2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

滑り込みセーフ

31日までに仕上げておかなければならない仕事を、どうにか30日中に終えることができました。
所内での審査を受けることを考えれば29日が期限だったのですが、僕の審査担当の人に頼み込んで期日を延ばしてもらい事なきを得ました。
夏休みの終盤にならないと本腰を入れて宿題をしなかった、うん十年前を思い出します。
宿題から仕事に変わっただけで、いつまでたっても変わりませんねー、自分。

さて、仕事の目処がたったら、たちまちにいつものお気楽モードに。
今年も鈴鹿に行けなかったので、秋は何かイベントに行きたいなと思っていたところ、10月7日に下関で「しものせきサイクルマラソン」を見つけました。
去年は大雨の中大変だったようですが、今年は晴れることを期待しつつ、スポーツエントリーでの申込完了。

本当は中国サイクルグランプリ07に出られるように練習をすべきではありますが、今の状態では集団でゴールできるか心配です。
単独走になってしまったら、このコースはきついです・・・。
そうはいっても、こうした大会に出るという目的がないとだらだらとした練習になってしまいがちなので、このくらいの刺激がぐーたらな僕にはちょうどいいのかもしれません。

ちょっと自転車モードになったところで、少しだけ散財。
通勤に使っていたスペシャライズドのグローブに穴が開いてきたので、そろそろご引退いただくことにして、新たなグローブを何にしようかと思案していたところ、たまたま山口のSport DepoでChibaのグローブを発見。

DSC_7388.JPG

グローブを脱ぐときのちょっとした工夫がされていて、見た目は地味ですがなかなか機能的です。(指の間に見えるひもに指を引っ掛ければ、簡単にグローブが脱げます)

DSC_7390.JPG

手にはめた感じは、現行のASSOSのグローブに似ているでしょうか?
個人的にはもう少しパッドが薄くてもいいとは思いますが、長時間のサイクリングにはむしろこれくらいあった方がいいのかもしれません。
これでお値段半額以下なのですから、助かります。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月30日 (木)

無題

何とか仕事が終了。
モノクロの写真をもう2枚。
色彩に全く頼ることができない世界も、面白いものですね。

IMGP0333.JPG

R0011021.JPG

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

無題

R0012276.JPG

R0011015.JPG

R0011090.JPG

GX100

モノクロームな気分。
月末までに、早く仕事を仕上げないと・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月29日 (水)

まねっこ

娘は、大人の仕草のマネをよくするようになりました。
しかし、大体において似ているものの、完全にマネはできていません。
例えば、シーッと指を口の前に持っていっても、嬉しそうに鼻の穴に指を突っ込むか、鼻に指をあてようとします。
(このように)

DSC_7303.JPG

DSC_7286.JPG

DSC_7302.JPG

DSC_7315.JPG

D50

あっ、妻が鼻の前に指を持っていたのを見て、忠実にマネをしていただけなのかもしれません。写真を見るまで気づきませんでした・・・。

それにしても、もうこれからは妙なことはできません。
大人のすることを、本当によく観察しています・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月28日 (火)

虹ヶ浜にて

R0012679.JPG

R0012684.JPG

R0012659.JPG

GX100

土曜日は午後から休日出勤。
今晩は妻の実家にお邪魔する予定だったので、光市内で用事のあった妻と娘は先に車で出発し、自転車で僕が追いかけるということになりました。
最近自転車に乗っていない僕にとっては、願ったりかなったり。
虹ヶ浜の近くの信号で止まったときにふと西のほうを見たら、海の向こうに沈んでいく夕日が綺麗でした。
今日はバッテリーの信頼度0のOptio Sではなく、GX100をTOPEAKのトライバックに忍ばせていたので、ちゃんと夕日をとることができました。
ただ、やはりGX100をトップチューブのバックに入れておくのは、いつバックから飛び出るかとハラハラしてしまいます。
ツーリング用にはこちらがいいとは思うのですが、欲しいレンズがあるので当分は我慢です。

そういえば、25日と26日はシマノ鈴鹿ロードレースの日でした。
晴天の下、皆さんは日頃の練習の成果を存分に発揮されているのだろうと思うと、羨ましい。
一昨年出たときは勝つことはできなかったけれど、集団内での駆け引き、ここで抜け出たら勝てるかもとドキドキしたのもいい思い出です。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月27日 (月)

