2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

百日たちました

今日は娘が産まれて100日経った日。妻の実家でお祝いをしていただく事になった。
もう100日というか、まだ100日というか。娘は他の赤ちゃんより一回り大きく順調に育っている。最近は、お気に入りの団扇を見せると喜ぶし、人の顔の表情の変化にも反応するようになった。目はしっかり見えているようで一安心。
お母さんたちが準備に忙しくしているときに、僕と娘はというと、

娘のために母が一生懸命焼きました。

Dsc_2610

他の料理も揃い、これからお祝いです。

Dsc_2632

これからも、健やかに育っておくれ。

 


2006年7月29日 (土)

前に乗ったのは4月?

本当に久しぶりすぎて、ペダルの回転もぎこちない。もっとも、以前も上手かったわけではないが・・・。
謙遜でもなんでもなく、本当に走れないので、「自転車リハビリ中」宣言を早々にして、ペースを合わせていただくことにした。せっかくの練習なのに、申し訳ない思いで一杯。
市内のショップに集合し、光、田布施、熊毛と殆ど起伏のない70km。向かい風が強くなければ何てことのないコースなので、とりあえずは気楽に出発する。
室積までは35km/hを超えないのんびりペース。時々先頭に出てはみるが、引き続けることなくすぐに後退。
室積からは、35km/h超ですい~と走る。40km/hを過ぎると僕がリミッターになるので、これくらいのペースは快適。
田布施で金属片がタイヤにささりパンクしたが、久しぶりのパンク修理もぎこちない手つきながら無事に終えて走り始める。

続きを読む "前に乗ったのは4月?" »

2006年7月28日 (金)

咲々

今日は早めに帰宅し、娘と風呂に入った後20時に「咲々」に集合。

炭焼きの店ということだったが、店員さん(店長?)の気さくな雰囲気は初めての店の敷居を下げてくれる。
金曜日の夕方に予約の電話を入れても断られない店なんて・・・、と思っていたが、店内はお客さんで大賑わい。飲む気満々だから、ジョッキを空けるピッチも早い。Sさんは電車に間に合うように途中退席。僕とTさんは、結局閉店時間まで。それにしても、Sさんが帰った後は向かい合わせに座るべきだったか?男二人が肩を並べて飲む姿は奇異に映らないわけがない。飲んでいる途中に、そんなことを考えることはなかったが。

その後は、いつものアイリッシュ・パブへ。ビールとフィッシュ アンド チップスなどで2時まで。翌日(というより当日)は自転車に乗るというのに。

ため息一つ

自転車通勤の日。今日のように朝から暑いと汗の処理に困るので、極力ペダルを踏まないようにして走る。ママチャリの高校生と併走。

先日報道されていた陽性反応の選手はランディスではないかとの噂だったが、UCIからフォナックにサンプルから陽性反応が出たとの連絡があったことが、各媒体で報道されている。
絶望的な状況からの奇跡的な逆転劇を演じたヒーローから、全ての名誉が剥奪されるのか?ただし、検出されたとされるテストステロンは体質的に高い値を示す選手がいることも事実だそうだ。Mas Ciclismo Newsで伝えられるところによると、スペインのエルナンデス医師に内分泌検査を依頼(この分野での実績があるとのこと)するのではないか、と見られているらしい。それにしても、自転車競技の薬物依存体質が深刻なのか、自転車競技は目の敵にされているのか?

Cnn200607280006_1

2006年7月25日 (火)

レアな兄弟車

Kangoo44

先日、サービスエリアに立ち寄ったら、ちょっと様子が違うカングーを発見。日本には正規に入っていない四駆だ!
カングーを、それも四駆バージョンを選択されるなんてどんな方なんだろう?と興味は湧くが、時間もないので残念ながらオーナーの方とお話をすることはできなかった。
自転車キャリアも積んでいらっしゃるし、色々な話題を伺うことができたかもしれないのに、残念。

2006年7月23日 (日)

