2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« どたばた | トップページ | 両親来宅 »

2006年6月17日 (土)

氾濫


いつものように、午前中は洗濯・・・、とはいかず洗濯機の不調であえなく中止。脱水槽の回りが悪いので、中を覗いてみると脱水槽の中に水が溜まっている???「ありえない」状況が飲み込めず、手が届く範囲で排水を妨げているものを取り除くが、水はあいかわらず留まったまま。夕方、電気店から修理に来ていただき中を覗いてみると・・・。15年分の汚れが排水パイプに溜まっていたとのこと。掻き出されたその汚れは、主に繊維くずのようだった。それにしても、洗濯機の中って普段見ることはないが、恐ろしく不衛生な状態だった。こんな中で洗濯しても綺麗になるのか?と思えるほど。簡単に掃除ができるような構造にはならないものなのか?


パイプもすっきりし、水はけも良くなったので洗濯再開。洗濯、脱水、排水と順調に進むものの、棚の下から水が・・・。以前も洗濯機からの水漏れがあったので、原因については見当がつくし、対処もできるはず。洗濯機の下を覗き込むが水は漏れていない。となれば、排水パイプが排水口に取り付けられている部分からの漏れだろうと覗き込んでみると、案の定、その部分から漏れ出し、水が床に広がっている。電気店の人のパイプの取り付け方が甘かったのだ。電気店に文句を言う元気も、もはやない。ため息を一つつき、自分で排水パイプを取り付けなおすことに。15分ほどで復旧作業終了。


« どたばた | トップページ | 両親来宅 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/2373150

この記事へのトラックバック一覧です: 氾濫:

« どたばた | トップページ | 両親来宅 »