初めてのおにぎり

娘が最近ご飯をあまり食べなくなったので、どうしたものかと一計を案じた妻。
これなら一人でも食べられるし、娘も気に入った様子でぱくぱく。

DSC_7365.JPG

DSC_7382.JPG

DSC_7369.JPG

D50

大きさが分かりにくいかと思って350mlのビール缶と一緒に写しましたが、もちろんビールは僕が飲みました・・・。
ご飯がすすまないお子さんがいらっしゃったら、是非お試しください。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月26日 (日)

ようやく出番・・・

去年の夏に買ったものの、吊るすところがないということで出番がなかったモビール。
今年引っ越して、やっと吊るしてもらう場所を見つけました。

R0012637.JPG

R0012619.JPG

最近の、娘のお気に入りの一つです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月25日 (土)

暑い日には・・・

こちらでは、今日も残暑が厳しいです。
風が通っている間は何とかなりますが、風が止まったとたんに汗が吹き出ます。
とはいっても、エアコンを使わなければならないほどではないので、去年のアパートのことを考えたら涼しいものです。

今日も出勤し、ちょっと仕事をして家に帰る途中、以前から気になっていた店の前を通りかかると、

DSC_7275.JPG

D50

R0012589.JPG

GX100

この暑さ、たいやきアイス最中を買って帰らない理由が、どこにありましょうか?

R0012596.JPG

R0012590.JPG

GX100

ぱりっとした最中の皮、ほどよい甘さの粒あん、そして抹茶アイスは絶妙のトリオでした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

サービスエリア

高速道路のサービスエリア、パーキングエリアにはよく立ち寄ります。
そのサービスエリアですが、売店やスナックコーナー、レストランはその土地の特色を出そうと、最近は個性的なエリアが増えてきたように思います。
売店以外でも、園地や風景にもそれぞれのエリアの個性があります。
売店やレストランからちょっと足を伸ばしてみると、いつものエリアとは違う光景に出会う事ができます。

R0012569

佐波川サービスエリア(下り線) 種田山頭火のゆかりの地

R0012575

美東サービスエリア(上り線) 夏の田園風景

GX100

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月24日 (金)

8月後半

R0012419

R0012347.JPG

GX100

DSC_6838.JPG

DSC_6837.JPG

D50

まだまだ暑い日が続きますが、日差しに晩夏を感じる日もあります。
この暑さから開放される日は、いつになるのでしょうか。

ところで、昨日コンビニで秋限定のビールを見かけました。
早速買って帰り、一足早い秋を堪能したことは言うまでもありません。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月23日 (木)

お気に入り

DSC_7188.JPG

何を真剣に見つめて、夢中になっているのかというと・・・、

DSC_7184.JPG

DSC_7186.JPG

DSC_6602.JPG

自分や周りの人の手足にシールを貼るのが、今のお気に入り。

D50

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月22日 (水)

実家にて

今年は母が還暦を迎えました。
兄妹揃ってお祝いを言いたかったのですが、妹の都合がつかなかったので僕ら家族と両親でお膳を囲みました。

DSC_7204.JPG

DSC_7220.JPG

DSC_7218.JPG

D50

こうして笑顔で過ごすことのできるのは、幸せなことだなと改めて思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月21日 (火)

もみの木森林公園にて

R0012556.JPG

R0012551.JPG

R0012548.JPG

R0012547.JPG

R0012559.JPG

もみの木森林公園までの道中を撮ろうと思って持っていったOptio Sのバッテリーが切れていたので、ケイタイでの写真を県境付近で2枚しか撮ることができませんでした。
出かける前に確認したら、バッテリーは残っていたのに・・・。

車で向かったメンバーに預けた荷物には、いつも持ち歩いているGX100が入っていたので、公園についてからはこれで写真を撮るぞと思っていましたが、あまりの日差しの強さにずーっとタープの下で過ごしていたので、結局広場の周りを数枚撮っただけとなりました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月20日 (月)

散歩にて

僕と娘はちょっと早めに目が覚めたので、自転車に乗って朝食のパンを買いにお出かけ。
せっかくなので、今まで自転車で行った事のないところに足を伸ばしてみました。
毛利町のあたりから遠石まで10分強と、自転車での移動は意外と実用的です。
日中の移動だと汗だくでしょうが、朝の涼しい時間帯だとちょっと汗ばむ程度です。