すっきりしました

060722_1210_2

今のGiant FCR-1(改)は、スペシャライズドのMTBが事故で廃車となったため我が家にやってきた自転車。事故・廃車とはいいながら、ペダルは何の問題もなく使う事ができたので、取り外してFCR-1に取付けて今まで使っていた。そのペダルも手入不足か、ただの経年劣化か、ギシ、ミシと色々な音を出し始めていて、そろそろご引退いただくこととし、今度は今の自転車にも見た目にも合うようにロード(っぽい)ペダルを付ける事とした。むろん、ロードのペダルを付けてもいいのだが、FCR-1は街乗り・通勤用なので自転車を降りてから歩く事はよくある。そのとき、「カチカチ」と音を立て、ペンギン歩きだと、ほとんどの人にとっては「不審者」だ。SPDペダルのクリートだと、街乗り用のシューズにすれば音の問題は何とかなるし、何より自然に歩く事ができる。ということで、昔のロード用のSPDペダルをネットオークションか自転車屋さんのデッドストックから入手するか、現行製品にするか、どちらにするかと考えるが、予算的にもそれほど余裕がないので、さほど迷うことなく現行製品のPD-A520に決定。これで、ようやくゲージ付きのマッチョなペダルを卒業する事ができた。

長年の疲れがたまったペダル。お疲れさまでした。

060722_1806

2006年7月19日 (水)

恩を仇で返される

まだ巣立ち前らしいカラスのひなが、僕が勤める事務所の敷地内に落っこちてきた(?)。
このままだと死んでしまうから、助け出すことにしたが、頭上では親ガラス達が「私達の可愛いこの子をどうするのカァー」と言ったか言わないか、カァーカァーとうるさい。傘をさして親鳥のフン攻撃から身を守りつつ、手早くヒナを救出。
無事にヒナを親鳥達のもとへ帰してほっと一息をついたところ、救出を手伝ってくれた事務所の女性がカラスに威嚇された!耳元をかすめて飛んでいったらしい。幸いにも怪我はなかった。
カラスは頭がいいとはいいながら、人の恩までは理解できないようだ。これから何日かは気をつけて歩かないと、いつ襲われるか分かったものではない。

稿の問題

今日も車通勤。
先日来、日本海側では相当の降雨量のようだ。今日は、こちら側でもかなり降るらしいので、昨日に続き自転車通勤はおとなしく諦める。

ということで通勤の車中でNHK-FMにチューニングすると、ブルックナーの4番が聴こえてきた。ノヴァーク版とのことだったが、冒頭からハース版との違いは歴然としており、インバルの初稿版を初めて聴いたときのような驚きを覚えた。ブルックナーの版の問題は本当に複雑で、未だによく分からない。音楽論評等をする方にとっても、ブルックナーに詳しい方以外だと、版の違いについて論じることは結構大変なのではないでしょうか?レーヴェ改竄版とされたものが、後年には一部校訂を受けて正式な版として認められたりもしているらしいし、昔の知識のままだと話がかみ合わないこともありそう。このノヴァーク版もひょっとしたら複数あるノヴァーク版の稿の中の一つかもしれない。

【追記】
ノヴァーク版には1878/1880年稿と1874年稿の2つの稿があり、1878/1880年稿(より正確には、1878/1880年稿に基づく1886年ニューヨーク初演稿)はハース版と同様に頻繁に演奏されていた。今までに自分が聴いたノヴァーク版は1878/1880年稿だったのだが、ノヴァーク版の稿の問題を意識することなく聴いていたため、今日のような感想を持つこととなった。今日聴いたノヴァーク版は1874年稿なので、インバル指揮フランクフルト放送交響楽団のCDと同一の稿か?今まで、インバルの演奏は「初稿版」といった漠然とした認識しかなかったが、家に帰って稿について確認しておかないと。

2006年7月18日 (火)

