2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

http://ciclistamario.smugmug.com

« その3 MTB | トップページ | ひさしぶりのメニュー »

2006年6月23日 (金)

得点力不足の原因

仕事での移動は専ら会社の車であるため、車中では自分のお気に入りCDを聴くなんてことはできない。よって、FM、AMを問わずラジオを流し聞きしているのだが、昨日のNHK総合では、日本代表のサッカーの得点力のなさについて、某氏が「日本は農耕民族だから。」と言っていた。氏曰く、「日本人は農耕民族だから、ゴール前でも農作物の収穫を待つがごとくチャンスの到来を待ってしまう。かたや、狩猟民族は狩に行き、自分達で色々と工夫を凝らして獲物を持って帰る。この差が、得点力の差となって現れているのではないか。」とのこと。
ふーん、なるほど。さすが、テレビやラジオに出演多数の「文化人」ともなれば言うことが違うものだ。人はあまりに鮮やか過ぎる回答に接すると、脱力感を覚えてしまうとうことを、今日初めて知った。
ヨーロッパでは、殆どの人は今も狩猟で暮らしているらしい。工場勤めの人なんて、実は殆どいないのだろう。金融等のサービス業に従事する人も、狩猟人口に比べれば微々たるものだ。なんてったって、サッカーの得点能力にまで影響を与えるほどなんですから。ヨーロッパの中でも、フランスは農業国として知られているけれど、狩猟による鳥獣の捕獲高を農業生産高に計上するのかどうか知らないが、きっと相当数を計上しているに違いない。小麦の生産高なんて、たかがしれているのだろう、きっと。フランスは世界有数のワイン生産高を誇る、すなわちワイン用のぶどう生産高もおそらく世界中で一、二を争うほどだろうけれど、氏によるとこれは農耕とは異なる産業なのだろう。
翻って日本では、僕が思っている以上の多くの人が農業を営んでいるらしい。少なくとも、サッカー選手は農業と非常に近いところにいることを、彼から初めて教えてもらった。

ラジオって、本当にお勉強になります。

« その3 MTB | トップページ | ひさしぶりのメニュー »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122367/2373157

この記事へのトラックバック一覧です: 得点力不足の原因:

« その3 MTB | トップページ | ひさしぶりのメニュー »