DSC_7237.JPG

DSC_7274.JPG

DSC_7266.JPG

DSC_7244.JPG

DSC_7261.JPG

DSC_7254.JPG

DSC_7272.JPG

DSC_7243.JPG

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月19日 (日)

父の夏休み

職場の今年の盆休暇は土日の休みも入れると、11日から16日までと長い休みです。
妻の実家に戻ってお祭りや花火大会などに出かけたりしてゆっくりと過ごした後に、15日は僕の夏休み。
徳山から広島県の吉和のもみの木森林公園までのサイクリングです。
距離は80kmとたいしたことはないのですが、寂地峡から県境までの上り坂があるので、練習不足の僕にはちょっとつらいサイクリングになりそうです。

今年は、つい最近になってロードバイクを購入したHさんと、いつものTさん、そして僕の3人でもみの木森林公園を目指します。
そのHさんの年齢はなんと19歳!
最近乗り始めたばかりとはいえ、僕の年齢の半分となれば、基礎的体力の違いはどうしようもないものと思われます。
Hさんについていけるのでしょうか?それとも、オヤジパワーを見せつけることができるでしょうか?

6時に市内のショップに集合し、荷物を預けて6時15分頃に出発。
315号線に入り、栄谷をえっちらおっちらと上り始めます。
途中の大きく曲がるカーブのところで小休止。
Hさんはちょっと辛そうですが、先は長く、今日は暑くなりそうなので、無理は禁物。

菅野ダム湖のちょっとしたアップダウンは追い込むことなく淡々と。
ダムまで来たら、後はずーと下り。
錦町までは錦川に沿って木陰の道を快適に走ります。
車間を詰めて走れば楽に走ることができることや、車両のバランスの取り方などをHさんに説明します。
最初は車間を詰めることは怖かったようですが、錦町の道の駅に着くまでには大分慣れたようです。

道の駅で休憩。
この日はボトルを2本持って走りましたが、すでに1本を飲み干してしまいました。
自販機でミネラルウォーターを買ってボトルに詰め、ポカリスェットを1本飲みました。
すでに、1リットルの水が胃袋に入ったことになります。

これからは、錦川の支流の宇佐川に沿って走ります。
平坦といっていい道ではありますが、上流に向かって微妙に上りになっているので、練習をサボっている僕が先頭ではさほどスピードが上がるわけがありません。
寂地峡からの上りも考えれば、ここは体力温存です。
25km/h程度で3人で色々と話をしながらゆっくりと走ります。

寂地峡に到着し、ここでも水分補給を怠りません。
ポカリを買い、空いたボトルに詰めます。
ここからは峠を越えるまでは自販機はありませんので、念のため2本とも水・ドリンクを詰めて走ります。

それにしても、今年はアブが多いことといったら・・・。
ゆっくり走っていると途端に尻や腿のあたりに群がってきます。

無事に峠を越え、峠からちょっと下った吉和の自販機前で記念撮影。本当なら峠の看板の前で撮ればよかったのですが、もう峠のところまで戻る元気はありません・・・。

07-08-15_10-32.jpg07-08-15_10-31.jpg

ここからはなだらかな下り〜平坦を40〜50km/hで走ります。
もみの木森林公園入り口付近の左手側は、ちょっとしたひまわり畑。
気分はツール・ド・フランスの選手で、これから山頂ゴールに向けての山道に入ります(気分)。

ゴール地点には車で一足先に着いたメンバーが出迎えてくれ、無事にゴール。
おおよそ80kmの今日のサイクリングは無事に終了しました。
後は、バーベキューでタンパク質と炭水化物、水分(ビール)の補給を怠らないようにして、メンバーの車に乗せてもらって徳山に帰ります。

徳山近辺に在住のサイクリストの方には、お勧めのコースです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月17日 (金)

光の花火大会

11日は光の虹ヶ浜で花火大会。
午後7時30分過ぎには会場に到着したのですが、立錐の余地がないほどの混雑ぶり。
花火が綺麗に見えるポイントはすでに先客で一杯です。
三脚を持って行ったものの、三脚を立てるところがありません。
今年は、写真は諦めて家族でゆっくりと花火を見る事にする・・・、はずでしたが娘が花火の音におびえて泣き出してしまい、早々に撤収。
それにしても、間近で見る花火の迫力はすごいですね。

R0012398.JPG

R0012401

R0012356.JPG

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月16日 (木)