どたばたはまだ続きそうです

事前確定届出給与については、その取扱い通達が定められていないことが巷の不安を大きくしている原因の一つであろう。原則的には、株主総会が開催された日のうちに提出(郵送)することを求められているようだ。だが、実際はその日のうちに届出書を提出するのは困難な場合もあるわけで、懸念の声は色々とあがるものの、取扱通達がない以上、どう取り扱われるのか疑心暗鬼になってしまう。
おまけに、国税庁のQ&Aでは株主総会以外の日に就任することが可能なような書きぶりだが、これは事前確定届出給与に係る「職務の執行を開始する日」を定時株主総会以外の日とする場合であっても認めるとのことだった。先のQ&Aで国税庁が勝手に会社法の解釈を行ったのかとばかり思っていたが、早合点だったようだ。議事録の雛形の手直しを急いでしておかないと。
それにしても、法が施行される前に国税庁内で事務処理通達がなくて本当に大丈夫なんでしょうか?6月中旬に届出書様式が公表されるまで、事前確定届出給与の届出様式について国税局に問い合わせても、「様式はないから随意で提出してください」なんて回答していたのだから。

2006年7月14日 (金)

Viva! 肝トレ

今日は、送別会&歓迎会のため、久しぶりに事務所の人と街に繰り出す。
お客さんが自分で自分の串を焼く「我流焼」(「がりゅうやき」と読むらしい)のお店ということで、お店の人件費削減のためには、お客も悠長に飲んでいる場合ではないらしい。
といっても、僕はマイペースで飲まさせていただいたので何の不満もありませんが。
何本か串を焼いていると、どの位焼けばいい焼き加減かがだんだんとつかめてきて、どのタイミングでタレを塗るか、これは塩がうまいのかなどと考えたりして、結構楽しんでいるじゃない、僕。
宴会コース料理だったのだが、料理がでるわでるわ。我々の食べるスピードなんかお構いなしに、料理がどんどんとテープルに運ばれてくる。厨房には料理を置いておくことができない事情がおありなのでしょうけれど、テーブルにはもうお皿を置くスペースはないのですが・・・。

続きを読む "Viva! 肝トレ" »

去年と今年の違い

自転車通勤の日。

8月最後の土日に鈴鹿で開催されるシマノの主催のレースに出場し、前年の成績よりも上を目指して(あわよくば表彰台)、朝晩とも練習に励んでいたのが去年のこと。
スプリントで勝てる自信はないし、かといって一人逃げを決められるほど足も心肺も強くない。自転車で勝つための王道は何か?才能がないものにとっては、地道な努力以外に手立てはない。
トレーニング本にあるスケジュールにしたがって、基礎作りから高賦課トレーニングまで行った。インターバルでは、意識は朦朧とするし、何度か吐き気にも襲われた。早朝や夜間といった暗い時間帯のトレーニングになるので、LEDライトがいくら明るくなったとはいえ、高速で走っているときに路面の変化や落下物を確認することは難しい。その時点では最も明るいと思われるTOPEAKのHIDランプも購入し、粭島や福川までを毎日、何度も往復した。
その成果はと言うと、優勝者からコンマの差。表彰台には上がることは叶わず。ただ、ずうっと集団の中で過ごしてゴールになって飛び出した前年とは違い、集団の先頭に立って走る(といっても、引き続けたわけではないが・・・)こともできて、先頭交代しながら先の展開を考えたりして、なんだかテレビで観る「自転車レース」ぽいなぁ、何て思ったりもした。
結果的には前の年の順位と変わることがなかったので、現状維持のためのトレーニングだったとも言えるが、トレーニングを始めたばかりのときと8月下旬頃では明らかに巡航速度が違っていた。レース前の頃には、平地なら、どうにかこうにか40km/h程度で走り続けることができるようになった。レースでは最後の周回で一人抜け出してそのままゴールのつもりだったが、結局そのタイミングを逸してしまい最後まで集団でのゴールとなってしまった。表彰台を口にするにはまだまだ実力が足りないことを実感したが、来年もトレーニングに励んで今年よりクラスを上げるか、今のクラスでのいい成績を狙うことができるかも、とへっぴりCiclistaながらも来年に向けての目標を考えたりもしていた。

・・・、と真っ白なか細い足を見て、去年の今頃をふと思い出したものですから。今年だと、集団完走がやっとか?去年の勇姿(?)がこの写真。

11389

今日は飲み会。来週の金曜も飲み会の予定。今年は、肝トレはばっちり・・・。

2006年7月12日 (水)

どうやってこちらへ?

