2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 復活の日 | トップページ | 軽めの練習 »

2006年10月14日 (土)

最新式はいいものです

我が家に小さな家族が一人増えてからというもの、洗濯物が増えたことは言うまでもない。洗濯機は妻が学生の頃から大切に使っている二槽式で、洗濯物の容量は2.5kgと単身者向けの比較的小さなものだった。二人のときはこれで特に問題がないと思っていたが、最近は一回だけでは当然に終わらず、二度、三度と洗濯機を回していた。当然に、水道の使用量も以前と比べると相当増えたようで、ついに次回の引き落とし金額は3万円を超えてしまった。さすがに、水道局もおかしいと思ったらしく、「漏水の検査をしましょうか?」とありがたいお話をいただき、くまなく検査を行ってもらったのだが、漏水しているわけではなかった。
洗濯以外に水道使用量の増加原因は考えられないので、洗濯機の買い替えを決意。使用水量の少ない洗濯機は一体どれ?

Kaden006_00

東芝製TW-2500VC。乾燥機はいわゆるヒートポンプ式で、乾燥機を使うことによる衣類の縮みを通常のタイプより押さえているのが売りの一つ。

ドラム式洗濯機の節水効果は目を見張るものがあったので、従来型の攪拌式は選択肢から外れる。そうなると、次なるポイントは乾燥機能。

従来型の乾燥機だと衣類が縮むため頻繁に使うことは憚られるので、最近ナショナルと東芝から出ているヒートポンプ式の洗濯機を検討の対象としたが、何せお値段がよろしい。
ただ、増えた水道料金を基に考えると、今からもずっと同じ洗濯機を使うとすれば、2年ほどの水道料金でこの洗濯機が買える。

そして、我が家にやってきたのが上の洗濯機。
初めて動かしたときは、妻と二人で45分間、洗濯の過程を見て感心していた。使用する水量が本当に少ないのだ。洗濯、乾燥とも本当に静か。

東芝の技術者に握手を求めたい気分だ。洗濯物の量を計り、最適な洗剤の量を計算し、使う水は最小限。今までの洗濯に使っていた水は、一体なんだったのか。

« 復活の日 | トップページ | 軽めの練習 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/3881850

この記事へのトラックバック一覧です: 最新式はいいものです:

« 復活の日 | トップページ | 軽めの練習 »