柳井の祭り

DSC_7130.JPG

DSC_7146.JPG

DSC_7099.JPG

DSC_7182.JPG

DSC_7171.JPG

恵一さんの記事で紹介されていた金魚ちょうちんが飾られた柳井の街並に惹かれて、13日のお祭りに家族で出かけました。
柳井の野球場が臨時駐車場となっており、そこから10分おきにシャトルバスが駅前まで運行されていました。
おかげで、会場への行き来は非常に楽でした。
徳山の夏祭りに出かける事が叶わなかったので、娘にとっては初めてのお祭りです。
いとこからもらった浴衣を着ると、ちょっとお姉さんになった気分でしょうか、すたすたとよく歩きました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月14日 (火)

水遊び

ベランダは広い訳ではありませんが、子供用の小さなビニールプールなら広げられます。

DSC_6790.JPG

DSC_6757.JPG

DSC_6745.JPG

自分が子供の頃は、こうしたビニールプールがある家に憧れていました。
自分たちが買っていながら言うのもなんではありますが、こんなに色々なものを買い与えていいのかと、ふと思ったりもします。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月13日 (月)

詳細に見てみると

先日納車されたふらっか〜ずPaPaをじっくりと見てみました。

DSC_6809.JPG

サドルを目一杯上げてもここまでです。

DSC_6822.JPG

さて、肝心の子供をのせるカゴはこうしてしっかりと固定されています。

DSC_6817.JPG

ヘッドマークはシール・・・。
PaPaと主張していますが、カゴで隠れてしまうので普段は見えません。

DSC_6819.JPG

前のバーは子供が握るものです。
ですが僕がここを握ると、結構いいポジションになるんです。
ちょっとした前傾でいい感じ。
ただ、ブレーキをとっさに握る事ができませんから、街中ではちゃんとハンドルを握らないと危ないですね。

DSC_6820.JPG

内装式の3段変速です。
グリップシフトはカチカチときまり、シフトミスはありません。
漕ぎ出しは必ずスタートにしておかないと、子供が乗っていたらかなりの重さを感じます。
のんびりと走るための自転車だし、この街はきつい上りはないので、これくらいの変速性能で十分です。

スポーツタイプ以外の自転車に久しぶりに乗って改めて思った事は、スポーツタイプの自転車って相当軽いんだなということです。
通勤用のFCR1(改)はロードバイクとしては決して軽い訳ではないし、BianchiのNyala Lに至っては普通のママチャリの感覚で乗っていたのですが、ふらっか〜ずの後に乗ったら何と軽いこと!
ふらっか〜ずは低速でも安定して走る事ができるように作られているわけですが、この重さもそれに一役買っているのでしょう。
ただ、これから毎日のように自転車置き場のラックの上段から出したり入れたりすることを考えると、結構腰にきそうです・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月12日 (日)

久々の買い物(Wine以外で・・・)

土曜日、我が家に届いたものは・・・、
DSC_6843.JPG
Timbuk2のバック。
このメッセンジャーバックのシリーズは、色、サイズと豊富なので、その人の好み、用途にあったものがみつかる(はず)。
そうは言っても、大きさはともかく自分の好みの色は品切れだったりします。
だったらいっそのこと自分の好みの色のバックを作ってしまえ、ということでTimbuk2のサイトにアクセスしてちょいちょいと色を選び、ポチッとオーダー完了。
子供との散歩のときにカメラや荷物を入れて行くのに、ちょうどいい大きさを選んだつもり。
DSC_6845.JPG
D50
XSというサイズですが意外と容量があるので、重宝しそうです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月11日 (土)

さぁお休みです

これから15日まで、ネット環境からは離れています。
海に、山に、街にあちこちと家族で出かけます。

納車

保育園送迎用の自転車が納車されました。
新しい自転車がやってくるときは、嬉しいものです。
R0012307
さっそくヘルメットを被って試乗ですが、そのヤン○○座りは感心しません、我が娘よ。

R0012317
GX100

まだ緊張気味です。
ベビーカーとかスーパーの子供乗せキャリーとかは喜んで乗っているので、この自転車にも慣れてくれるものと思います。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月10日 (金)