自転車通勤の日。

昨日のアクセス解析を見て驚いた。僕以外にも、このブログにアクセスしている方がいる!ごくごく私的なものだし、皆様のお役に立つような有益な情報を提供しているわけでもない。一体どなたが、どういった経路でこのブログまでお越しになったのか?
季節外れの写真ですが、ちょっと休憩がてらご覧下さい。

Dsc_0152


Dsc_0188


2006年7月11日 (火)

掃除は自分でします

自転車通勤の日。

妻が見知らぬ人からの電話に応対している。
「広島の業者さんからの電話で、換気扇のフィルターの掃除を3,000円でしてくれるらしいんだけど・・・」って、最近の業者さんはボランティア精神に溢れる奇特な方が多いようだ。ご親切はありがたいのだが、我が家の換気扇は簡単に掃除できるようになっているので、お断りするように妻に伝える。
高速を使っても1時間以上もかかるのに、わざわざ広島からお越しいただいて3,000円ぽっきりで結構です、だなんて・・・。業者さんご自慢の換気扇の高性能フィルタやら、フィルタつながり(?)でエアコンのフィルタ・本体の清掃など、色々なオプションを「普段ならこの価格ですが、今日は特別価格でこれで御奉仕させていただきます。」とか何とかご親切にお勧めいただくことになるのだろう。ただ、最近の換気扇のフィルタの性能は高いし、掃除もしやすくなっているのことをご存知ないのかな?

2006年7月 8日 (土)

楽しいお買い物

今日は雨模様だが、広島まで親子3人でお買い物に。
娘の今借りているチャイルドシートの返却期限が今月下旬なので、それまでにはチャイルドシートを買っておかないと、という事で「あかちゃん本舗」アルパーク店に到着。
娘の買い物に来たはずなのに、授乳中をいいことにおもちゃ売り場を彷徨し、10分後にはこんなものを手に・・・。

続きを読む "楽しいお買い物" »

2006年7月 7日 (金)

お勉強

自転車通勤の日。

久しぶりの新幹線(って、子供じみてると自分でも呆れる・・・。)
Kodama

広島で、平成18年法人税改正のうち、役員給与と交際費を主とした講習会に参加。今まで、取扱いが不明な点があったので、これを明らかにしないと。

続きを読む "お勉強" »

やっぱり自転車が好き(ワインもね)

娘にとって、初めての七夕・・・、と書き始めたところだが、彼女にとっては全てが初めてずくし。彼女にとっての記念日というより、今日は僕たちにとっての記念日。

今日は、広島に出張だったので帰りに広島駅前の福屋に立ち寄り、10階の書店で本を物色。忌野清志郎さんの「サイクリング・ブルース」をパラパラと眺めるものの、購買意欲までは湧かず。僕はこの本がターゲットとしている読者ではなかっただけの話なので、紀行文として、自転車の簡易整備の手引きとして、多くの人が興味を持ってくれればと思う。まだまだ、日本においてスポーツサイクルはマイナーな存在であり、彼のような伝道師に頼らざるを得ない状況は変わらないのだから。僕は、せいぜい家の周りを走り回るだけの田舎宣教師の域を出ない。僕を通じて「自転車教」に入信した信者(と、勝手に自分で思っているだけ・・・)は、まだまだ少数。清志郎さんほどの成果はでないけれど、地道に頑張ることとする。
井上六郎さんの「マイヨジョーヌ」は、バイシクル・クラブ等で既に見た事のある写真が多かったが、7年を俯瞰する中にこれらの写真を置いてみると、それぞれの写真が雑誌の中の存在とは違った意味を持つ。購入決定。

久しぶりに、ワイン本のコーナーに足を向けてみると、新井さんの本が目に留まった。彼女がワインに傾ける情熱の大きさ、深さは宇部でお会いしたときの饒舌なトークからも感じられたが、本書を通じてもう一度確認してみたい。購入決定。今年は宇部にお越しになるのだろうか。
ワイン本では定番とは思うが、クレーマーの「ワインがわかる」はまだ持っていなかったので、ここで出会ったのも何かの縁と購入を決定。本当は、2600円出費が可能であれば気の利いたワインの1本でも買うのが、本当の酒飲みなのでしょうけど。

