2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« どうやってこちらへ? | トップページ | Viva! 肝トレ »

2006年7月14日 (金)

去年と今年の違い

自転車通勤の日。

8月最後の土日に鈴鹿で開催されるシマノの主催のレースに出場し、前年の成績よりも上を目指して(あわよくば表彰台)、朝晩とも練習に励んでいたのが去年のこと。
スプリントで勝てる自信はないし、かといって一人逃げを決められるほど足も心肺も強くない。自転車で勝つための王道は何か?才能がないものにとっては、地道な努力以外に手立てはない。
トレーニング本にあるスケジュールにしたがって、基礎作りから高賦課トレーニングまで行った。インターバルでは、意識は朦朧とするし、何度か吐き気にも襲われた。早朝や夜間といった暗い時間帯のトレーニングになるので、LEDライトがいくら明るくなったとはいえ、高速で走っているときに路面の変化や落下物を確認することは難しい。その時点では最も明るいと思われるTOPEAKのHIDランプも購入し、粭島や福川までを毎日、何度も往復した。
その成果はと言うと、優勝者からコンマの差。表彰台には上がることは叶わず。ただ、ずうっと集団の中で過ごしてゴールになって飛び出した前年とは違い、集団の先頭に立って走る(といっても、引き続けたわけではないが・・・)こともできて、先頭交代しながら先の展開を考えたりして、なんだかテレビで観る「自転車レース」ぽいなぁ、何て思ったりもした。
結果的には前の年の順位と変わることがなかったので、現状維持のためのトレーニングだったとも言えるが、トレーニングを始めたばかりのときと8月下旬頃では明らかに巡航速度が違っていた。レース前の頃には、平地なら、どうにかこうにか40km/h程度で走り続けることができるようになった。レースでは最後の周回で一人抜け出してそのままゴールのつもりだったが、結局そのタイミングを逸してしまい最後まで集団でのゴールとなってしまった。表彰台を口にするにはまだまだ実力が足りないことを実感したが、来年もトレーニングに励んで今年よりクラスを上げるか、今のクラスでのいい成績を狙うことができるかも、とへっぴりCiclistaながらも来年に向けての目標を考えたりもしていた。

・・・、と真っ白なか細い足を見て、去年の今頃をふと思い出したものですから。今年だと、集団完走がやっとか?去年の勇姿(?)がこの写真。

11389

今日は飲み会。来週の金曜も飲み会の予定。今年は、肝トレはばっちり・・・。

« どうやってこちらへ? | トップページ | Viva! 肝トレ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/2651923

この記事へのトラックバック一覧です: 去年と今年の違い:

« どうやってこちらへ? | トップページ | Viva! 肝トレ »