新しい自転車

我が家の4台目の自転車を購入しました。
とは言っても、娘の保育園送迎用のものです。
通勤用のGiant FCR-1(改)の後部に、自転車用のチャイルドシートを取り付けることも考えましたが、25Cのスリックタイヤはさすがにちょっと問題があると思ったので、導入は見送り。
それでは、Bianchi Nyala Lの後部にチャイルドシートを取り付けることを考えてみましたが、まだ1歳児を親の目の届かない後ろに乗せるのは、やはり躊躇します。
そうなれば、ハンドルの上に子供を乗せるチャイルドシートが備え付けられている自転車しか、選択の対象はなくなってしまいます。

ただ、このタイプの自転車は女性が乗ることを前提としたものがほとんどです。
ブリヂストン、パナソニックのカタログをショップで見せてもらいましたが、ダウンチューブが1本しかない例のママチャリスタイルなので、僕が乗ることが多くなると思われる送迎用の自転車としては、できれば選択したくない形です。
(女性が乗るためのものとして秀逸な形であることはよく理解できるのですが、あくまでも僕が乗ることを考えたらということで。)
そうなれば、マルイシのふらっか~ず PaPaしか選びようがありません。
ハンドルの形状など、もう少しスポーティに振ってもいいんじゃないかと思われるデザインではありますが、子供を乗せて安全に走ることを第一に考えて作られている自転車でしょうから、この形に意味があるものと信じたいと思います。

Pht_01


下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月 9日 (木)

坂の上の豆腐料理店

おっぱいまつりの後、昼食をどこで食べようと考えていたところ、山口ブログのこちらの記事で豆腐料理 豆吉さんのことが紹介されていたのを思い出し、188号線に車を走らせました。

狭くて急な坂道を上がると、駐車場は満車。
一階の席は先客で埋まっていて、二階席へ通してもらいました。
その二階席も、ほどなくして満席。人気のお店のようです。
自転車の練習で「豆腐料理 豆吉」の手書き看板の前はよく通っていたのですが、その脇の細い道を上がったことはないので、トライアングル(県内の情報誌)のお店の紹介記事でその様子を想像するだけでしたが、駐車場から庭先まで綺麗に管理されていて、気持ちがいいお店です。

DSC_6733.JPG
D50
見晴らしの良さは格別です。
夜は、沖に浮かぶ船の明かりが綺麗なことと思います。

DSC_6717.JPG
D50
先付け、生湯葉、くみ出し豆腐、揚げ出し豆腐、炒り豆腐、おから煮、デザートと品数の多いセットを頼みました。
夫婦ともども、穏やかな味の豆腐料理に満足です。
娘も、日頃の豆腐とは一味違う豆腐料理に舌鼓を打っていました。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月 8日 (水)

iPhoto7?

新しい.Macの機能に対応するために、iPhotoのアップデートがあるとのことでした。
iPhoto7.0.1だそうです。
サポートのページに、ひっそりとありました・・・。
iPhoto6のユーザーは切り捨てられたのかと思って寂しい思いをしていたので、ちょっと嬉しいアップデートです・・・と思っていましたが、iLife08に入っているiPhotoがiPhoto7?
てっきりiPhoto6をアップデートするとiPhoto7になるのかと思っていました。
ちょっと考えれば、そんな訳はないことぐらい簡単に分かりそうなものですよね。
システム条件を見てみても、うちのPowerBookでは動くはずもなく・・・。
新しいiMacを買って下さいということですね。
Leopardが出たら検討してみましょうか。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

出ましたね

Imac_2_20070807

Imac_3_20070807

New iMacは「薄くなる」、「筐体が金属」というところは、噂どおりでしたね。
キーボードも一新されていますが、早く店頭でキータッチを確認してみたいです。
Mac Bookのようなキータッチなのでしょうか?

個人的にはiPhoto08が気になるのですが、10.4.9以降でしか動かないようでした。
iPhoto06を手に入れておいてよかったです。

個人的には、.MacのiDiskの容量が10Gになっていることが、ちょっと嬉しいですね。
1Gだとすぐに一杯になってしまうので、大きなデータをここに置くことは躊躇していましたから。
さっそく容量アップを確認しようとログインしていましたが、適用されるのは来週あたりになるとのことでした。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