本当は、仕事関係の本を買うつもりで立ち寄ったが、予算オーバーのため購入を断念。もっとも、入店してすぐに向かったコーナーが「スポーツ」のコーナーだったのだから、確信犯であることは言うまでもないが。

2006年7月 6日 (木)

上場

自転車通勤の日(雨が続いたので久しぶり)

クライアントの社歴において、一つの区切りとなる日。これまでの関係者の方々の苦労に対して、敬意を表したい。これからの益々の発展を祈念。

Photo

2006年7月 4日 (火)

お値段

通勤用自転車(Giant FCR-1(改))のBBを交換してもらった際に、ペダルからも異音が聞こえたとのこと。今のペダルはMTBのときからの持ち越し部品だったので、ちょうど取り替えるいい機会と思い、即座にシマノのSPDペダルを発注。値段は5000円程度なのでリーズナブルだとは思うが、もう一セットでホームセンターの特売自転車が買える。ペダルが高いのか、特売自転車が安いのか?ただ、今の僕には1万円の自転車に自分の命を預けることは、怖くてできない。

2006年7月 3日 (月)

美味いものは高カロリー?

なす、ひき肉、油の黄金のトリオに、ビールが加わったら最強のカルテットの完成。今日の晩ごはんは「なすのひき肉はさみ揚げ」。これに、醤油をたらり。ビール好きには堪らないメニューだった。妻に感謝。

Imgp2051

写真は醤油をかけた後なのでちょっと焦げたように見えるけど、実際はそんなことはなかった、と妻の名誉のため。

2006年7月 2日 (日)

初めてのお買い物

家族三人揃っての買い物は、今日が初めて。もっとも、娘は寝ているだけだけど。

ショッピングモールの中の音楽は前々から騒々しいとは思っていたが、寝ている娘が目を覚ますほどの大音量だったとは・・・。なるべくスピーカーから遠いところに避難するが、日ごろは望まない音をどれだけ聞かされているのかを実感した。服飾品を扱っている店で、音楽を流していない店は皆無だった。まあ、自分達だけだと今まで特にうるさいとは思っていなかったのだから、致し方ないのか?

夜は、新居の壁紙選びのためにモデルルームへ。無難なセンで壁紙を選んで終了。夕食は、鉄八のお好み焼き(肉玉そば、ねぎがけ)+ビール。

Imgp2043

もはや年中行事?

ツールの直前になって、スペインではあるが薬物問題がすっぱ抜かれたのは、アームストロングがIOCにWADAについての意見書を提出したことが影響しているのか?大きな大会の前後には必ずといっていいぐらい薬物スキャンダルが取りざたされるけれど、ツール関係者もいい迷惑?それとも、排除したい選手を狙い撃ちできてご満悦?いずれにせよ、外野のファンにとっては、ウルリッヒ、バッソがいなくなってしまっては興味も半減してしまう。

2006年7月 1日 (土)

お宮参り

娘の初宮参りの日。今日の天気は、終日雨の予報。暑い日のお参りもつらいが、雨の日は娘や妻を濡らさないようにしないといけないから、今日は大変な一日になりそうだ。
妻のヘアセット、着物の着付けをするため美容院に。着付け直前まで、ヘアセットの間も娘は美味しい母乳をゴクゴク。

Imgp2027

ヘアセットが終わったので、娘を預かり寝かしつけようと抱いていると、お店の方々が入れ替わり立ち代わり娘を見に来てくださり「可愛い」を連発。娘のプチ披露会でいい気になっていたので、段取りをすっかり忘れていた。着付けの間に帰宅し、自分と娘の着替え、万一の場合に備えて搾っておいた母乳を持っていく準備、その他色々が僕の仕事だったのだった。着替えもせずに娘とニコニコとしている僕を見る、着付けを終えた妻の怪訝な目を見て、今日のスケジュールを思い出したが、時、既に遅し。

続きを読む "お宮参り" »

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »