« Viva! 肝トレ | トップページ | 稿の問題 »

どたばたはまだ続きそうです

事前確定届出給与については、その取扱い通達が定められていないことが巷の不安を大きくしている原因の一つであろう。原則的には、株主総会が開催された日のうちに提出(郵送)することを求められているようだ。だが、実際はその日のうちに届出書を提出するのは困難な場合もあるわけで、懸念の声は色々とあがるものの、取扱通達がない以上、どう取り扱われるのか疑心暗鬼になってしまう。
おまけに、国税庁のQ&Aでは株主総会以外の日に就任することが可能なような書きぶりだが、これは事前確定届出給与に係る「職務の執行を開始する日」を定時株主総会以外の日とする場合であっても認めるとのことだった。先のQ&Aで国税庁が勝手に会社法の解釈を行ったのかとばかり思っていたが、早合点だったようだ。議事録の雛形の手直しを急いでしておかないと。
それにしても、法が施行される前に国税庁内で事務処理通達がなくて本当に大丈夫なんでしょうか?6月中旬に届出書様式が公表されるまで、事前確定届出給与の届出様式について国税局に問い合わせても、「様式はないから随意で提出してください」なんて回答していたのだから。

|

« Viva! 肝トレ | トップページ | 稿の問題 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どたばたはまだ続きそうです:

« Viva! 肝トレ | トップページ | 稿の問題 »