自転車練習

先日の日曜日は、久しぶりに自転車の練習。
この日は、午前中に光市内に出かける予定があったので、7時には帰宅しなければなりません。
時間にして1時間30分程度しかなかったので、今日のコースの距離は45kmから50km程度。
本当は、栄谷で登坂練習をして、菅野湖の周りのアップダウンでインターバル的な走りをすればベストなのでしょうが、今日は平坦コースをイーブンペースで走り、ペダリングの感覚をおさらいしてみようと思いました(登坂練習をさぼる、いつもの言い訳)。
走り始めると、サイクルメーターが表示しません。電池切れでしょうか。スピード、ケイデンスが分からないので、自分の感覚を頼りに30km/hを目指して走ります。
自宅から旧188号線経由→島田→小周防→自宅の約50km。
幸い風は弱かったので、どうにか1時間40分で走ることができました。
コースはほとんど平坦というインチキではありますが、何とか30km/hを達成。
次回こそは登坂練習しないと、8月15日のショップのツーリングが心配。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月 7日 (火)

♪おっぱいまつり♪

タイトルだけを見れば、良識のある方だと眉をひそめそうな(それとも興味をそそられる?)お祭りのように思われるかもしれませんが、光市が関与するいたって真面目なイベントです。

光市は平成7年に「おっぱい都市宣言」をしているそうです。
「おっぱい都市宣言」といっても、市内の海水浴場のヌーディストビーチ化を図るものではありません。
おっぱい都市宣言とは、おっぱい育児と地域ぐるみの子育て支援を推進し、『母と子と父そして人にやさしいまち  光』をめざすものです(光市ホームページより)。
詳しくは、下記をご覧下さい。
http://www.city.hikari.yamaguchi.jp/siyakusyo/kenkou/opp_01.html#no1

おっぱいまつりについての、光市の説明です。(同市ホームページより)
=====================
家族みんなを対象にしたイベントです。
みんなで楽しんで、健康について・子育てについて考えてみましょう。
毎年8月の世界母乳週間に合わせて開催します。
=====================
今年は、8月5日の日曜日におっぱいまつりは開催されました。
僕たちは周南市在住ではありますが、他市の人も参加できるオープンなイベントなので、10時ごろに家を出発して会場に向かいます。

DSC_6630.JPG
手型、足型をとってもらえるコーナーがあるので、娘の成長の記録にいいかなと思って列に並びました。
他の赤ちゃんは大人しく手型をとってもらっているのに、なぜか娘は号泣。
無理やり手足を押さえつけられ、自由を奪われたことに耐えられなかった?

DSC_6650.JPG
その後、絵本のコーナーへ。
たくさんの絵本が並ぶなか、妻はお目当ての本へ。さすがです。
係りの人がお勧めの本を読んでくださりました。
娘は、まだ意味はよく分からないようですが、親や周りの人たちが子供に語りかけることに意味があるようです。

DSC_6664.JPG

DSC_6644.JPG

他にも子供の成長段階に合わせた多くのコーナーがあって、とても全部を回ることはできませんでした。
これからも、毎年参加したいイベントです。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月 6日 (月)

8月6日

今日は8月6日。
時計が8時15分を指すと、市役所のサイレン、近所の教会の鐘の音が、原子爆弾の犠牲となった方の慰霊の時間であることを告げていました。

R0011331.JPG

嬉しい結果

7月の下旬から8月上旬にかけては、山口県では吹奏楽コンクールの県大会の季節です。
3年ほど前までは社会人の吹奏楽団(吹奏楽のコンクールの部門では「一般」に属します。なお、他には「中学校」、「高等学校」、「大学」、「職場」の部門があります。県や支部によっては「小学校」もあるようです。)にいたので、今頃はコンクールに向けての練習の日々でした。

家の近所の岐陽中学校も山口県大会に出場していましたが、見事金賞を受賞し、中学校部門の県の代表の一つとして中国大会への出場が決まりました。
部員の皆さんとご指導にあたられた顧問の先生の日々の努力、それを支えた家族をはじめとする周囲の皆さんのご協力あってのことと思います。
本当に、おめでとうございます。

ここのところ、散歩していると吹奏楽部の練習場からラヴェルのスペイン狂詩曲が聴こえていました。
中で聴いたわけではないので詳細はよく分かりませんでしたが、金管楽器は発音に気を使っている様子は外から聴いてもうかがい知ることができます。
内声部も聴こえるようにバランスもよく考えられているからか、ラヴェルの独特の雰囲気も伝わってきます。
ただ自分の楽器を鳴らすだけではなく、お互いによく聴きあって合奏している様子に、散歩の足を止めて感心して聴き入ってしまいました。

