチュラルな葡萄の風味を伝えてくれるワインが合うと思います。
そうなれば、ロワールのビオの白なんて格好のお相手だと思うのです。
ビオだったら何でもいいって訳ではありませんが、今日はレ・ヴァン・コンテのロモランタン種のワインで楽しんでみようと思います。

DSC_7441.JPG

このワインを逆さにすると、澱がフワフワと浮いています。
知らない方はぎょっとするかもしれませんが、無ろ過、無清澄のワインだとこうしたことは当たり前なので気にしません。

ワインの名前は「クルジュ・ヴェルニ(光沢のあるウリ←エチケットの絵はウリというより、どうみてもナス・・・)」。
「クール・シュヴェルニー」にかけた親父ギャグ的なネーミングですが、中身はちゃんとしたワインですのでご安心を。

イカ、サヨリ、ミル貝、タイなどなど。ナチュラルなワインとわさびのコントラストが、またいいのです。
日本酒と今日の料理の相性は抜群ですが、チュエリー・ピュゼラや今日のワインの方が個人的には好みです。
美味しい料理と美味しいお酒は、国境なんて関係なく仲良くなれるものなんだと思いました。

なんてこと言いながら、やはり最初の一杯はよく冷えたビール。
こればっかりは、止められない・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

« 慣らし完了 | トップページ | 徳山動物園 »

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/7786295

この記事へのトラックバック一覧です: 手巻き寿司とワイン:

« 慣らし完了 | トップページ | 徳山動物園 »