丁寧に同じフレーズを何度も繰り返し練習している様子に接し、自分が中学校のときの練習風景をふと思い出したりもしました。
練習の方法は、自分たちの頃とそう変わるわけではないようです。
ただ、僕たちが中学生の頃は、ラヴェルを吹奏楽に編曲されたものをコンクールで演奏するなんて、考えたこともありませんでした。
出雲二中のように全国大会に出場するような実力のある団体であれば、ダフニスとクロエの第二組曲(ちなみに、今聴いても、とてつもない名演奏。中学生がしていたとは俄かに信じがたいです。Tubaのフレーズを聴いたら、鳥肌が立ってしまいます。)とかを演奏していましたが、自分たちとは無縁の世界でした。
今の中学生の皆さんにとってラヴェルの曲は特別な曲ではないというのが、隔世の感というか何というか・・・。

去年は9月に岐陽中学校吹奏楽部の定期演奏会が市内でありました。
今年もその予定があるようだったら、是非とも聴きにいきたいと思います。
これから、中国大会に向けて更に練習に励まれることと思いますが、本番では皆さん自身が納得できる演奏ができますことをお祈りしています。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

Bar Salonにて

Salonの三周年記念の最終日に、何とかお店に顔を出すことができました。
午後10時ごろにお店にお邪魔したにも関わらず、カウンターは満席。
しばらくしてカウンターの空いた席に移り、ウェルカム・シャンパーニュ、ワイン、スコッチウィスキーをハモン・イベリコと供に楽しみました。
日曜の夜に飲みに出かけることを許してくれた、家族に感謝であります。

さて、そのワイン。
2005年のTantaraでした。
抜栓後二日目のものを飲んだのですが、これは開けてすぐだと硬くて大変だったかも。
この日は室温で提供されたので、もう少し温度を下げていれば印象は違ったかもしれませんが、樽香いっぱいのマッチョな味わいに驚きました。
パーカーさんお気に入りのワインだとのことですが、さもありなんという感じです。
ただ、ハモン・イベリコの香りを殺してしまっていたわけではないので、樽香プンプンの「濃い」だけのそんじょそこらのワインとは一線を画しているとは思います。
ただ、カレラと並んで語られることもあるカリフォルニアのカルトワインという程度の認識しかなかったので、想像以上の強い味わいに驚いてしまいました。
Tantaraは初めてだったのですが、次回飲む機会があれば、温度に注意して飲んでみたいと思いました。

ウィスキーはエドラダワー(EDRADOUR)の10年もの。
ここは最近になってボトルのデザインが変わってしまい、マスターによれば味わいも変わったとのことでしたが、この日飲んだものは以前のデザインのボトルのもの。
マスターの表現では「とてもクリーミー」。
確かにそのとおり。
カラメルや蜜のようなニュアンスも感じられます。
ウィスキーの製造に関する法律では、ここの蒸留所の蒸留器より小さな蒸留器を使ってはいけないと定められているとか。
それ位小さな蒸留器を使っているとのことでした。(高さは180cmあるかないかとのこと)

写真は暗いし、ブレているので非常に見づらいものですみません・・・。
写真をクリックして、Flickrに飛んでいただいて大きなサイズを選んでいただければ、何とかボトルの字の判読は可能かと思います・・・。

R0012322

GX100

ところで、ここSalonには絶版になってしまった貴重なボトルが、所狭しと並んでいます。
こちらの写真もクリックしてFlickrで大きなサイズでご覧いただくと、ちょっと驚かれる方もいらっしゃるのでは。
左のほうのヘネシーなんて、値段がつけられるのでしょうか?
ボトルたちは、誰かに封を空けてもらう日を、ここでじっと待っています。

R0012324

GX100

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

2007年8月 2日 (木)

ツールは終わったのですけれど

去年のランディスに続き、今年の優勝者コンタドールも薬物疑惑があるとか。(こちらの記事をどうぞ
それにしても、ドイツの捜査当局が今頃になって去年のOPの情報を持ち出してくるあたり、どういった意図があるのでしょう・・・。
Mas Ciclismo 小ネタ通信によると、OPの書類に彼のイニシャルと同じアルファベットがあって、それが彼を指すのではないかとの指摘があるとのことですが、その程度の情報であってもツールの優勝者ともなれば大騒ぎをしなければならないのでしょうか。

レースが終わっても、こうした形で話題が尽きないのはなんともはや・・・。

下のバナーをクリックして、山口ブログもご覧下さい。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »